ETFを使ったグローバルマクロ戦略

リタイア後の生活防衛資金や債券の必要量に対する考え方

リタイア後に必要な生活防衛資金、債券の量について、自分は人と違う考え方をする。
よく「リタイア後はリスクを下げて債券量を40%に」とか、「年齢に合わせて債券を増やして」という説明があるが
自分の発想とことなる。
もしくは「期待リターンを高めるためリタイア後も株式100%で」というのもまた自分の考えと違う。

ファイナンシャルポインターの少し前の記事に
このリタイア後の生活防衛資金、債券の保有量について自分と同じ考えの意見が珍しく載っていたのでここにメモしておこう。

高配当株で失敗しない5箇条


When it comes to any investment, there's always some risk of losses, and the two tips above should make that abundantly clear. And while owning a diversified portfolio of dividend stocks across multiple industries will help reduce that risk, there will be short-term market drops that can drive down the value of your entire portfolio. On average, we get a 20% or greater market correction every five years or so, and a recession every decade that can bring the market down even further, and keep it down longer than the more common "correction."
The big takeaway here is that it's critically important to consider your investing time frame with your portfolio dollars. If you know you'll need to sell some of your stocks to generate enough cash within the next five years or less, you're probably overexposed to stocks. This is just as true for dividend stocks as any other class. The reality is, it's almost impossible to see the next crash before it's too late to get out of the market.
And while your long-term investments can just be left invested and ride out the downturn -- while you keep collecting your dividends -- more short-term needs should be kept in cash or high-quality bonds or bond funds. You won't have the same upside potential with that money, but you also won't see the value of a stock you were planning to sell to pay the bills fall by 30% unexpectedly.

市場の下落を常に回避するのは不可能だ。
そうした状況になった時に、受取配当と手許資金(現預金・債券)で生活できるよう、必要な金額を用意すべき。
株式を取り崩さなくてもいいよう5年分は用意すべきという。



この記事とまったく同意見で、リタイア後は、大きな下落時に株式を売らなくていいように
優良な国債や現金に生活費5年分程度は避けておくべきだ。

自分の考えは記事よりもっと保守的で、過去の傾向から最長6年程度の下落が世界に分散した株式に訪れるとし
最低で生活費7~8年分を、債券や現金、金ETFに分散した生活防衛資金専用のポートフォリオに分けるべきではないかと思っている。
記事も指摘するように、そうすれば株価が30%も暴落しているときに、わざわざ現金に変えて生活費に変えるような失敗もないからだ。
  1. 大事なメモ記事
  2. | コメント:0

悲報 レイダリオ新興国株式ポジション減

レイダリオの新しいポジションが公開された
新しいといっても昨年末のもの。
どう動いただろうか。

レイダリオ12月度ポジション


悲劇。
なんと新興国株式ポジションを減らしている。
新興国ファンには悲しいお知らせだ。

  新興国株 米国株 先進国株 債券
VWO 25.98        
EEM 12.61        
SPY   20.73      
IEMG 7.26        
GLD       3.97  
LQD         2.47
EWZ 2.57        
TLT         2.2
TIP         1.82
HYG         1.81
EMB         1.7
IVV   1.79      
VEA     1.42    
EFA     1.41    
IEFA     1.29    
IAU         1.16
EWY 0.27        
EWT 0.29        
  9.25      
レイダリオ2018年12月度ポジション(参照期間2月15日~5月15日)
総計 新興国株 米国株 先進国株 金ETF 債券
100 48.98 31.77 4.12 3.97 11.16
レイダリオ9月度ポジション(参照期間11月15日~2月15日)
総計 新興国株 米国株 先進国株 金ETF 債券
100 57.04 27.59 3.28 4.11 7.98
レイダリオ6月度ポジション(参照期間7月15日~11月15日)
総計 新興国株 米国株 先進国株 金ETF 債券
100 57.76 34.5 1.53 0.96 5.25



この表をみてほしい。
「ははーん新興国を10%くらい減らしてその分米国株や債券を買ったな」
と思うだろうか。
それよりレイダリオは最近弱気な発言が目立ってきた。
また欧州株に巨大なショートを仕掛けたことも話題になった。
なにか債券金利の上昇か、ほかの大きな流れから、レイダリオの頭の中が切り替わったのかもしれない。
次の3か月後にはもっとポジションが変わっているかもしれない。



個人投資家である自分になにができるか。
個人投資家の売却はいつも間違いだ。
今までのように極端な新興国オーバーウェイトはやめよう。
少し新興国を減らしてそれでもオーバーウェイト、その分を少し先進国に割り振り。
米国株は引き続きアンダーウェイトだ。

12月→2月の靴磨きおじさんの株式100%戦略の目標ポジション変更

新興国 57%→45%~47.5%(うちロシアETF12.5%) 少しだけオーバーウェイト
アジア太平洋 10%→10%
ヨーロッパ 10%→20% 少しだけオーバーウェイト
米国 23%→25%~22.5% 少しだけアンダーウェイト

ノーセルリバランスで寄せていく。
ずいぶん弱気で自信のないバランスだがしかたない。
これから何が起きるかわからないから世界に分散してじっと待つしかない。

レイ・ダリオ:新興国エクスポージャーを急減
  1. グローバルマクロ戦略に影響する投資家の発言・ポジション
  2. | コメント:0

2倍のレバレッジをかけたオールシーズンPF

2月から面白そうだということで2倍のレバレッジをかけたオールシーズンPFを運用し始めました
前に一度やろうとしてやめたアイディアを、レバレッジETFがあまりにも面白そうなので再開

10% 新興国株式ブル3倍
10% 米国株式ブル3倍
30% 米国超長期国債ブル3倍
30% 米国インフレ連動債
20% 金

という、ほんのわずかだけレイダリオのオールシーズン戦略を自分好みにチューンしたものに
レバレッジを疑似的に2倍かけた状態で運用します。
資金は全リスク資産の20%~30%以下くらいでほそぼそ遊びます。
まだ200万円くらいしか運用してないけど、せいぜい400万円~多くて700万円くらいかな。
今の資産規模だと。
あくまでもメインは株式100%戦略で、こっちは勉強用。
リバランスは年1回を考えています。
これから債券利回りがあがっていくなかでブル3倍長期債券が絶望的に下がっていくと思うのですが
インフレ連動商品がそれをヘッジするか見物だと思いながら見学します。

あしたからこれについて考えていることをぽつぽつ書いていくつもり。
やっててわからないことが半分、理解の範疇が半分、そんな戦略です。
あとは今週は時間があるから、過去記事の整理とカテゴリの掃除したい。したいけどできるとは言ってない。
予約投稿したので今週は記事アップ続きます。
債券利回りと株式益回りから割安度を判定する記事は気合入れて書いたからぜひよんでね。
  1. 投資雑談
  2. | コメント:0

あけましておめでとう

あめましておめでとうございます
のっけからおかしい

ブログ更新にせめて書きたいことかくなら1時間くらいほしいけど
それすらまともに(つうか睡眠時間も)確保できないブラック企業特有の監禁生活を強いられてブログかけませんでした
今年の目標は更新月2回(グレアム並に安全率みこむタイプのブロガー)

2月中旬にまとまって休みとれるのでそのとき少し投資の本とかよみつつブログも考えまとめて書きたい
さきに書きたいこと少し箇条書きしときます

・ブログの整理
しょーもない下品ネタ消したり
あと個別株のいらん記事も消そうかな

・2倍レバレッジをかけたオールシーズンポートフォリオの運用と考察
今年の柱の一本にしたい
書きたいことはいろいろある
運用額は最低250万円くらいから、最大でもリスク資産の30%くらいかな。
メインは株式100%戦略。
これはサブです。



以上ことしも読んでるほうをまったく考えない自分用まとめ兼わかる人だけわかればいいよな態度の売れないラーメン屋型ブログでいきます。
よろしく。(謙虚さ0)

※コメント返信してなくてすみません!
ちゃんと考えて返信したいのに時間ないから先のばしに・・
  1. 投資雑談
  2. | コメント:0

2018年1月 短期投資方針

願わくばこの馬鹿な投資家に普遍的な投資戦略と心の平穏を・・・


① 全体資産配分

1.1 投資の資産配分は日本円現金と株式で持つ。
ただしリタイア後は別の資産分配となる。(② リタイア戦略参照)
株式はETFと持株会に大別される。

1.2 現金は日本円として銀行口座もしくは証券口座にいつでも引き出せる形で持つ。
現金は失業や病気などに備えて生活費の2年分持つ。(月20万円として480万円)
どんなに少なくとも月25万円の生活費x12か月分の300万円以上は生活防衛資金として日本円で持つこと。
残りはすべて株式に投資する。(シーゲルやセイラー、バフェットのアドバイスを元にしている)

②株式ETFのコア・サテライト戦略

2.1 現金と持株会以外の株式資産(ETF)でコア・サテライト戦略を採用する。
ETF内のコア戦略:サテライト戦略の比率はETF全体の80%以上:20%以下とする。
※サテライト戦略は資産を守るためETF全体の20%以下とし割合を上げないこと

2.2 コア戦略は超低コスト(経費率0.2%以下)のETFによる株式ETFの世界分散投資を実施する。
コア戦略はロナルドリード氏を参考に生涯バイアンドホールドする。
セルリバランスは年に1回まで(12月実施)

2.3 サテライト戦略ETFの選定ではCAPEが7未満(定価の半額未満)の国の株式インデックスETFをターゲットにする。
PBRが1未満、PERが7未満、人口増加国であればよりよい。
コスト(経費率)は1.0%以下とする。
CAPEが7未満の場合、5年間の年間収益率は21%となる資料を根拠に5年程度ホールドする。
世界で最もリスクの高い株式市場とは?(WSJ ロシア株投資について)
※とくに高金利国への為替リスクをおさえるため、サテライト戦略の1個の商品への投機は株式100%ETF戦略全体の12.5%までに抑える

③株式ETFの地域別バランス

3.1 持株会を含まない株式をETFで保有する。
ETF全体の長期的中立バランスは以下とする。
米国:新興国:ヨーロッパ:アジアパシフィック=30:50:10:10 or 35:40:15:10とする。
中立バランスは、2050年の世界の時価総額比率がシーゲル著書から
米国:新興国:ヨーロッパ:アジアパシフィック=20:65:10:5であることから決定した。
中立バランスを基準に、各地域のCAPEを最重要事項に、またPER・PBRを参考指標にしてオーバーウェイト・アンダーウェイトを決める。

3.2 2017年11月中旬~2018年2月中旬の株式ETF資産の目標値は各地域の割安割高判断(CAPE、PER、PBR)から以下とする。
Global Stock Market Valuation Ratios
米国 35%→20%(アンダーウェイト)
ヨーロッパ 15%→15%(中立)
アジアパシフィック 10%→10%(中立)
新興国+サテライト(ロシア) 40%→42.5%+12.5%=55%(オーバーウェイト)
※ロシアの為替リスクを抑えるために保有比率をコア・サテライト戦略全体の12.5%程度までにする

④ リタイア戦略

4.1 リタイア時のポートフォリオは2個に分断する。
1個を株式100%戦略、もう1個を生活防衛資金戦略とする。
株式100%戦略の考え方はリタイア前と同じとする。
生活防衛資金戦略は4.2に定める。

4.2 生活防衛資金戦略の目的は株価の暴落時に株式を取り崩さないために別途つくるポートフォリオである。
よって配分は、年間標準生活費7年分以上(暴落からの回復が最長6年+取り崩し用の株式リターンを得る1年)、できれば10年分以上(CAPEの景気循環年数10年)、最低でも200万円x7年分=1400万円以上とする。
過去の市場暴落と回復年数
下記2案のどちらかを採用する。
①完全に無リスク資産として日本円現金および日本国債のみで作る。
メリット:日本円基準で絶対に下落しない
問題点:日本円へのリスクの取りすぎ、リターンは0付近になる。
②日本円現金および日本国債、金ETF、米国総合債券といったものをミックスして
株式下落時に円でほとんど下落しないポートフォリオを作成する。
メリット:インフレ分程度はリターンが稼げると思われる。
問題点:相関関数が崩れると株式と一緒に下落するかもしれない。

4.3 リタイア時は①および②の2点を満たすこと
① 株式100%戦略の現在評価額からインフレ差し引き後の期待リターンを算出して(JPモルガン長期リターン予測などから算出)、その手取りが年間標準生活費(例として200万円)を上回る。
簡易的な計算方法として株式100%戦略の資産の4%が年間標準生活費を上回る。(例として5000万円の資産であれば5000万円x4%=200万円)
② 生活防衛資金戦略に生活費7年分以上(できれば10年分以上)の資金を割り振る。
生活防衛資金戦略の配分を決めたら、残りのすべてを株式100%戦略にあてる。

4.4 もしリタイア後の相場暴落時に思っていたより株式の下落幅が大きく、暴落が長期間に渡り、資産の毀損に不安を感じたり、株式に追加資金を投入したくなったり、リタイア生活の継続が困難に感じたのなら、株式を取り崩すことはせずに、また暴落が終わるまで短期で働いて株式に追加資金を積み立てればよい。
  1. 投資指針
  2. | コメント:0
前のページ 次のページ