靴磨きおじさんの米国株・インデックス投資

インデックスファンド投資信託から、米国個別株およびETFへのリレー投資が終了したので、どのくらい損失を出したかチェック

パターン①新興国 4月26日約定 5月1日受渡 パターン
・約定時VWO株価: 40.35ドル(4月26日)
・約定時為替ドル→円: 111.1円(4月26日)
・米国株口座為替振替時為替 円→ドル:111.9円(5月1日)
・VWO購入時株価:40.57ドル(5月1日)

パターン②先進国(米国株で算出) 4月27日約定 5月1日受渡 パターン
・約定時VTI株価: 123.12ドル(4月27日)
・約定時為替 ドル→円: 111.0円(4月27日)
・米国株口座為替振替時為替 円→ドル:111.9円(5月1日)
・米国個別株購入時のVTI株価:123.14ドル(5月1日)

よって新興国のリレーでは100ドル分の新興国株式をリレーしたと仮定します。
100ドル / 40.35 = 2.478株 売却株数
100ドル x 111.0 = 11100円 所有日本円
11100 / 111.9 = 99.20 ドル 所有ドル
99.20 / 40.57 = 2.445株 保有株数
よって 2.445/2.478 = 0.98668より1.3%の損失がでました。
つまり手数料を考慮せず、為替差と株価差だけで1.3%分のリレー損が出ました。
満足できる範囲の小ささです。

次に米国個別株のリレーで疑似的にVTIを使って測定するので200ドル分のVTIをリレーしたと仮定します。
200ドル / 123.12 = 1.624株 売却株数
200ドル x 111.0 = 22200円 所有日本円
22200 / 111.9 = 198.39 ドル 所有ドル
198.39 / 123.14 = 1.611株 保有株数
よって1株あたり 1.611/1.624 = 99.199より0.8%の損失がでました。
つまり手数料を考慮せず、為替差と株価差だけで0.8%分のリレー損が出ました。
十分小さいです。

結果として運よく、日本製インデックス投資信託→米国株口座への
リレー投資のタイムラグによる株価・為替損は1%程度となりました。
しかし1000万円程度リレーしているので1%程度とはいえ10万円は損していますので良い気分とは言えません。

みなさんは、20%ずつなど、規模が大きい移動をする場合は少しずつリレーをしていくことでこの損を抑えることをお勧めします。

スポンサーサイト
  1. 大事なメモ記事
  2. | コメント:0
<<本日全資産の日本製インデックスファンドから米国株口座へのリレーが終わりポートフォリオも整理しなおしました | ホーム | 新興国バリュエーションについての検討>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する