靴磨きおじさんの米国ETF投資

インデックスファンド投資信託から、米国個別株およびETFへのリレー投資を失敗したので、どのくらい損失が出るかチェックしたい

資金約1000万円分を、インデックスファンド投資信託から米国個別株およびETFへリレー投資することを思い立ちました。
そこで、200万円ずつ程度で5回にわけてリレーをすればよかったのですが、思い立ったが吉日ですぐに全部売却注文をしてしまいました。
あとから、少しずつリレーすればよかったと思ったものの、注文が確定してキャンセルできず後の祭りです。
投資信託の解約はかなり時間がかかるようで、為替のタイムラグと合わせれば、ポジションを持たない期間が1週間~10日間になると思います。
そこで今回の経験を生かすため、どのくらいこの期間で損益に差がでるのか、機会損失が大きかったのか小さかったのか、おおよそで調べてみることにします。
どちらにせよ、これからは資金を少しずつリレーして現金で投資資産を長く腐らせることがないようにと思いました。


パターン①新興国 4月26日約定 5月2日受渡 パターン
・約定時VWO株価: 40.35ドル(4月26日)
・約定時為替ドル→円: 111.1円(4月26日)
・米国株口座為替振替時為替 円→ドル(5月○日)
・VWO購入時株価(5月○日)

パターン②先進国(米国株で算出) 4月27日約定 5月2日受渡 パターン
・約定時VTI株価: 123.12ドル(4月27日)
・約定時為替 ドル→円: 111.0円(4月27日)
・米国株口座為替振替時為替 円→ドル(5月○日)
・米国個別株購入時のVTI株価(5月○日)



また5月2日以降に新興国ETFおよび米国株を買ってから更新します。
スポンサーサイト
  1. 大事なメモ記事
  2. | コメント:0
<<新興国バリュエーションについての検討 | ホーム | 結婚できない(しない)場合のアーリーリタイア目標は2030年3月末に45歳で 総資産額は現在紙幣価値で8000万円~1億円を想定>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する