FC2ブログ

記事一覧

ガンドラックとシーゲルの気になる発言

どの国・地域の株がいいか:ジェフリー・ガンドラック


資産配分について言うなら、これが絶対リターンを生むかどうかはわからないが、新興国市場株式が有利になると考えざるをえない。
・・・米国株に比べてバリュエーションが信じられないくらい安い。

コモディティと新興国市場には正の相関というのが通常だ。
コモディティが安かったこれまでは新興国市場株式も安かった。
ガンドラック氏は、新興国市場のCAPEがS&P 500の半分の水準にあると指摘している。

さらにモメンタムの面でも変化が見られるという。
長らく米国株をアンダーパフォームしていた新興国市場だが、もはやそうとは言えない状況にあるという。
2018年10月3日以降の世界的な株価下落局面で、新興国市場は米国をアウトパフォームしたと紹介した。
これは単に相対的に良かったというのにとどまらない。

「これはとても珍しいことだ。
新興国市場はベータが高い傾向にあり、よくない時にはより大きく下げる傾向がある。
この期間はドルは下げていないので、ドル安が新興国市場を相対的に助けたわけではない。」

2018年第4四半期以降、新興国市場が米市場に比べて好ましい環境にあったわけではない。
それなのに、出遅れが解消されつつある。
ガンドラック氏は、リスク/リターンの基準でいって、新興国市場が米市場より高い相対パフォーマンスを上げると予想している。

ここで2つ注意しなければいけない言葉がある。
「絶対リターン」、「相対パフォーマンス」である。
ガンドラック氏は新興国市場が素晴らしい絶対リターンを上げると予想しているわけではない。
米国と比べればましだろうと言っているのだ。
リターンがプラスになるかどうかもわからない。
米市場が大きく下げ、新興国市場の下げが小さいという話かもしれない。

ガンドラック氏は欧州株について、人口動態・ユーロ圏の問題を理由に全く触るつもりがないと話す。


ガンドラックはこの3年間くらい数年あいかわらず。
自分も意見は同じ、まああいかわらずのアンダーパフォームだけど。

The 60-40 portfolio just doesn't 'cut it anymore' in this market, Wharton's Jeremy Siegel says


Hindsight is 20/20 on the 60/40 portfolio.

That's what WisdomTree and Jeremy Siegel, professor of finance at the University of Pennsylvania's Wharton School, are emphasizing as they encourage investors to consider alternatives to the traditional 60% stock, 40% bond allocation.

The latest developments in their mission are two model portfolios made up entirely of exchange-traded funds: the Siegel-WisdomTree Global Equity Model Portfolio and the Siegel-WisdomTree Longevity Model Portfolio.

The two funds, offered first on TD Ameritrade's Model Market Center platform, take inspiration from two of Siegel's books — "Stocks for the Long Run" and "The Future for Investors" — in an effort to provide investors with higher returns in a declining interest-rate environment.

"We believe that the old 60/40 model just won't be able to cut it anymore," Siegel, who is also a senior investment strategy advisor at WisdomTree, said Monday on CNBC's "ETF Edge."

"This environment of low interest rates is not going to change," Siegel said, noting that the dividend yield on the S&P 500 is higher than the U.S. 10-year Treasury's 1.5% yield. "How is [that] ... going to give you enough income?"

The Siegel-WisdomTree funds will try to solve for that problem by offering low-cost, high-yield investment strategies that highlight one of Siegel's main arguments from "Stocks for the Long Run": that stocks may be subject to volatility in the short term, but ultimately have less long-term volatility when compared with bonds.

"That's why we recommend 75/25 as the equity/fixed-income allocation," he said, adding that it "would be the best way for those approaching retirement to establish their assets to get enough income and gains so they can maintain spending through retirement."

Global central banks have been partly to blame for the yearslong decline in interest rates as their monetary policies become more accommodative, but they're hardly the only driver of the phenomenon, the professor said.

"Dividends on stocks are going to be the new bond."
Siegel cited other "powerful demographic factors" such as the aging of the global population, longer average life expectancy, a broader inclination to avoid risk and slower growth in the overall markets as additional depressants for Treasury yields.

"All these factors are going to keep these interest rates in these levels very long, and you cannot survive on a one-and-a-half-percent nominal interest rate," he said.

"Look at the TIPS yield. The real interest rates are negative now," he said, referring to the Treasury Inflation-Protected Securities version of the U.S. 10-year Treasury, which is adjusted based on consumer price patterns.

"It cannot maintain spending streams at all. Dividends on stocks are going to be the new bond in terms of thinking about retirement."


シーゲル教授が"stocks for the long run"と "the future for investors"というニ大信者量産本の戦略を組み入れて開発した株式ファンドのローンチ宣伝の場ともいうべき場所で面白い発言。
いわく黄金のシャープレシオをもった60:40戦略は死んだんだとか。
10年債券金利が1.5%とS&P500の配当より低い狂った世界では債券に投資をする正当性が見いだせない。
すでにTipsの実質金利もマイナスである。
よって、75:25ポートフォリオに移行し、高配当戦略を中心に持つことで、それがかつての配当と同じ役割をはたす、というような意見。

靴磨きおじさんも高配当株ではなく新興国や低位株ですが似たようなものです。
もう債券で実質リターンはとれない。
米国債券も、ゴールドも、日本円キャッシュも、すべて実質期待リターンは-1%〜0%付近であり、株式だけがリスクプレミアムを提供している世界。
株価が半分以下になる前提で数%の期待リターンを提供する株式に資産の何%を割り振るか、それが一番大事な戦略になると思う。
他の資産は期待値でどうせ-1%〜0%とリターンになるので株式の期待リターンとボラティリティをどこまで薄めるか、以上の役割は今後果たせないだろうと思う。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

靴磨きおじさん

Author:靴磨きおじさん
1984年うまれ
2011年に就職して2013年から投資をはじめる

2013年1月〜2020年1月通算成績
総資産額 35,788,437 円
キャッシュ 7,427,184 円 
リスク資産評価額 28,361,253 円
リスク資産元本 20,270,338 円
損益通算(2013年1月~)+8,090,915 円(リスク資産元本に対して+40.0%)

リスク資産運用成績
(2013年~2017年は円建て手数料税金差引後実測値)、2018年~はPORTFOLIO VISUALIZERを使用したドル建て理論値)
2013年 +20.7%
2014年 +25.5%
2015年 +0.2%
2016年 -0.9%
2017年 +15.0%
2018年 -9.7%(S&P500 -4.5%)
2019年 +31.5%(S&P500 +31.3%)

FC2カウンター

参加ランキング

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ