FC2ブログ

ETFを使った株式投資

日本株の天才バリュー投資家かぶ1000氏による長期投資の本質を教示するツイート

相場が悪くなって来るとCPを多く確保した方が安全と思う人も多いと思いますが
私は逆で下がった時こそ株を買うチャンスだと思ってます。
理由は単純で株は基本的にプラスサムだからです。
ただし銘柄の選別は大切で、相場が悪い時は割高株は控え
割安株を買う方が良いと考えてます。

理由は単純で安全域が大きいから、特にその際にはPBRは有効で
相場が悪い時や一時的に業績が悪化した銘柄でも
低PBR銘柄は下落リスクがより小さくなります。
また相場の低迷が長期化すると想定される場合は
自己資本率が高い銘柄を選んだ方がより安全度が増します。

株はいつが高値か安値か予想してもまず当たりません。
だからこそ株は持ち続ける事が大切で
加えて相場の状況によって銘柄を変えて行ければベストです。
私は常時割安株中心ですが、その分大儲けはありませんが、大損もありません。
ただ機会ロスだけは避ける事が出来ます。実はこれで十分なんです。




前にもこのブログでかいたとおもいますが、多くの人に知られた日本株のバリュー投資家で
かぶ1000さんという天才がいます。
過去17年間の年率平均リターンは+38%(算術)となっており
まさに若いころのバフェットやグリーンブラットを彷彿とされるストックピックの天才です。

かぶ1000さんツイッター
かぶ1000さん投資ブログ

毎日の売買もブログで詳しく報告しています。
靴磨きおじさんは日本株の個別株は持っていませんが
もしやるならかぶ1000さんの保有銘柄と売買を全部しらべて、その中から自分に合うものを買うでしょうね。
正しいグレアム・ドッド村で勉強した長期投資家というのは
その信念、持っている銘柄、日々の思考といったものを見てれば知れてしまうものです。
自分が勉強していれば、noteやアドセンスでお金を稼ぎたいだけの偽物と
本物の勉強するに値する先輩長期投資家の差は一目瞭然だと思います。

そのかぶ1000さんが、ツイッターで下落相場とバリュー投資についてツイートしています。
というのも、かぶ1000さんの主戦場の日本の小型株も、新興国株と同じく弱気相場入りして大きく下落したためです。
そんな中で、自分の芯にある考えを述べています。

・株式はプラスサムなので下落相場でキャッシュを増やさず、むしろ株を買うべきだ
・PBRが低く、自己資本比率が高い銘柄は安全域が大きいため、下落リスクが低い
・マーケットの高値と安値を予想して当てることはできない
・上記のことから株式を持たないことは機会損失である

非常に得るものの多いツイートと思います。
もしあなたが日本株の個別株で正しい長期投資を勉強したいと思うなら
かぶ1000さんのブログ、ツイッター、保有銘柄を毎日勉強するのはとても良いことだと思います。


かぶ1000さんのホームページでは持っている銘柄に対して
PER、PBR、配当利回りといったものが毎日管理されて更新されています
馬鹿にされて初心者向け指標といわれるものを、日本の天才バリュー投資家がいかにきっちり管理しているかわかります。

また、ページのトップにはかぶ1000さんの好きな4冊の偉大な投資家による本のリンクが貼られています。
・証券分析(1934年版) ベンジャミン・グレアム
・賢明なる投資家 割安株の見つけ方とバリュー投資を成功させる方法 ベンジャミン・グレアム
・ウォール街で勝つ法則 株式投資で最高の収益を上げるために ジェームズ・P.オショーネシー
・グリーンブラット投資法 M&A、企業分割、倒産、リストラは宝の山  ジョエル・グリーンブラット
スポンサーサイト
  1. 投資雑談
  2. | コメント:0
<<ツイッターの米国株クラスタによる正式推奨リストが決定 | ホーム | バリュー投資家の3Q13F>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する