FC2ブログ

ETFを使ったグローバルマクロ戦略

マーク・ファーバー 8月6日 中国とインドが日々世界への支配力を強め、貿易戦争が米国一強の衰退を加速させてしまうだろう

ファーバーが貿易戦争と米国の孤立、米国から中国・インドへのバトンタッチについて言及しています。
正直、同感です。
長期的な視野をもてば、米国は自分の首を絞める悪手をうっているようにみえる。

Trade Wars to Accelerate Decline of US Empire as China and India Dominance Grows

US influence on the global economy has been gradually falling, and emerging economies like China and India can overtake the US as global leaders, according to Marc Faber, editor and publisher of The Gloom, Boom & Doom Report.

アメリカの世界経済内の影響力が弱まってきており、中国とインドは背中をみている。

“The US as an empire against the rest of the world peaked in 1950s or 1960s. Then, there have been other countries that have become more powerful, in particular China and now increasingly India. The US empire and its influence on the world is diminishing and has been diminishing for quite some time,” he told RT. The trade war may accelerate this “mutation” in the global economic balance “with other countries becoming more important and the US less important,”Faber said.

米国の世界への影響力のピークは1950年代と60年代だった。
そして、その後、パワフルな新興国が生まれ、中国とインドがその筆頭となった。
US帝国の世界経済への影響力はだんだん減少している。
貿易戦争はこの世界経済での中のパワーシフトの動きを加速させる可能性がある。

According to Faber, the US is likely to be the biggest loser from the trade war it started. “The winners in a real trade war would be everyone except the US. The Europeans would trade more with Asia, and the Asians would trade more with Europe than the US. There would be more trade between the emerging economies and China and vice versa,” Faber said.

米国は貿易戦争の最大の敗者になる可能性が高い。
「貿易戦争の勝者は、米国以外のすべての国だ。アジアとヨーロッパは貿易が活発になるだろう。
中国と新興国も貿易が活発になる。」

Another winner from the trade would be Russia since China would buy more resources from the country, while Moscow would buy more from Beijing, he said.

それからロシアも貿易戦争の勝者になる。
中国はロシアからたくさん資源を買うようになり
またモスクワも北京からたくさん買い物するようになる。

The US stock market has thus far ignored the news about the global trade war, Faber notes. “But if there is trade war, it is not good for the global economic growth. The global economy is slowing down already. I think it would be a big mistake to go ahead with the trade war.”

いままで米国株価指数は貿易戦争の悪影響を無視してきた。
しかし貿易戦争は世界の経済成長にとって悪材料だ。
すでに世界経済の成長は鈍化をはじめた。
貿易戦争をはじめたことは大きなミステイクだ。

The countries most exposed to the trade war in emerging markets are Brazil, Turkey, and Argentina, due to their fiscal problems, growing deficits, and weak currencies amid large amounts of foreign debt, Faber said.

貿易戦争でもっとも被害を被るのはブラジル、トルコ、アルゼンチン。
財務問題をもち、債務が拡大し、通貨が弱く、大量の外貨建て債務のある国だ。

With the global economy financed by soaring debt since the last global crisis of 2008-2009 another recession is likely to come, but its shape is not yet known, according to the investor.

巨大な債務拡大により資金調達された世界経済の拡大が2008-2009クライシスの後に行われたため
リセッションがくるだろうが、どのような形をしているのかはまだわからない。

※世界的な低金利で国が、企業がレバレッジをかけまくって投資・商売・消費をしまくったってことです
ない金で遊びすぎたツケを払うときが近づいているのでしょう

Despite the recent strength of the US dollar, especially against the currencies of emerging economies, Faber says the trend will not continue in the long run. He says the best way to protect individual investments in times of turmoil is to diversify the portfolio with cash, bonds, precious metals, and real estate.

新興国通貨に対するドルの強さだが、長くは続かないだろう。
このような混乱の時代に個人の資産を守りたいなら分散することだ。
現金、債券、貴金属、実不動産がよいだろう。
スポンサーサイト
  1. グローバルマクロ戦略に影響する投資家の発言・ポジション
  2. | コメント:0
<<今の株価を見る必要はない | ホーム | マーク・ファーバー 8月13日 株価調整の可能性について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する