FC2ブログ

記事一覧

マーク・ファーバー 8月13日 株価調整の可能性について

Marc Faber on the possibility of stock market prices adjusting downwards
Marc Faber reflects in his latest Gloomboomdoom post on the possibility of stock market prices adjusting downwards

"If in an economic system prices in one or several sectors increase over an extended period of time far more than the overall price level, a reversion to the mean will sooner or later take place. The adjustment in prices can take place in two different ways. Prices in the inflated sector can stagnate for a while or increase more slowly than the overall price level.

Another possibility which is more likely is that grossly inflated sectors and assets revert to the mean by crashing altogether.

I believe that stock markets around the world are at an important crossroad: Growth (represented by the NASDAQ 100) is out and Value (real estate, REITs, Telecoms, food, consumer staples, financials, and energy (as represented by the Russell 1000 Value ETF – IWD) is beginning to outperform."

Marc Faber on the possibility of stock market prices adjusting downwards


マークファーバーが株式の調整の可能性に言及しています。
1つか、複数のセクターの経済システムの値段が長期にわたり全体平均より強い増加をした場合
遅かれ早かれ平均への回帰が起こるだろう。
価格の調整には2つの異なったルートがとられうる。
・オーバーバリューしたセクターは停滞するか、ゆっくり上昇する
・オーバーバリュー↓セクターの価格がクラッシュする(もっと可能性が高い)
世界中の株式が重要な分岐点に差し掛かったように見える。
ナスダック100に代表されるグロースが終わり
IWDに代表されるバリュー株(不動産、リート、テレコム、食品、生活必需品、金融、エネルギー)が
アウトパフォームをはじめたように見える。


ほんとうに最近英語がよめなくなってきた。
勉強はじめようかな。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

靴磨きおじさん

Author:靴磨きおじさん
1984年うまれ
2011年に就職して2013年から投資をはじめる

2013年1月〜2018年9月通算成績
総資産額 33,037,683円
キャッシュ 4,580,307円
リスク資産評価額(IDECO・積立NISAを含む)
 28,457,376円
リスク資産元本 23,184,276円
損益通算(2013年1月~) +5,273,100円

リスク資産運用成績(円建て手数料税金差引後)
2013年 20.7%
2014年 25.5%
2015年 0.2%
2016年 -0.9%
2017年 15.0%
平均年率リターン 12.1%

FC2カウンター

参加ランキング

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ