FC2ブログ

ETFを使った株式投資

トルコ株ETFを買おうとしてやっぱりやめた話

トルコ株ETFのTURを今日、買おうとしてやっぱりやめました。

靴磨きおじさんの個別国CAPE戦略は以下です

①CAPEが7以下の国が出現したら5年ホールドする
②グローバルマクロ型のバリュー投資家の買い出動宣言を見る

この2つを出動条件としています。
①はこれにより5年間平均リターンが非常に高くなるというネタをもっているからです。
②はそこまで自分を信じてないからです。

さてついにマーク・ファーバーがトルコ株買付に動くことを宣言しました。
②が満たされました。

7月末にバリュエーションサイトで、CAPE8.1、CAPE9.1と出ていて、そのときTURは28.2ドルでしたが
21~22ドルになっています。
そこでそろそろ買い出動かなと思い
現地建て通貨株式指数(イスタンブール100)と
ドルリラの為替をチェックしたところリラの下落がメインの原因で
現地通貨建て株式は9%しか落ちていない模様。

さて、CAPEの公式は外国通貨建て株式の平均利益や株式を計算するとき
どういう形になっているのか。
なにしろその式自体をみたことがないのでわかりません。
もしCAPEの式がCAPEの値を為替によっては下げないような形をしている場合
まだトルコのCAPEは7.3~8.2くらいでしょうか。
なので不十分です。
各サイトのバリューが更新されるまで
待ってみることにします。
それから考えます。

トルコは
・大きな負債
・金利より高いインフレ
・貿易赤字
と、ロシアと違ってガタガタの国です。
とくに通貨の暴走は株式のドル建てリターンを棄損しガタガタにして
安いバリュエーションでも将来の株式投資の結果を悪くする可能性を作ります。
しかし、過去の傾向のデータから、CAPEが明確に7を切りはじめたら投資すると有効と考えています・・・

某ページで
『経済学的には米国の10年債の金利はインフレ+実質GDP成長率と同じになる』
という記述を見ました。
そうかな・・・?と思ったけど、とにかく。。。
つまりある国の10年債が名目GDP成長率とイコールにならなくてはいけないという意味です。
さて、現在のトルコの10年債金利は名目GDP成長率どころかインフレにすら負けています。
非常に低いということです。
すると、持っているだけで損をする債券・金利なので
投資家はそれを売却して、ほかの国の通貨を買います。
そこで通貨の相対的価値が下げ止まらなくなり、インフレが加速するとしか思えません。
そうはならない、という理屈は自分には理解できません。
(だから金利をあげて、インフレと比べて持っていても損をしない通貨にすることで、インフレをせき止めているというのが自分の通貨に対する解釈です)

そう考えると、トルコの金利とインフレの関係はやはりおかしい。
もしインフレのほうが高ければ資金はせき止められず、リラが安くなり続けるように見える。
いままでの割安投資と違うと感じる。
なので、CAPEで7未満になっても、すこし考えたいですね・・・
スポンサーサイト
  1. 株式投資に関する疑問
  2. | コメント:0
<<ボーグルがシーゲルの高配当戦略を馬鹿にする | ホーム | イールドカーブのフラット化と株価下落のタイムラグについて>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する