FC2ブログ

ETFを使ったグローバルマクロ戦略

ジム・ロジャース「These are the most interesting markets today」日本に対して不気味な予想も

Jim Rogers: These are the most interesting markets today


Thursday, June 28, 2018
Jim Rogers: These are the most interesting markets today
High-potential markets today

Jim has told me before that he’s interested in disaster… and he still is.

ポテンシャルの高い市場について。
ジムはかつて問題をかかえている市場に興味があると語っていたが…その考えはまだ変わっていない。

北朝鮮の投資チャンスについて。

You’re probably going to say to me, “What would you buy?” And there’s nothing to buy in North Korea, there’s nothing public I own. North Korean coins. I own Korean Air Lines (Korea Exchange; ticker: 003490) because I assume there’ll be a lot more air traffic. I own a South Korean ETF. [The iShares MSCI South Korea ETF (NYSE; ticker: EWY) is one ETF you can own.] But other than that, I don’t really know a way to invest.

あなたは(北朝鮮について)何を買うんだ?と聞くかもしれないが
まだ北朝鮮のものを買う手段がない。わたしも持っていない。通貨ももっていない。
わたしはKorean Air Line株(これからエアラインの利用は増えるだろう)
また韓国ETF(EWY)も持っている。
しかしまだそれ以外で北朝鮮関係に投資する手段を知らない。

Also, Russia is still hated by most investors, which is terrific, it means it’s still cheap. I am looking for Russian investments. I’ve bought more Russian government bonds recently in rubles because they have a very high yield and I’m optimistic about the ruble – certainly that the ruble is making a bottom, if it has not made its bottom already.

またロシアはまだ投資家に嫌われたままだ。
これは良いことだ。まだロシアが安いということだ。
良い投資先を探している。
最近もルーブル建て国債を買い増した。
利回りはよく、ルーブルの為替に楽観的予測をしている。
まだルーブルが底を打っていないとしても、底の周辺にいる。

Vietnam is doing very well right now. I prefer the bad things that are hated. But there are big changes in the country, and it’s right on the Chinese border. It’s a country of 90 million people, educated, disciplined, hardworking. They call themselves communist, but take that with a grain of salt.
I’ve mentioned Nigeria and Kazakhstan before.

またあベトナムはうまくやっている国だ。
わたしは嫌われている悪い投資先が好きだが・・・
しかしこの国は大きな変化の途中で、中国との国境沿いにある。
90ミリオンの教育された人々は、教育がいきとどき、訓練され、勤勉だ。
彼らは自分たちを共産主義だと自称するが、話半分で聞くべきだろう。
またナイジェリアとカザフスタンについても以前言及した。



China. I’m looking for investments in China. China is 40 percent below its all-time high. Japan is 50 percent below its all-time high. I’d much prefer China and Japan to, say, America and Germany. You know, these are markets that are near all-time highs. And I know that watching you guys, you know to buy low and sell high.

中国は最高値から40パーセント安く、チャンスを探している。
また日本市場も最高値の50パーセント安で、中国と日本を選好する。
アメリカやドイツは最高値付近なので買う必要がない。
知っているだろう、安く買って高く売るだけだ。

Jim mentioned Japan. So I asked him… when we look at debt profiles and countries most likely to blow up from debt, wouldn’t Japan be at the top of that list?

インタビュアー:日本は債務が最高の国だが・・・そろそろ借金で「爆発」しませんか?

Jim: Absolutely. Japan has staggering internal debts. They have a lot of external reserves, foreign-currency reserves, but they have huge debt and they keep running up debt after debt after debt. I can give you scenarios where there isn’t a Japan in 50 years. I mean, they have a declining population. Their debt is going through the roof. It’s a fantastic country, but it’s in serious, serious decline.

But that doesn’t mean that the stock market cannot go up for a few months, or a year, or two. So I’d rather buy Japan than many other countries.

巨額の内部債務がある。
たしかに日本の外貨準備高も多く持っているが・・・
彼らは債務を膨らませ続けている
50年後に日本は消滅しているというシナリオもあり得る。
人口が減少して・・・そして債務は莫大な額に膨れ上がった。
ファンタスティックな国だが・・・深刻な、深刻な未来になる。
しかしそれは1~2年株式市場が上昇するかどうかと関係ない。
なので日本株オーバーウェイトは良いと思う。

Kim: It sounds like you’re talking about the disconnect between the fundamentals of a market or an economy, and the direction or trajectory of its stock market.

インタビュアー:マーケット、エコノミーのファンダと株式市場の行き先は切り離して考えると?

Jim: There’s a difference in a short term and a long term. I know Japan is going to disappear, but there’s still time to make some money if the world doesn’t fall apart in the next three or 10 months.

長期と短期は違う。
日本は消滅するだろう。
しかし10か月以内に世界崩壊するというわけでない、時間はあるということ。



ジムロジャース日本人の見てないところでとんでもないこと言っててわらう
スポンサーサイト
  1. グローバルマクロ戦略に影響する投資家の発言・ポジション
  2. | コメント:0
<<FCAUについての勉強 2018年6月27日 | ホーム | ジム・ロジャース 「ロシアは安い」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する