FC2ブログ

ETFを使ったグローバルマクロ戦略

米国株式のレバレッジ3倍ETFについてちょっと思ってること

最近、バリュー株投資 安全域を保つさんの影響で、某自動車会社への投資は良いなあと考え中の靴磨きおじさんです。
もう少し自分で勉強して考えようと思います。

ところで・・・
レバレッジ3倍ETFは金利がかかるという話だったのですが、どうかかるのかな~とずっと疑問でした。
いくつか教えていただいて勉強になったので、ここに理解した範囲でメモしたいと思います。
靴磨きおじさんはレバレッジ派ではないので、単に興味本位です。
間違ってたらコメントください。

レバレッジの金利についてしりたいな~と書き込んだところ
親切な方がご自分で書いたわかりやすい解説ページを教えてくれました。

株式先物の理論価格に関するザックリとした説明

このページはめちゃくちゃわかりやすく書かれているのでおすすめです。
いままで先物とそれをつかったレバレッジETFに何がおきてるか全く意味不明でしたが
理解度が10%→50%に進んだと思います。

式でかかれていますが
先物の理論価格=現物価格(1+(短期金利+配当利回り)x満期までの日数÷365

またわかりやすい3か月先の株式を先物で購入する例では
現物100円
毎月配当金10円
利息8円
3か月前では
将来受け取れる配当の総額30円
支払うことになる利息の総額24円

現物価格 100円 - 配当総額 30円 + 利息総額 24 = 先物価格 94円

こんなかんじです。
まあいいや、ここで自分が下手な説明するよりリンク先みてください、わかるので。
重要なのは、ブル3倍ETFでは毎日先物を手じまいすることです。
そして先物では1日の元指数の日足の3倍の結果になるようにとのことですが、厳密にはちょっと違います。
元指数の日足の3倍の結果に、配当分を足し、レバレッジをかけた分の利息を払い、経費率を支払ったものが実際のリターンになるでしょう。

ここでもし年リターンの3倍ならリターン計算もとっても簡単だったのですが
残念ながら日足の3倍ですので、おおよその日足リターンの数字はこうなると思います。

3倍ブルETFの名目リターン = 元指数日足リターン(配当込み)x3 - (経費率/365 + 先物利息x3/365)

ちなみに先物利息の金利はだいたい米国だとFF金利と近似できるはずだとほかの博識な方もおしえてくれました。
FF金利は今1.9%です
そしてレイ・ダリオは長期金利4.5%程度でおそらく利上げストップと予測していますが
このシナリオ通りだと、今回のFF金利は1.5年後に3.5%くらいまでいってあげ止めです。
これを3倍にした数字を日足リターンから差し引かれると思ってください。
あと経費率の1%くらいだっけ?これが差し引かれます。
ですので、FF金利に対して十分な名目リターンが確保できている場合は日足リターンは良い数字になります。
だいたいFF金利とインフレが長期に似た数字になってくるので
FF金利+数%の超過リターンがあればブル3倍ETFは良く機能します。
反対に、もしFF金利の上昇に対して、十分なリターンを元指数が確保できない場合は、うまくないことになります。

さて、インデックス投資の発案者、ボーグルは、今後10年の米国のリターンを
名目4%、実質2% (ドルがインフレ2%)と言っています。
このとき
GDP成長(企業利益成長と近似)によるリターン4%
配当2%
PERの下落に伴うリターン-2%
あわせて名目4%です。
PERの下落に伴うマイナスリターンが大きく
またFF金利が大きい状態になると日足3倍のレバレッジETFのリターンにも相応のリスクがあるかもしれません
正直自分はレバレッジについては理解半分です
将来このような商品ですごいリターンがでるのか、ひどい結果になるのか知りません
レバレッジETFを使った戦略を使う人はよく勉強したうえで挑戦したほうがいいと思います
スポンサーサイト
  1. 株式投資に関する疑問
  2. | コメント:0
<<7月~9月の売買予定 | ホーム | スマートベータの生みの親 リサーチ・アフィリエイツのロブ・アーノット氏は相場をどう見るか>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する