FC2ブログ

ETFを使った株式投資

新興国株急落でどのくらい資産が溶けたか、また投資に対する姿勢を改めたい

もう3週間くらい旅をしています。
旅したら自分が見つかったとか新しい啓示が、みたいなのは残念ながらないですが
ある程度頭を整理できたこともあるので記念に書いておこう。
それから、2月から新興国株が急落してますが、靴磨きおじさんがどれくらいヤラれているのか
知りたい人もいると思うので書いておきます。

①新興国急落で溶かしたお金

PFの整理用に算出したところトータル損益が+460万円まで、最大値だった1月の+700万円から240万円は溶けました。
さようならお金さん。
まだ新興国が落ち続けるかもしれません。
そういえばこれから持株会の清算をしますが、利益が200万円くらい乗ってるので
税金支払いでさらにトータル損益が-40万円です。
実際のトータル損益は+420万円まで減ります。
どんどん利益が溶けていく・・・
2年前~1年前に投資信託からETFに資金移動した時も税金を40万円くらい払った気があります。
つまり80万円は国にもっていかれました。
こまかい利益確定を合わせると100万円くらいすでに持ってかれてる気がします。
資産運用の敵は税金ですね。馬鹿馬鹿しいペースでひかれています・・・
ちなみに資産額は3170万円でした。
これから無職をまだまだ楽しみ、海外も行き、持株会の税金も払うので新興国下落と一緒にさらに資金が減っていきそうです。

②目標とするPF

現在の目標とするPFについて。
現金は480万円くらいよけて、これを7月1日から月20万円ペースで使っていきます。
2年無職ができます。
もし月の消費が余ったら投資にまわすかもね。
目標PFは現金を別として
10% コモディティETF
12% ロシア株ETF
38% 新興国株ETF
15% ヨーロッパ株ETF
10% 環太平洋株ETF
15% 米国株ETF
といままでと変わりません。
一応自分なりの考えがあって、新興国と、一緒に動きやすいコモディティを合計60%に抑えています。
新興国・コモディティ固有のリスクで先進国地域が微動だにせずに株価が半減した時にも資産は70%キープできる、という自分なりのバランス感覚です。
なので先進国株を40%維持しています。
もし先進国と新興国が一緒に落ちた場合は関係ないです。
米国の積み立ては止めており(むしろある程度利益確定したので)今後も米国は減り続け、ヨーロッパと環太平洋の比率が上がっていくはずです。

ロシアをだいたい12%というのは、だいたい株式100%PFにとって、国を8分割程度にすると、為替リスクの高い国の固有リスクがほぼ相殺されるという萩野社長の教えを守っています。
本当はロシア株を20%にしても良いくらい好きですが、標準偏差が50くらいある国なので一極集中リスクを下げています。

コモディティはなんとなく10%ですが、もしかしたらこの投資は失敗だったかもしれません。
というのも本来自分のPFは年1回くらい状態をチェックすればいいように作っていましたが
コモディティのみ売却タイミングのために値動きと金利の確認、市場のチャートの確認をしています。
本来の自分のやりかたとあわない買い物だったかもしれない。
けどどうせ買ったのでこれから来る売却タイミングまでは持ってます。

③昨年市場をアウトパフォームして調子に乗っていた

昨年は新興国株式の伸びがよく、うまく市場を出し抜けました。
なので調子に乗って、やはりバリュエーション通り、米国のリターンが悪くなり新興国がよくなるだろう
と、予言者のように断言していました。
世の中には自分とは逆に張って、逆の考えの人もいます。
そういう人は新興国がアウトパフォームしている間は、なんだあいつと思うわけです。
そして米国がアウトパフォームをはじめると、それみたことかと大声で煽りたくなるに決まっているのです。

つまり投資をしているかぎり、あるポジションや手法をとると、その逆のことをやっている人に
常にお前は間違っていると意見表明している状態になるわけです。
必然的に高配当戦略一辺倒の人は無配当銘柄にベットする人を否定する考え方になっています。
それを面白おかしくプロレス化して人気を誇っているのがバフェット太郎さんなわけです。

とはいえ、投資手法はみんな違ってみんないい、という気もありません。
やはりこの手法はよい、すぐれている、と考えてやっている軸があるからです。
どのように接すれば良いのだろうと考えました。

④これから投資にどう接するか

投資スタイルは変えない
投資スタイルは変えないし、今のPFも気に入っているし、今まで通りの戦略を継続するだけです。
長期では政治動向や金利といったものは無視できる。
バリュエーションを学び、5年や10年の期間でみれば、よいリターンが出せるはずだという根本的思想です。
ただ、接し方と気持ちの持ち方については、改善の余地があると思っています。

わざわざ他の手法を否定してディスらないように気を付ける
自分は低CAPEが良いと思う。
レバレッジをかけない、ショートしないのがいいと思う。
これを表明すると、必然的に逆の戦略をよくないと思っていることの表明になりますが
だからと言っていちいち文字にして、高PERはダメだと思うそういう戦略は長期ではうまくいかない
というようなことを意見表明しないようにします。
理由はネットバトルが不毛で無意味だと感じるからです。
たんに、いろいろな考えがあるが、自分は低CAPEの買い持ちがうまくいくと思っている。
これだけでいいはずです。
また、血気盛んな人々のネットバトルも見て見ぬふりをして距離を置けたらと思います。
投資ブログ界隈はこれが好きな人がとても多い。
「お前たちはまた新たな敵を見つけて闘うがいい。俺たちはもう飽きたんだ。」
この言葉がすべてです。
不毛なことをしたくない。
争いの中に飛び込みたくない、意味がないという精神状態はもしかしたらこの旅の影響が少しあるかも。

日々の株価チェックを減らしていきたい
投資についてネットに書く前は、PF自体のチェックは年に数回でした。
チャイナショックのときも落ち着いてナンピンしました。
もし、自分のような戦略をとっていたら毎日の口座の評価額とどう接するべきだろう。
・今のバリュエーションはお買い得なので、買って5~10年まてばリターンが平均をアウトパフォームする可能性が高い。
・今のバリュエーションは高いので、ポジションを落として、また数年後に安くなったら積み立てたい。
・長期的には金利や政治的動向よりも株価に対する利益額がリターンを決める傾向が高い。
このように考えている人間が、毎日、短期的売買を好む人々と一緒に踊る意味はあるでしょうか。
むしろ投資戦略に対して、悪い行動といえる。
見るタイミングは、特定地域が大きく下がる時期さえ見逃さなければいいので、数か月に1回程度でも十分なはず。
また、あそこがあがったよ、さがったよと外野に言われても、無視すればいいはずです。


最近はこんなことを考えていました。
投資に対する態度、距離感の話ですかね。
戦略自体は、考え方が変わっていないのでいつも同じです。
スポンサーサイト
  1. 投資雑談
  2. | コメント:2
<<2018年7月ポートフォリオ | ホーム | 新興国株式をPERではなくCAPEで見るとリーマンショックで別の風景が見える③ ~未来の見える水晶を使って米国・先進国・新興国の今後10年リターンを予言する~>>

コメント

貴方が一番自分と異なるやり方に対して非寛容で攻撃的な振る舞いしてると思いますけどね。
敵を見つけて攻撃してるのいつも貴方じゃないですか。
反撃されて自分に都合が悪くなるといきなり平和主義と被害妄想持ち出すパターン。
自分は他人攻撃しても良い設定ですか?
あ、失礼。貴方ではなく貴方の生き別れた従兄弟さんのツイッターでの話です。
従兄弟さんに被害者ぶってないで他人攻撃するのやめれば貴方の’敵’はいなくなるよと伝えてあげて下さい。


  1. 2018/06/28(木) 16:36:38 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

お前たちはまた新たな敵を見つけて闘うがいい。
俺たちはもう飽きたんだ。


> 貴方が一番自分と異なるやり方に対して非寛容で攻撃的な振る舞いしてると思いますけどね。
> 敵を見つけて攻撃してるのいつも貴方じゃないですか。
> 反撃されて自分に都合が悪くなるといきなり平和主義と被害妄想持ち出すパターン。
> 自分は他人攻撃しても良い設定ですか?
> あ、失礼。貴方ではなく貴方の生き別れた従兄弟さんのツイッターでの話です。
> 従兄弟さんに被害者ぶってないで他人攻撃するのやめれば貴方の’敵’はいなくなるよと伝えてあげて下さい。
  1. 2018/06/28(木) 17:06:31 |
  2. URL |
  3. 靴磨きおじさん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する