FC2ブログ

ETFを使ったグローバルマクロ戦略

グランサムの運営するGMO 4月急落時にロシア株式オーバーウェイトをやめる気なしと発信

4月のロシア市場下落時にグランサムのGMOがレターを出していたのを偶然読んだら内容が好きだったのでメモしときます。

Russia: A Riddle, Wrapped in a Mystery,

Bob Dylan once sang, “Something is happening here, but you don’t know what it is, do you, Mr.
Jones?” That’s what it kind of feels like today. There’s something going on behind the scenes in
Russia –something we’re not privy to.
On the heels of new U.S. sanctions and a chemical weapon attack in Syria,
the Russian market fell 10% on April 9th,
a much larger reaction than expected.

ボブ・ディランがかつて歌ったように
『ミスタージョーンズ、ここで何かが起こっているけど、おまえにはそれが何かわからないだろう?』
それが今感じていることだ。
裏でロシアに何か起こっているが、知る由はない。
シリアでの攻撃と米国からの経済制裁でロシアマーケットが4月9日に10%下落していたのは
想定より大きいものだった。

というような書き出しで4月に起こったロシア株式急落について触れています。

Given the fact that Mr.Oleg Deripaska (who is closely associated with Mr. Paul Manafort)
and the companies he controlswere the primary targets, one might draw a conclusion
that there’s a political dimension to this.

If the intent was to hurt Russia economically,
sanctioning companies such as Gazprom and Sberbank would have had a much more profound impact.


(この制裁が)Oleg Deripaskaという人物と彼の配下の会社がメインターゲットであったなら
政治戦略的な側面が強かったかもしれない。
もし本気でロシア経済そのものを攻撃するつもりならGazpromやSberbankを獲物にすれば
はるかに大きな実質的経済損失を与えることができた、という話。

Our sources in Moscow suggest a similar view.
The new risk is that the White House is now actively
involved with day-to-day Russian policy and everyone is uncertain as to
what Mr. Trump might tweet tomorrow.
In short, we don’t think the U.S. is exercising the “nuclear option”
of trying to tank the Russian economy.
While it will cause pain in certain areas,
we do not think this action will have a profound impact on the Russian economy.

GMOのモスクワ支部も同じ考えで
どうやら米国にとっては対ロシアで『核のオプション』はなく
部分的な痛みを伴う経済攻撃程度がホワイトハウスのやり方だということ。
そしてそれは経済的には軽微な影響力しかない。

As a result, we are quite comfortable with our overweight in Russian equities
in the GMO Emerging Markets Strategy, as these positions continue to be extremely cheap
in our view.

結果としてロシアマーケットはオーバーウェイトの対象としてものすごくよいもので
GMOはロシアがめちゃくちゃお買い得だと思っている。

Within the Russian market, Gazprom fell 8% while Sberbank fell almost 22%.
As the supplier of 30% of Europe’s natural gas, Gazprom is unlikely
to be sanctioned or suffer significant negative effects.
On the other hand, we believe Sberbank’s dramatic fall reflects the fact that
it is the most foreignowned and most liquid Russian stock
(the GDR trades an average of $100 million daily in London alone)
and was hard hit for liquidity, rather than for fundamental reasons.
Only 3% of Sberbank’s assets were exposed to sanctioned companies.
Furthermore, it is Russia’s largest bank, with 20,000 branches and 65% of the country’s deposits.

Gazpromは8%、Sberbankは22%の下落だ。
Gazpromは欧州の天然ガスの30%を供給する企業なので制裁しようがない(悪影響がでかすぎる)
Sberbankの22%下落はファンダではなく、最も海外で流動性が高いロシア銘柄だからだろう。
またSberbankの資産のうち今回の制裁された企業関係のものはわずか3%であり
(Sberbankは)2万店舗をもち、国の預金の65%を預かる銀行だ。

It trades at 5 times current earnings and 1.3 times book value while earning 23% return on equity.
It is one of the largest positions in our portfolio and we are adding to it.

PERが5、PBRが1.3、ROEが23という水準で取引され
GMOの新興国ファンドの最大保有銘柄の一つであり、さらに買い増し中だ。

We’ve always said that you make more money when things
go from truly awful to merely bad than when they go from good to great.
Russia’s relationship with the world is now approaching truly awful.

我々が繰り返し言ってきたこと。
『よきものが素晴らしいものになったときより、最悪の状況から多少マシになった時が稼ぎ時だ』
ロシアの世界との関係は、最悪の状況といえる。


まさにド直球のグローバル型バリュー投資家、それも古き良きスタイルです。
実はテンプルトン先生が天国からこのレターをネット投稿していましたといっても全く違和感がない。
たしかにGMOとグランサムは天才集団とその偉大なリーダーでしょうし
難しい計算や指標を使いこなしているでしょうが
出した結論と、その根本の理由が自分と同じであることがうれしく思いました。
靴磨きおじさんもロシアが最大の投資先の一つであり
GazpromとSberbankは間違いなく最大の投資先です。
もしロシアのインフレが暴走せず、原油がそれなりの水準を維持すれば
根本的に利益創造力を破壊されていないロシアの株価は長期でよい結果をもたらす可能性が高いと思う。
みんなが米国IT企業に夢中でも、だれもいない荒野を平然と歩くのです。
スポンサーサイト
  1. グローバルマクロ戦略に影響する投資家の発言・ポジション
  2. | コメント:0
<<世界各国の時系列CAPEレシオが見られるサイト by 高卒非正規さん | ホーム | 占い師ガンドラックはコモディティ高とドル安を予言>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する