FC2ブログ

記事一覧

新興国株式をPERではなくCAPEで見るとリーマンショックで別の風景が見える①

以前自分は新興国株式指数のPERは下落を予測できないと思っていました。
というのは、次のようなグラフを見たことがあったためです。

em-pe.png

これは新興国株とそのPERです。
2007年の暴落直前のPERは18程度。
それに対して、暴落後は6程度までPERが落ちている。
そして利益率の悪さから、2009年~2010年に一度PERが24くらいまで跳ね上がっていますが別にこのあと暴落しなかったのです…
これをみて自分は、PERとPBRである程度の割安/割高は見えるものの、暴落は予知できなさそうだ、と感じたのです。
ところが・・・

Investing-vs-Flipping_FIGURE-1_OVERLAY.jpg

今度は90年から2015年にかけての米国と新興国のCAPEです。
新興国のCAPEを見てください。
新興国のCAPEは、完全に1個目のグラフの新興国の株式指数のチャートとぴったり重なっていることがわかります。
リーマンショック直前を見てください。
CAPEは37という歴史的高値に到達。
そして暴落後で13程度。

140806-cotw-1037.png

このようにCAPEと指数を重ねるとぴったりと相関するのがよく見えます。
つまり新興国のCAPEは新興国の割安/割高、そして投資タイミングを(少なくとも2000年以降は)正確に占う魔法の鏡として機能したということです。
新興国CAPEは1990年以降の平均値は15と20のあいだにあるようです。
現在16程度は、このグラフからはフェアバリューに見えます。
また、2015年にむけて米国CAPEと新興国CAPEが、歴史上珍しいくらいに、乖離していっているのがわかります。
両地域のCAPEは現在の数字では2倍に近い差があります。
これが新興国をオーバーウェイトする理由です。

一方、ひとつ気がかりなこともあります。
それは米国金利ではありません。
最近一番よくみる個人ブログ『高卒非正規が株式投資でアーリーリタイアを目指す』さんが指摘していることと同じなのですが
もしPERから出す株式益回りを使い
株式益回り-債券利回り
これを株式リスクプレミアムと考えた場合は、新興国のリスクプレミアムが十分確保できていないように見える問題です。

まだ続きますので次回へ・・・
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

靴磨きおじさん

Author:靴磨きおじさん
1984年うまれ
2011年に就職して2013年から投資をはじめる

2013年1月〜2018年9月通算成績
総資産額 33,037,683円
キャッシュ 4,580,307円
リスク資産評価額(IDECO・積立NISAを含む)
 28,457,376円
リスク資産元本 23,184,276円
損益通算(2013年1月~) +5,273,100円

リスク資産運用成績(円建て手数料税金差引後)
2013年 20.7%
2014年 25.5%
2015年 0.2%
2016年 -0.9%
2017年 15.0%
平均年率リターン 12.1%

FC2カウンター

参加ランキング

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ