FC2ブログ

ETFを使ったグローバルマクロ戦略

ロシア株式ETFのリターンが急落に沈んでいるネットの新興国株クラスタの雑魚俺へ送る言葉

さて、みなさん元気だろうか。
自分はロシア株式が暴落して壁殴っちまったこと以外は元気にしています。
実は今この瞬間も家で終わらない仕事をやっており、早々に退職して転職活動したいと思っているのに
日々に振り回されてなあなあになってしまっているこの1か月である...
そういうわけだからこの記事も15分間で書かなくてはならない。

今日はこのような状況にもかかわらず、かならず更新しなくてはという熱い思いがあった。
それはロシア株式が暴落したからだ。

最近調子くれてる投資ブロガーはリーマン級の暴落があった時も絶対に更新止めないでどんな気分か報告しろよな?

上のタイトルをみてくれ。
そう、人を茶化すときはあらかじめ自分のためにも1発詰めたピストルを用意しておいたほうがフェアだという話。
もちろんこんなことを言ったからには、どんな気分か報告するのが投資家たるもの矜持というものだ。
また、今感じていることを書き出すことは、おそらく自分にとって後から役に立つ。

状況としては詳しく把握していないが13%程度急落したようだ。
つまり金融資産全体の13%をERUSで保有している(ETF全体では18%)靴磨きおじさん
金融資産全体の1.7%の評価額が減
ETF全体の2.3%の評価額が減

というダメージを受けたことになる。
靴磨きおじさんのERUSの買値は31.5だが、31.3ドルまで落ちている。
もしかしたら年初来リターンで勝ってきたS&P500にも成績で抜かれてしまったかもしれない。
それも含め考え、感じたこと、現時点での対応を書き出しておこうと思う。




・割のいいギャンブルだと思うものには資産全体の10%までの掛け金におさえるという考えは急落を体験すると正しい。

・とくに為替の動きの激しい新興国では八か国以上に分散する(一か国あたり12.5%に)という萩野社長の教えは正しい。
せめて株式全体の12.5%くらいまでにおさえるべきだろう。

・20銘柄程度への分散というETFは当たり前だが脆い。
本当はETF1つにつき欲しいのは100銘柄、ベストは500銘柄以上への分散だ。
1銘柄の影響力が大きすぎる。

・引き続きの連日のニュースでロシア株式ETFがさらに落ち続けることは全く不思議じゃない。

・元々ETF全体の18%保有していたERUSをETF全体の15%まで引き下げたいと調整していたが
今回急落でわずかに15%を上回る程度まで比率がおちた。
とはいえ現在買値とほぼ同じ値段まで落ちただけなので、比率をこれ以上引き上げはしない。
比率が15%になるように5月前半の時の状況で判断するのみ。(15%を切るなら買い増す)

・自分の精神状態をよく観察すること。
このような局面でどう思うか。ポジションを適切に感じるか。
今ロシア株式に起きていることが株式全体に起こったらどう感じるか。
50%株式全体が落ちたら今のポートフォリオをどう感じるか。
変更したくなるか、買い増しするか。よい機会だからイメージトレーニングしておくこと。
スポンサーサイト
  1. 投資雑談
  2. | コメント:1
<<2018年5月ポートフォリオ | ホーム | 年初来リターンがマイナスに沈んでいるネットの米国株クラスタの雑魚共へ送る言葉>>

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2018/05/12(土) 10:47:55 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する