FC2ブログ

ETFを使った株式投資

GMOとグランサムは引き続き新興国株式に強気 そのことに意味なんてあるんですかね?

あのGMOのグランサムはまだまだ新興国株式に強気だ。
その推奨ポートフォリオは昨年彼の右腕ジェームズ・モンティエが語ったときから変わっていない。
しかし著名投資家はべつに未来予知能力者ではない。
だからなんだといえばそれまでの話。


新興国株に強気、GMOグランサム氏が推奨-自らの子女にも


1月のインタビューでGMOグランサムが語った相場観だ。


・新興国株式には強気で、自らの子女には退職資金の半分以上をこの資産クラスに投資するよう勧めている
・私なら自らのリスクで許容できる最大の額を新興国株式に投資する
・今後10年間にわたり年4.5%の実質リターンを達成できる現実的な投資対象は、新興国株式だけだ
・運用資産740億ドルを抱えるGMOの予測モデルによると、今後7年にわたり新興国株式は他の資産を上回るリターンを生む見通し


ちなみにこの1月の時点でVWOが46~50ドル。
現在46ドル。
2月末のStar capitalによると新興国はCape17、PER15、PBR1.8
STOCK MARKET VALUATION (SHILLER-CAPE, PE...)

まあCAPEが30を超えるアメリカより安いがそれをもってして別に下落しない保証などどこにもない。
ガンドラックの言葉を借りれば
『新興国株はCAPEが米国株(S&P 500)の半分。ただし、両者が収斂するとは限らない。』

【短信】ジェフリー・ガンドラック:真実の瞬間
スポンサーサイト
  1. グローバルマクロ戦略に影響する投資家の発言・ポジション
  2. | コメント:0
<<年初来リターンがマイナスに沈んでいるネットの米国株クラスタの雑魚共へ送る言葉 | ホーム | ながらく放置していたコメント返信を・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する