FC2ブログ

ETFを使った株式投資

リタイア後の生活防衛資金や債券の必要量に対する考え方

リタイア後に必要な生活防衛資金、債券の量について、自分は人と違う考え方をする。
よく「リタイア後はリスクを下げて債券量を40%に」とか、「年齢に合わせて債券を増やして」という説明があるが
自分の発想とことなる。
もしくは「期待リターンを高めるためリタイア後も株式100%で」というのもまた自分の考えと違う。

ファイナンシャルポインターの少し前の記事に
このリタイア後の生活防衛資金、債券の保有量について自分と同じ考えの意見が珍しく載っていたのでここにメモしておこう。

高配当株で失敗しない5箇条


When it comes to any investment, there's always some risk of losses, and the two tips above should make that abundantly clear. And while owning a diversified portfolio of dividend stocks across multiple industries will help reduce that risk, there will be short-term market drops that can drive down the value of your entire portfolio. On average, we get a 20% or greater market correction every five years or so, and a recession every decade that can bring the market down even further, and keep it down longer than the more common "correction."
The big takeaway here is that it's critically important to consider your investing time frame with your portfolio dollars. If you know you'll need to sell some of your stocks to generate enough cash within the next five years or less, you're probably overexposed to stocks. This is just as true for dividend stocks as any other class. The reality is, it's almost impossible to see the next crash before it's too late to get out of the market.
And while your long-term investments can just be left invested and ride out the downturn -- while you keep collecting your dividends -- more short-term needs should be kept in cash or high-quality bonds or bond funds. You won't have the same upside potential with that money, but you also won't see the value of a stock you were planning to sell to pay the bills fall by 30% unexpectedly.

市場の下落を常に回避するのは不可能だ。
そうした状況になった時に、受取配当と手許資金(現預金・債券)で生活できるよう、必要な金額を用意すべき。
株式を取り崩さなくてもいいよう5年分は用意すべきという。



この記事とまったく同意見で、リタイア後は、大きな下落時に株式を売らなくていいように
優良な国債や現金に生活費5年分程度は避けておくべきだ。

自分の考えは記事よりもっと保守的で、過去の傾向から最長6年程度の下落が世界に分散した株式に訪れるとし
最低で生活費7~8年分を、債券や現金、金ETFに分散した生活防衛資金専用のポートフォリオに分けるべきではないかと思っている。
記事も指摘するように、そうすれば株価が30%も暴落しているときに、わざわざ現金に変えて生活費に変えるような失敗もないからだ。
スポンサーサイト
  1. 大事なメモ記事
  2. | コメント:0
<<CAPEとその後10年の各国リターン | ホーム | 悲報 レイダリオ新興国株式ポジション減>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する