FC2ブログ

ETFを使ったグローバルマクロ戦略

VWOよりIEMGに投資妙味

韓国のバリュエーションの割安感が新興国平均から見ても際立ち始めたため、韓国を含むIEMGがVWOに対してバリュエーション的に有利になりはじめました。
今月からはVWOの積み立てを止めてIEMGに積立たいと思います。
理由は韓国が安いと思うから。
期限はVWOとIEMGのバリュエーション差が主観で無視できるほど小さくなるまでです。

もともとはVWOが好きです。
理由は多くなりすぎる極東の経済大国3つ(中国韓国台湾)をなるべく減らして新興国全体の分散をしたい
そしてバンガードの企業構造(経費率引き下げがバンガード社の会社利益とけんかしない)が長期で優れていると考えているからです。


ちなみにVWOとIEMGでどのくらい差があるかというと・・・

IEMGは韓国で16%をしめます。
単純にIEMGは韓国ETFのEWY16%、VWO84%を保有したのと同じようなバリュエーションと仮定しましょう。
YchartsでVWOのバリュエーションが
実績PE 15.5
実績PB 1.82
同サイトでEWYが
PE 10.9
PB 1.12
ですのでVWOとEWYをIEMGみたいな比率で合成すると
PE 14.8
PB 1.71
こうなります。
みてください。
韓国をまぜるとPEで0.7ポイント、PBで0.11ポイントも安くなりました。
これは大きい。
ぼくは難しい理屈云々ぬきにして、最終的には長期リターンを決めるのは利益に対していくらの株価を払ってるか、つまりPEだと思ってます。
シーゲル教授の先日の言葉を借りるとこうです。


私は半世紀以上も市場を見続けてきた。
だから市場に最も重要な影響を与える幅広い要因からノイズを切り離すことができるんだ。

市場が最も重視するのは企業収益と配当だ。
その他の多くは短期的なノイズにすぎない。
インフレやFRBの動向などは見なければいけないが、私の長年の経験で言えば、それら短期的な話に過度な反応をすべきでない


ジェレミー・シーゲル教授:ノイズを切り離せ

シーゲル教授の場合はみなさんしってるように配当の高さも大事にしていますがとくに企業収益に対する株価をとても大事だと思ってます。
韓国はそこがいい。
いまのEPSがとくべつに伸びすぎているんじゃないか?
いやいや韓国のPEはシーゲルの使うCAPEで見てもリーズナブルです。

もし新興国が大崩れして先進国が良いリターンを長期に出すシナリオでも
最低限それを拾える程度に新興国オーバーウェイトを継続する予定です。
具体的には新興国:先進国=55:45くらいを目標に積み立てます。
ロシアは現状のETF内で20%からゆっくり15か、もっと下げて12%くらいまで下げていく予定です。
もちろん売りはしない。他を買って調整します。
標準偏差のめちゃくちゃ高い国ですから、サテライトでの投資といっても比率をもう少し下げて落ち着きたいという感覚です。
この5年間自分の成績を押し下げたのは間違いなく銘柄の売却だった。

今月は入金が多かったのでIEMG、VOO、IJRを計110万円分積み立てます。
スポンサーサイト
  1. 投資雑談
  2. | コメント:2
<<2017年12月ポートフォリオ (祝アッパーマス層到達) | ホーム | 株式100%戦略にとっても突然数千万円以上の巨大な入金があった場合はレイダリオ型オールシーズン戦略が役にたつかもしれない>>

コメント

韓国は時価総額の上位を占めるサムスン電子とSK-hynixが割安なのが大きいです。

サムスン電子:PER9.81倍
SK-hynix:PER:5.94倍

この2社で3割近い構成になります。

特にSK-hynixは年初来で+70%となっているのですが、
それでもPER:5.94倍です。

予想PERベースだと更に安いと思います。
同業他社のマイクロンテクノロジーの実績PERが10倍程度、予想PERが6倍程度なので。
  1. 2017/12/08(金) 11:28:02 |
  2. URL |
  3. たけぼう #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

たけぼうさん

コメントありがとうございます。
韓国良いですね。
CAPE(10年平均利益を使うPE)で見ても実績PEほど低くはないですが十分低いので
不景気時の減益を考慮してもなお韓国リーズナブルだと思います。
韓国の産業の強さについてはたけぼうさんのブログとても勉強になり面白いです。

関係ないはなしですがあまりにもブログで所属をさらしすぎるとあれなので注意したほうがいいかも。
もちろん米国ブログ関係はそういうしょうもない人はいない印象ですが
ネットは広いし、あと会社の人の目について身バレすると嫌な思いするかも。まあ余計なおせっかいですが。



> 韓国は時価総額の上位を占めるサムスン電子とSK-hynixが割安なのが大きいです。
>
> サムスン電子:PER9.81倍
> SK-hynix:PER:5.94倍
>
> この2社で3割近い構成になります。
>
> 特にSK-hynixは年初来で+70%となっているのですが、
> それでもPER:5.94倍です。
>
> 予想PERベースだと更に安いと思います。
> 同業他社のマイクロンテクノロジーの実績PERが10倍程度、予想PERが6倍程度なので。
  1. 2017/12/08(金) 15:54:59 |
  2. URL |
  3. iシェアーズMSCIロシア・キャップトETF太郎 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する