FC2ブログ

ETFを使った株式投資

韓国に投資すべきではないというコメントをいただいたので、それに対する捻くれた投資家の返答

猫父さんという方から以下のような興味深いコメントをいただきました。
これに対するコメントが、一般的な個人投資家と自分でかなり違うと自覚しているので
おそらく猫父さんも興味深く読めると思うので回答したいと思います。


こんばんは。
最近ブログ拝見して面白く読ませていただいます。

アジア太平洋を検討されてるとのことでしたので、株式は初心者でひよっこですが、国際政治情勢の観点から少し考えるところがありましたので意見を失礼します。

というのも北朝鮮を引き金に紛争に発展する可能性が否定できない状況だと思いますので、韓国は避けた方が良いような気がしています。もし平和裏に南北統合されるようなことがあれば別かもしれませんが…。
有事の際に東南アジアの経済はどうなるのか?日本が当事国になった場合は?大戦の可能性もある?と、もちろん可能性の低いたらればの話ですがなにせ隣国が弾薬庫のため、そこになけなしの資産を投じることにはリスクを感じています。

一方でプーチン大統領にとってはロシアの悲願たる経済復興こそが国家の安全保障になる1番の眼目ですし、それに協力できる数少ない国日本のトップが安倍総理の今こそ日露が協力した未来を開ける可能性があること、米トランプ大統領が親露かつナショナリストと、プーチンのロシアにとり奇跡的な好環境のように思えます。政治的に下げられた原油価格も底の可能性もあります。
こちらのブログを拝見するまでロシアに投資する概念自体がなかったのですが、改めて考えるとロシアに掛ける価値はあるのではないかと感じていますので、ポートフォリオに5%~15%ほど入れようか思案中です。


まずはいつも読んでくださってありがとうございます。
かなりひねくれており投資先を決める判断が一般的なETFや米国株投資ブログとずれているのを感じているかもしれません。
そういう脳みその自分が猫父さんと韓国投資について議論するときどういうポイントを見ているのか考えを書きたいと思います。

>北朝鮮を引き金に紛争に発展する可能性が否定できない状況だと思いますので、
>韓国は避けた方が良いような気がしています。
>もし平和裏に南北統合されるようなことがあれば別かもしれませんが…。
>有事の際に東南アジアの経済はどうなるのか?
>日本が当事国になった場合は?大戦の可能性もある?
>と、もちろん可能性の低いたらればの話ですがなにせ隣国が弾薬庫のため、

まず第1の問題として、根本的に、戦争当事国になった場合、株価は下がりますでしょうか?
ぼくは過去のデータを見る限り、たぶん一時的に大きく変動しますがさがらないと思います。
下がるとしたら国が物質的人的損失を受けてがたがたに破壊されるときです。
しかし北朝鮮と韓国が戦争当事国になった場合、当然民主主義陣営の米国+韓国側による制圧かと思います。
韓国は儲かると思います。

つぎに、現在の韓国のバリュエーションについてです。
PBR、PER、CAPEともにリーズナブル(妥当)な値段をつけておりこれは現在の世界的株高の中で珍しい。
ぼくなどは本来構成で韓国を含まず地域分散が効いたVWOのほうが、韓国を含み東アジア投資に集中してしまっているIEMGより好きですが、韓国がバリュエーションを引き下げるので今ならIEMGのほうが欲しいかもしれないと思っているくらいです。
もし韓国が安い原因が戦争の不安を盛り込んだものだとしたら、戦争が韓国の利益率を押し下げないと思うのでお買い得でしょう。

>そこになけなしの資産を投じることにはリスクを感じています。

韓国の株式がとくに安定しているという印象はないので分散の一環として、よほど自信のあるひとでも全資産の10~15%の資金割り振りが正しいと思います。

>一方でプーチン大統領にとってはロシアの悲願たる経済復興こそが国家の安全保障になる1番の眼目ですし、
>それに協力できる数少ない国日本のトップが安倍総理の今こそ日露が協力した未来を開ける可能性があること、
>米トランプ大統領が親露かつナショナリストと、プーチンのロシアにとり奇跡的な好環境のように思えます。
>政治的に下げられた原油価格も底の可能性もあります。
>こちらのブログを拝見するまでロシアに投資する概念自体がなかったのですが、
>改めて考えるとロシアに掛ける価値はあるのではないかと感じていますので、
>ポートフォリオに5%~15%ほど入れようか思案中です。

ロシアは最も価格変動リスクが大きい市場の一つと言われており、個別に投入しても10%以下がよいかと思います。
自分は14パーセント資金投入しましたがすこし入れすぎましたね・・・
猫父さんと違って、自分はプーチンや韓国大統領や安倍総理や、全くニュース見ずに、政治情勢もぜんぜんわかりません・・・
当然しっていたほうが投資に有利と思いますが自分はあまり知りません。
まず第1にバリュエーション、ロシアに関しては次に石油価格の公的機関の今後長期予想、次が人口増加率やGDPの改善、インフレ改善、そういったことは観察しています。
それぞれ見方はあると思うのですが、自分の考えで、この国の株価は稼ぎ出す利益に対して安く評価されていると思えば投資すればいいかと思います。
スポンサーサイト
  1. 未分類
  2. | コメント:4
<<レイダリオのオールシーズンポートフォリオが強すぎる 読んでるとポートフォリオ組み替えたくなってしまう | ホーム | シーゲル教授が新興国株式オーバーウェイトを白状 シーゲル教授大好き高配当個別株選好新興国不要おじさん達涙目逃走www>>

コメント

朝鮮戦争が勃発した時、韓国ETFは暴落するでしょうね。
現地通貨建ての株価はそれほど落ちて無くても、ウォン安の影響を受けるためです。
現在、1ドル=1085ウォンですが、リーマンショックの時は1ドル=1500ウォン程度になりました。

でも、戦争が終われば逆に仕込み時だと思います。

サムスン電子が簡単に潰れるとは思えないし、
むしろ、空前のウォン安でぼろ儲けだと思います。
  1. 2017/12/04(月) 15:19:45 |
  2. URL |
  3. たけぼう #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

たけぼうさん

いつもコメントありがとうございます。
こないだは基〇外コメントすみませんでした。以後自重します。
戦争したら株価は暴落しますか?
ぼくは詳しくありませんが、暴落するなら最高の買い場ですね。

為替について面白いのは、為替そのものがバリュエーション判断のPER等に現れないところです。
意味合いとしては、たとえばPERだと分子の利益と分母の時価総額が
為替でドルから見て2倍高くなったらそれぞれ2倍に、半分なら半分になるので影響受けませんね。
それによるPER等では見えない買い場があるのではないかと思っています。
(ぼくは馬鹿なのでこういうことを考えると混乱するのですが・・・)

たとえば我々円で買うものから見たとき・・・
米国株がPER20とする。
しかし短期的に超円高になり1ドル50円になったとする。
適正価格で1ドルが100円だと仮定すると、円の購買力が2倍になるので
米国株を1ドル100円の時にPER10で買った人間並みにお買い得な買い物をしたことになります。
もし戦争で為替が大きく動くならそういうバーゲンセールのチャンスがあるかもしれません。


> 朝鮮戦争が勃発した時、韓国ETFは暴落するでしょうね。
> 現地通貨建ての株価はそれほど落ちて無くても、ウォン安の影響を受けるためです。
> 現在、1ドル=1085ウォンですが、リーマンショックの時は1ドル=1500ウォン程度になりました。
>
> でも、戦争が終われば逆に仕込み時だと思います。
>
> サムスン電子が簡単に潰れるとは思えないし、
> むしろ、空前のウォン安でぼろ儲けだと思います。
  1. 2017/12/06(水) 22:34:53 |
  2. URL |
  3. iシェアーズMSCIロシア・キャップトETF太郎 #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは。
記事にして返信いただきありがとうざいました。興味深く読ませていただきました。
(仕事が忙しくお礼が遅れてしまいまいました)

>まず第1の問題として、根本的に、戦争当事国になった場合、株価は下がりますでしょうか?
>ぼくは過去のデータを見る限り、たぶん一時的に大きく変動しますがさがらないと思います。
>下がるとしたら国が物質的人的損失を受けてがたがたに破壊されるときです。
>しかし北朝鮮と韓国が戦争当事国になった場合、当然民主主義陣営の米国+韓国側による制圧かと思います。
>韓国は儲かると思います。

ご指摘のとおり、日本と米国の過去の戦争と株価の推移をみたときに、一時的に下げても中期的には回復していますので、戦争=暴落ではないと思います。
ただ一瞬でソウルが火の海になる可能性もありますので、あえてそこに投資しようという気にはちょっと、という気持ちになっています。

ただ有事が起こる可能性は低いとされていますし、韓国経済は脆弱と言われていますがグローバル資本に取り込まれていますので、グローバル資本が韓国経済を守りたい動機もありそうな気もします。

リスクが顕在化しない方にかけるならば、確かにリーズナブルでお買い得なのかもしれませんね。

>ロシアは最も価格変動リスクが大きい市場の一つと言われており、個別に投入しても10%以下がよいかと思います。
>自分は14パーセント資金投入しましたがすこし入れすぎましたね・・・
猫父さんと違って、自分はプーチンや韓国大統領や安倍総理や、全くニュース見ずに、政治情勢もぜんぜんわかりません・・・
>当然しっていたほうが投資に有利と思いますが自分はあまり知りません。
>まず第1にバリュエーション、ロシアに関しては次に石油価格の公的機関の今後長期予想、次が人口増加率やGDPの改善、インフレ改善、そういったことは観察しています。
>それぞれ見方はあると思うのですが、自分の考えで、この国の株価は稼ぎ出す利益に対して安く評価されていると思えば投資すればいいかと思います。

その後ロシアへの投資額を考えたのですが、自分のストレス耐性としてのリスク許容度を想像したときに、150万までかなと思いました。

これから5年ほどでリスク資産に3000万以上を投じていく予定ですので5%以下くらいにあたります。
ブログ主さんはその頃には8000万を達成されているのかもしれませんね。
私は20年後に金融資産5000万を到達できれていれば万々歳です。
  1. 2017/12/16(土) 19:49:04 |
  2. URL |
  3. 猫父 #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

猫父さん

コメントありがとうございます

>ご指摘のとおり、日本と米国の過去の戦争と株価の推移をみたときに、一時的に下げても中期的には回復していますので、戦争=暴落ではないと思います。
ただ一瞬でソウルが火の海になる可能性もありますので、あえてそこに投資しようという気にはちょっと、という気持ちになっています。
>ただ有事が起こる可能性は低いとされていますし、韓国経済は脆弱と言われていますがグローバル資本に取り込まれていますので、グローバル資本が韓国経済を守りたい動機もありそうな気もします。
>リスクが顕在化しない方にかけるならば、確かにリーズナブルでお買い得なのかもしれませんね。

一つの考え方として
それぞれのシナリオの起こる可能性と、その場合のリターンを想定するのはどうでしょうか。
たとえそんなことは到底無理だといわれても
ぼくはそんなに悪いことじゃないと思います。(というか大事だと思います)
例を書きます(数字はあてずっぽうです)

シナリオ1:ソウルが核を落とされ火の海になる確率10% 今後3年の株式リターン-80%
シナリオ2:北朝鮮と米国が戦争するがソウルは無害で米国が勝ち韓国のPEが適正の15に戻る確率40% 今後3年の株式リターン+50%
シナリオ3:戦争が起こらず不安をかかえた韓国株式のPEが3年間11程度で据え置かれる確率50% 今後3年の株式リターン+30%

この場合、期待値は3年間で+27%となり、それなら資金の一部を投資しようか、となります。
米国のバリュー投資家がよく使う手法ですが、高レベルの投資家ほど各シナリオの起こる可能性とその際のリターンの精度が上がるため、現実に即した予測になるかと思います。




>その後ロシアへの投資額を考えたのですが、自分のストレス耐性としてのリスク許容度を想像したときに、150万までかなと思いました。
>これから5年ほどでリスク資産に3000万以上を投じていく予定ですので5%以下くらいにあたります。
ブログ主さんはその頃には8000万を達成されているのかもしれませんね。
私は20年後に金融資産5000万を到達できれていれば万々歳です。

3000万円の資金をもち、そのうち150万円なら良い線かと思います。
ロシアは80%の下落もまったくありえる国で、そのときに平気でナンピンできるほどの少額の投資が適切かと思います。
ピクテ萩野社長は、新興国の1国あたり投資額は新興国全体の12.5%が適切(少なくとも8国には分散する)を指摘していました。
そのあたり念頭に置いたほうがよいかと。

自分は今はよい入金が維持できる環境にいますが
転勤や失職転職のリスクも大きくかかえています。
遅くともなんとしても10年以内に8000万円ためてリタイアという目標がありますが
一般的なリターンを得ても、月最低24万円ペースで入金しなくてはならないようで
10年維持可能かと考えると難しいですね。
おたがい積立がんばりましょう。
  1. 2017/12/20(水) 17:15:57 |
  2. URL |
  3. iシェアーズMSCIロシア・キャップトETF太郎 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する