FC2ブログ

ETFを使った株式投資

『リターンの97%は配当が貢献しておりキャピタルゲインは3%しか寄与していない』とかいうシーゲル教授のクソ印象操作の嘘

ぼくは前々からシーゲルのあの文面をひっぱりだして
「キャピタルゲインは投資のリターンの3%しか貢献していない」とか言ってる人々の頭に豆腐ぶつけてやろうかなと思っていたのですが
自分で電卓叩いて確認するの面倒なので今まで記事にはしませんでした
(究極投資の世界では自分さえ理解できてれば他人がどうなってても関係ないしね)
ところがシーゲル二郎さんが丁寧にそれに触れた記事を書いており
意味のわかってないバカ曲解している人は一回読んでおくことをおすすめします
シーゲルの「配当がリターンの97%」は変な計算をしているので
この奇っ怪な計算方法で配当と値上がり入れ換えて計算したら「キャピタルゲインがリターンの99.6%」です。
まったくそのとおり。
あたりまえのことをあたりまえにわかっていないひとおおすぎるのどうなのよ。
というかシーゲル教授なんでこんな印象操作みたいなクソ文を本に入れたんだ。

3%キャピタルゲインの嘘
スポンサーサイト
  1. 投資雑談
  2. | コメント:6
<<2017年11月 短期投資方針 rev1 | ホーム | 投資ブログはバリュエーション判断の曲がり屋として有効 『最悪の考え方とは、この資産はこれまで良いパフォーマンスを上げているからこの資産はこれからも良い投資なのだ、と考えることだ。価格がこれまで上がったというのは多分、より割高になったということだ。』>>

コメント

始めまして、シーゲル二郎です。
紹介していただきありがとうございます。
あまりに単純なことを誰も指摘しないので、とんでもない勘違いをしているのかなと思っていましたが、同意見の方がいてホッとしました。
近いうちに再度同じような内容の記事を投稿しようと思うのですが、その際にこのブログを紹介させてもらってもいいでしょうか?
靴磨きおじさん時代から大変参考にしていたので、よく読んでいるブログとしてみんなに伝えたいと思っています。
私自身もですが、米国株集中投資派の人が増えているので、あえて「新興国に投資したくなるブログ」といった形で紹介したくなりました。
ご迷惑でなければ、どうかよろしくお願いします。
  1. 2017/11/27(月) 19:44:11 |
  2. URL |
  3. シーゲル二郎 #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

シーゲル二郎さん

はじめまして。
わざわざ丁寧なコメントありがとうございます。
ぼくは投資に関しては自分の好きな「趣味」と思ってますので
正しいことは正しい!おかしいことはおかしい!自分の意見をはっきり言えるようにしたいと思っています。(たとえ優しいお言葉のコメントいただけた方でも・・・)
議論でみんなとブラッシュアップすることと、人格やネットいじめのようなことは全く別の問題だと思っていまして・・・
うまく伝わるかわかりませんが・・・

シーゲル二郎のようなしっかりまとめられたブログでない
書きなぐりブログなのでお恥ずかしいですが、もし記事で触れていただけるならとても光栄です。
また参考にしていただいたこともあるということで驚きですが、これからもぼくもシーゲル二郎さんのブログで勉強させてもらうので切磋琢磨しましょう。


> 始めまして、シーゲル二郎です。
> 紹介していただきありがとうございます。
> あまりに単純なことを誰も指摘しないので、とんでもない勘違いをしているのかなと思っていましたが、同意見の方がいてホッとしました。
> 近いうちに再度同じような内容の記事を投稿しようと思うのですが、その際にこのブログを紹介させてもらってもいいでしょうか?
> 靴磨きおじさん時代から大変参考にしていたので、よく読んでいるブログとしてみんなに伝えたいと思っています。
> 私自身もですが、米国株集中投資派の人が増えているので、あえて「新興国に投資したくなるブログ」といった形で紹介したくなりました。
> ご迷惑でなければ、どうかよろしくお願いします。
  1. 2017/11/27(月) 22:02:03 |
  2. URL |
  3. iシェアーズMSCIロシア・キャップトETF太郎 #-
  4. [ 編集 ]

私もいじめではなく議論でブログ界を盛り上げていければいいなと思っています。
私とiシェアーズMSCIロシア・キャップトETF太郎氏のポートフォリオは全く違いますが、投資についての考え方で共感できる部分がたくさんありました。
特に「投資ブログはバリエーションは曲がり屋」というのは、核心をついた素晴らしい警告だと思います。
人間が感情で動く以上、バリュー株投資は今後も有効だと思うし、シーゲル流投資も長期ではきっと報われると思います。

紹介記事についてご了承ありがとうございます。
明日か明後日あたりに記事を投稿しようと思っています。もし内容に問題がありましたらご指摘ください。
  1. 2017/11/28(火) 13:25:11 |
  2. URL |
  3. シーゲル二郎 #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

「投資ブログはバリエーションは曲がり屋」は、性格の悪い発言ですが
そもそもみんなが買って話題にしているのものが割高になってそうじゃないものが割安になるので当然のことかもしれません。
今後どこかで米国株がメタクソに下げてみんなが「これからは中国の時代だ米国は終わった」と言い出した時が一番米国を買うべき時かもしれません。

> 人間が感情で動く以上、バリュー株投資は今後も有効だと思うし、シーゲル流投資も長期ではきっと報われると思います。

以前どこかで面白いブログ記事を読みました。
高配当、セクター戦略共に、たんなるスクリーニング方法を変えたバリュー戦略かもしれないという話です。
ぼくはありえるなと思いました。
シーゲル教授の根底にある考えは「期待を上回るリターンを長期であげる企業がアウトパフォームする」です。
期待とは企業利益に対する株価つまりPERです。
シーゲル教授の推奨するリターン補完戦略は
高配当
グローバル
セクター
バリュー
です。
このうちグローバルだけ性質が違って、相関関数を下げることでリターン/リスク比が改善するという現代ポートフォリオ理論の考えが前提です
高配当はオヒギンズ本人も認めていますが、一種の割安株スクリーニングの性格をもっています
セクターが割安株スクリーニングとして機能したのではないかと疑っています
(つまり過去生活必需品、エネルギー、ヘルスケアが利益率に対して不当に低い期待をされて低価格に抑えられていた)
シーゲルのIBMとスタンダード石油の比較もそれを裏付けていませんか?

ながながすみませんがシーゲルについて自分が思うことです。
  1. 2017/11/28(火) 13:43:47 |
  2. URL |
  3. iシェアーズMSCIロシア・キャップトETF太郎 #-
  4. [ 編集 ]

高配当=バリュー戦略という考えは全く同感で、つい先日記事を書いています(笑)
配当金再投資とかよりも、高配当戦略の最大の強みはそこだと思ってます。
私は一応シーゲル派ですが、セクター戦略については懐疑的です。
ヘルスケアや情報技術は過去高いリターンをもたらしていますが、配当利回りやシェア成長率を考えると、シーゲル教授のいう「成長の罠」から大分外れます。
シーゲル流投資はかなり理論的だと思われていますが、結局のところ「人は悪材料に過剰反応する」という人間の性格を活用したアノマリーにすぎないと思っています。

既に読んでいただいたようですが、本日朝私のブログで紹介させてもらいました。こちらこそありがとうございました。
これほど素晴らしいブログが100位にいるのはもったいないと思いますので、今後とも読者として応援させていただきます。
  1. 2017/11/29(水) 12:34:49 |
  2. URL |
  3. シーゲル二郎 #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

セクター戦略は・・・
どうなるのでしょうね。
だからこそシーゲル教授も各リターン補完戦略に15%程度しかわりふらず、どれかはあたるだろうというやり方をしているようにみえます。(一種のコア:サテライト戦略ですね)
悪材料に過剰反応する、良材料にも過剰反応する、それぞれで人々がポジションの取り方を''行き過ぎる''特性を利用するのはたしかに投資の一番大事な本質のかも・・・
バフェットやテンプルトンもそれを常に強調していますね。みんなが逃げたときに買えと。

ブログランキング100位くらいでこれからも頑張りますw
ブログランキング100位なのに人よりリターン成績も資産額も優れてたらかっこいいじゃないですかw


> 高配当=バリュー戦略という考えは全く同感で、つい先日記事を書いています(笑)
> 配当金再投資とかよりも、高配当戦略の最大の強みはそこだと思ってます。
> 私は一応シーゲル派ですが、セクター戦略については懐疑的です。
> ヘルスケアや情報技術は過去高いリターンをもたらしていますが、配当利回りやシェア成長率を考えると、シーゲル教授のいう「成長の罠」から大分外れます。
> シーゲル流投資はかなり理論的だと思われていますが、結局のところ「人は悪材料に過剰反応する」という人間の性格を活用したアノマリーにすぎないと思っています。
>
> 既に読んでいただいたようですが、本日朝私のブログで紹介させてもらいました。こちらこそありがとうございました。
> これほど素晴らしいブログが100位にいるのはもったいないと思いますので、今後とも読者として応援させていただきます。
  1. 2017/11/29(水) 15:03:07 |
  2. URL |
  3. iシェアーズMSCIロシア・キャップトETF太郎 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する