iシェアーズMSCIロシア・キャップトETF太郎のETF投資

夏以降のETFはほとんどバリュエーションで説明がつくが米国小型株の上昇だけはよくわからない

自分の保有ETFの夏以降の成績を順番にならべます。

ERUS ロシア (大きくオーバーウェイト)
VWO 新興国 (オーバーウェイト)
IJR 米国小型 (アンダーウェイト)
VPL アジア太平洋 (中立)
VOO 米国大型 (アンダーウェイト)
VGK ヨーロッパ (中立)

自分のオーバーウェイト・アンダーウェイト判断は、ほとんどバリュエーション指標に従っていますので
夏以降はほとんど完全に割安なほどリターンが良い、健全な、想定しやすい市場だったといえます。

投資情報サイトなどみるかぎりこの新興国および日本周辺国の値上がりは、海外投資家のあいだに、高い米国から安い新興国や日本周辺への資金移動が起こっているのだとか。
すると海外勢はとてもまっとうにバリュエーション指標通りに資金を動かしている現状です。
逆に日本の米国株ブログ界隈は高くなっていく米国にさらに比重を高めている傾向が見えますから皮肉な話です。
日本の株式市場を一番信じていないのが日本人という状況ですね。

とくにロシアは強い。
購入時に29ドルだったERUSはすでに34.6ドルで、夏からすでに19パーセントの上昇を演じました。
それでもPER7~8とまだ世界最安です。
途中34ドル弱の時に大量に買い増ししてしまったので、現在取得平均単価が31.5ドルにまであがってしまいましたが
それでも夏以降最高のリターンを見せています。
米国市場で個別銘柄単位だと現在バリュー戦略が機能しておらずみんな首をかしげている状態ですが
国別・地域別戦略では完全に合理的に機能しています。

唯一説明がつかないのは米国小型株IJRです。
かなり良いリターンですがバリュエーションでは説明がつきません。
米国小型株は米国大型株よりさらに割高です。
一部の情報サイトは、小型株は法人税の減税の恩恵を受けやすいためと説明しています。

VPLは日本が過半数をしめ、時点で大きなウェイトをしめるのはオーストラリアです。
オーストラリアはPERもCAPEも17と、非常にリーズナブル(安いではなく説明可能な値段)で売っています。
オーストラリアは今合理的な投資先だと思います。
日本はPERでは16と十分安いがCAPEでは27と異常に高い。
これはこの10年間、日本の企業の収益率が悪かったということですが
今の日本企業の収益率が持続可能な実力を日本が持ち合わせているなら日本はリーズナブルです。
今の収益率が一時的なもので、過去10年のほうがほんとうの実力だというのなら日本は高い、という難しい位置にいます。

米国大型株VOOとヨーロッパVGKは夏以降、高いバリュエーションの通りの低いリターンをみせました。
それでもぼくはアンダーウェイトして一定量を持ちます。
説明できない上昇や自分が理解していない要因による上昇を逃さないためです。

地域として全体的に安いのは引き続き新興国でしょう。
国としてはロシアがいまだに最も安い。
ついでチェコ、ポルトガル、ハンガリー、韓国、トルコ、シンガポールあたりもそれなりに安い。
高いのは米国とヨーロッパです。
スポンサーサイト
  1. 株式投資に関する疑問
  2. | コメント:4
<<2017年11月 短期投資方針 | ホーム | 2030年までに1億ためてリタイアブログでしたが目標を変更します ターゲットは2023年~2025年末と大幅短縮>>

コメント

いつもお世話になっております。たけぼうです。

ロシアは強いですね。原油価格も60ドルが見えてきましたし。
かなりいい感じですね。

小型株は税制改革の恩恵をより多く受けるため、期待感での買いと空売りの踏み上げ。
と言われていますが、実際のところどうなんでしょうね。
  1. 2017/11/13(月) 15:30:18 |
  2. URL |
  3. たけぼう #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

たけぼうさんのコメントの仕事のメール感つらいw

ロシア株めちゃくちゃあがってると思ったら
8~10月の3か月間のロシア株ETFの上昇は主要ETF中3位だったそうです
これは...ダーツ投げをあてましたね~


> いつもお世話になっております。たけぼうです。
>
> ロシアは強いですね。原油価格も60ドルが見えてきましたし。
> かなりいい感じですね。
>
> 小型株は税制改革の恩恵をより多く受けるため、期待感での買いと空売りの踏み上げ。
> と言われていますが、実際のところどうなんでしょうね。
  1. 2017/11/13(月) 17:58:03 |
  2. URL |
  3. iシェアーズMSCIロシア・キャップトETF太郎 #-
  4. [ 編集 ]

すんませんwww
最初の挨拶をなんて書けば良いかわかんないんですwww

うぃっす!とかでも良いですかねw(冗談ですよw)

ロシアETF、そんなに上がってたんですか・・・。

いえいえ、ダーツ投げではなくて実力ですよ。
割安に仕込んで、価格が訂正されてきた。
それだけです。

(僕の場合はグローバル・マクロ・リサーチさんの事を信じて買っただけなので、実力ではないですが)
  1. 2017/11/13(月) 19:55:33 |
  2. URL |
  3. たけぼう #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

フランクリンテンプルトンETFが米国本国にて
新興国主要国も含めて国別の経費率0.09~0.2のETFシリーズを出したようです。
正直くそうらやましいですね。

> すんませんwww
> 最初の挨拶をなんて書けば良いかわかんないんですwww
>
> うぃっす!とかでも良いですかねw(冗談ですよw)
>
> ロシアETF、そんなに上がってたんですか・・・。
>
> いえいえ、ダーツ投げではなくて実力ですよ。
> 割安に仕込んで、価格が訂正されてきた。
> それだけです。
>
> (僕の場合はグローバル・マクロ・リサーチさんの事を信じて買っただけなので、実力ではないですが)
  1. 2017/11/14(火) 16:13:52 |
  2. URL |
  3. iシェアーズMSCIロシア・キャップトETF太郎 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する