ETFを使ったグローバルマクロ戦略

リタイアターゲットは2024年中旬~2027年中旬 8000万円に下方修正

ぼくは仕事で嫌なことがあるたびにアーリーリタイアする妄想をはじめる終わってる人感あふれる癖があります。
最近いつものようにその妄想をしているときにふと思い立って目標を変えることにしました。


改正前→2030年までに1億円をためて完全リタイアする
改正後→2024年~2027年中旬までに8000万円ためてそれ以降は好きに生きる


実際日本や米国のリタイア体験談でも
5000万円、50万ドルでリタイアしてそこから資産を増やす人は、才能か、良い相場の時期に恵まれています。
しかし8000万円、70万ドルとなるとごく普通の相場環境(50パーセントの大暴落みたいなことが起こらない)状況で
ほぼ生活が持続可能なリターンが出せることから、リタイアに安定感があるという人もいます。

8000万円の目標となると一気に身近になりました。
現在ざっと資産を見たところ口座に2870万円ほどあります。
(今年は利益が出すぎましたね。毎月確認するたびに利益額が過去最高です)
そして手元に現金で30万円あります。
給料や特別収入を合わせてあと2か月で150~200万円収入があると思います。
とすると株式が停滞しても3000万円程度で今年度を終えます。

今後の退職までの期間は6.5年~9.5年の3パターンを想定しています。

①2024年中旬に退職
2017年末資産が3000万円
その後、今の口座を継続して使え、資産に対して5パーセントのリターンを出し続ける。
仕事は変えず、年の入金は550万円とする。
この場合6.5年で8000万円に到達する。

②2027年中旬に退職(プラン1)
2017年末資産が3000万円
2018年末から今の証券口座を全く使えなくなり解約、現金積立のみとなる。
リターン0で毎年550万円ずつキャッシュを積み立てる。
仕事は変えず、年の入金は550万円とする。
この場合9.5年で8000万円に到達する。

③2027年中旬に退職
2017年末資産が3000万円
早い段階で今の部署を首になる。
その場合、証券口座の使用制限は気にしなくてよくなり、投資に対する期待リターンは年5パーセントになる。
会社は変えず仕事は転勤で変わり、年収550万円、手取り440万円ほど(家賃補助含まず)、生活費は12万円+家賃(補助あり)で170万円とする。
年間積立入金270万円とする。
この場合9.5年で8000万円に到達する。


①~③はこのうちどのルートになるかわかりませんが
どれになっても6.5~9.5年で退職を確実にゲットできるのが良い点です。
スポンサーサイト
  1. アーリーリタイア
  2. | コメント:0
<<夏以降のETFはほとんどバリュエーションで説明がつくが米国小型株の上昇だけはよくわからない | ホーム | ノーベル賞のセイラー教授『Why Not 100% Equities?』>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する