iシェアーズMSCIロシア・キャップトETF太郎のETF投資

米国のボラティリティが低く、高リターンを持続することは不可能であると思う

リーマンショックの底からの米国株チャートの上昇を見たことがありますか?
まるで超高利回りの債券のごとく、ほとんど調整らしいものも見せずにハイペースで上昇し続けています。
近年はとくにそうです。
このことはよく指摘されています。
ボラティリティが低いと言われています。
ボラティリティが低いとは標準偏差の値が小さいということです。
これは持続可能だと思いますか?
ぼくは不可能だと思います。

Sin título

なぜ不可能だと思うか。
シーゲル教授の「株式投資」だったか、「株式投資の未来」だったか、推薦者の人がこんなことを書いていたと記憶しています。
「株式は債券に対するボラティリティがリスクプレミアムとして追加されなければならず、そうでなければ持続不可能だ」
この考え方はぼくは大事だと思っています。
リスクが高いとリターンが大きいのではありません。
ぼくの考えですと、リスクが大きいので、リターンが相応に高いレベルまで価格が調整しているのです。

つまりあるところの標準偏差20で年利益の30倍で売っている金融商品があります。
またここには標準偏差5で年利益の30倍で売っている商品もあるとします。
すると前者を選ぶことは合理的ではなくなる。
よって前者は価格のブレを許容すると参加者が思う水準まで値下がりする。
さて前者が半額になったとしましょう。
年利益の15倍で売られ、標準偏差20で売られるため、後者のリターンが3.3%程度期待されるのに対して
前者のリターンは6.6%期待できます。
これが株式市場の正体だと思っています。

話を戻しましょう。
もし米国が安定して上昇を続けボラティリティが小さい性質を身に着けてしまった場合
リスクプレミアムが消滅しリターンは減るはずです。
もしくは今が偶然のときであり、あるとき突然過激なボラティリティが復活し、市場参加者をめちゃくちゃにかき回すはずです。
ぼくはボラティリティが復活するほうだと思います。


This time is not different also.
Very very obviously true.

スポンサーサイト
  1. 株式投資に関する疑問
  2. | コメント:0
<<ベストシナリオで2027年、ワーストシナリオで2031年のアーリーリタイアが見えてきた | ホーム | 国別バリュエーションの見方を勉強したい そんなとき参考になる記事>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する