FC2ブログ

ETFを使ったグローバルマクロ戦略

リタイアしたらやりたいことを色々かんがえてみた

なにしろたった7年とたたずにリタイアできたらしてしまうつもりなので、今から何がしたいか考えておいたほうがいいですよね。
そのうちエクセルにまとめて表にしよう。


① 立派な図書館のすぐ近くに住んで飽きるまで本を読む
まずは大きな図書館に原付きで行ける範囲に住んで
投資、小説、その他すきな本、すきなだけ読む生活がしたいですね。
1年か2年か5年か、リタイアしたらいくらでも時間を使っていいのですから。
逆にお金はなるべく使わないほうがいいでしょう。
リタイアに向けて、もっとkindleで本を買うのを控えるべきかも・・・(少なくとも400円で買って1時間とかからず終わってしまう漫画は控えるとかね)

図書館は国会図書館の近くに住めれば面白いでしょうが、家賃がめちゃくちゃ高そうなので
横浜やさいたま市、千葉の大きな図書館の近くのワンルームの賃貸なんかが現実的でしょうね。


② ヨーロッパの大学に行って好きなことを勉強する
学部や大学院で金融工学や投資理論を勉強することに興味があります。
聞いた話だと、アメリカやイギリスの学校の学費は高いですが、ヨーロッパ各国は北欧やドイツ、スペインなど、学費がとても安く(タダ~年間50万円)、英語でカリキュラムを組んでいる国が多いとか。
たとえばフィリピンに格安で語学留学してもっと英語力を安定させてから、ヨーロッパで好きな勉強をするのも楽しそうですね。
年240万円以下くらいで出費が住むようにすれば好きに生きられるのですから、そういうのも楽しそうです。
生活費くらいだったら現地で放課後にバイトしても良いし。

本当に好きなことを勉強して良いのなら、何を勉強するのか考えるだけでも楽しいですね。


③ ジム・ロジャーズのようにバイクで旅したい
世界を知るためにバイクで旅がしたいですね。
とくに物価が安く雰囲気が良いアジア諸国をまわりたいです。
バイクはスーパーカブがいいですね。
スーパーカブだったらどんな状況でどんな部品がどうなっても直せる、そんな旅人になりたいものです。

ぼくは本当は20代でそういうことがしたかったですが、家が貧乏でとても就職以外の選択をできるような家庭環境じゃありませんでした。
おっさんになってからでも、本当にやってみたかったことを実行したいですね。
もちろん日本だって嫌になるまでスーパーカブでまわってみたいです。
もしくは車中泊できる改造した車のほうが良いかもしれません。


リタイアしたらやりたいこと④ 海か川や山のある異国の地に滞在したい
以前アジアの島に滞在したときに多くの欧米人がそこでのんびりしたり、リタイアしてペンションを経営しているのを見ました。
数ヶ月になるか、数年になるか、数十年になるか知りませんが、そういった生活をしてみたいです。
飽きるまでそういうところでのんびりしてみたいものです。
もしかしたら、他のアーリーリタイアブログさんで見たように、日本の田舎街でのんびりするほうが自分に合ってるかもしれません。
でも試してみないとわかりません。
沖縄もいいなあと思います。
ただ日本は40代のおっさんが平日ひるまにぶらついてるだけでなんとなく居心地が悪い国ですから(少なくとも関東はそう感じます)いまいちあわないなあと思ったら、元気なうちは国外にいるかもしれません。


リタイアしたらやりたいこと⑤ なにかやってみたいビジネスを自分でやってみる
初期費用のかからない範囲でビジネスをやってみたいですね。
別にリタイアしてから考えてもいいし・・・月に稼ぎ数万円目標くらいで。
もしかしたら何か投資に関することができるかもしれません。
有名な日本人投資家のセミナーや勉強会を開催してみるとか、たとえばホームページだったら米国の有名なバリュー投資手法の掲示板の翻訳サイトなんて、だれもやってなくてアクセスが稼げるかもしれないし。(そういう場合は著作権など調べないといけないでしょうが)
自分の好きなことで、月数万円の収益が出るビジネスだって、考えればいろいろあるはずです。
今はうまく思いつかないですけどね・・・


リタイアしたらやりたいこと⑥ 自分で家(小屋)を作る
これは一番敷居が高いし、時間もお金もかかるし、もしかしたら実行しないかもしれませんが。
知り合いで自分で家を建てた人がいます。
そういうことに強いあこがれがあります。
トレーラーハウスに電気と給排水を入れるだけでもいいので、いつか家を自分で作るかもしれません。
チャンスと多少の資金があれば。
その場合は川辺や山の麓などにたててみたいですね。
現実的ではないかもしれませんが・・・


リタイアしたらやりたいこと⑦ 地域のテニスチームに入って好きなだけテニスしたい
高校のときに大好きだったテニスを再開したいです。
お金もあまりかからないし健康にも良く、体型も維持しやすくなります。



今からいろいろやりたいことのアイディアを考えておきたいですね。
そしてリタイアしたときに、何を本当にやりたいか、じっくり考えればいいです。
こうなるとやはり最速で40歳になる前にリタイアできたら最高です。
一刻も早く好きなことをして生きたいものです。
どんなに遅くても45歳までには、と思ってますが
あと7年と働かなくていい39歳と、あと13年働く45歳のリタイアではあまりにも先の長さが違います。
39歳でリタイアするためには、今の激務高給部署に運良くずっといるか、転勤が決まったら同等に近い案件に転職するか、株式で想定よりかなり高いリターンを上げるか、運が要求されます。
がんばって短期間リタイアを実行できればその後の人生にいろいろと選択肢が広がってきます。




投資の話。
マネックス証券の中国株の手数料も大幅に引き下げられることだし06865 フラットガラス(福莱特玻璃)を買おうと思う
複利の雪だるまさんが、非常に優良な中国銘柄を検討していました。
複利の雪だるまさんは、まるで日本の個人投資家界隈のテンプルトン卿ですね~銘柄発掘能力がいつも素晴らしいし、世界中で良い株式を探しています。
ぼくは現在、手軽さ、手数料のやすさ、英語での情報入手の簡単さという観点から、米国人と同じ投資選択肢から投資をしています。
つまり個別銘柄は米国株、他の地域に投資する場合は米国の会社が出しているADRやETF、というやりかたです。
それなりに気に入っていますが、もしもっと知識が身についたり、スクリーニング等ができるスキルが身につけば、中国やその他の国の個別株にも投資するかもしれません。
現状では、中国が安い→中国が多く含まれた新興国ETFか、ブラックロック等の中国ETFに投資、程度です。
ただ、英語サイトは米国人目線だし、投資本もそういうものが多い、また口座も米国株口座1個で済むので、このスタイルにもそれなりに手軽さという合理性はあります。
スポンサーサイト
  1. リタイアしたらこれがやりたい
  2. | コメント:4
<<たとえ他人に投資リターンで負けても資産額で負けても頑固にわかることだけやろう! | ホーム | 『人気の銘柄をいっぱい上がってるときに買い増して急落しはじめた途端に売却しようとしてる自称バリュー投資家がいるんですよ~』 『な~に~? やっちまったなあ!』>>

コメント

過大評価です(笑)

靴磨きおじさんさん、こんばんは。

過大なる評価をありがとうございます(笑)

それにしても、リタイアしたらやりたいことがあるというのは素晴らしいですね。

さて、フラットガラスなのですが、今日のところは1,000株の打診買いにとどめています。もう一段の下げを期待しているのですが、どうなりますやら。
  1. 2017/07/31(月) 23:51:13 |
  2. URL |
  3. スノーボール #a2OLMLPM
  4. [ 編集 ]

Re: 過大評価です(笑)

スノーボールさん

米国株の好きな銘柄がかぶるし、リスクの高く安売りされているロシアや中国を好むので、ぜったいこの人テンプルトン好きそうだよな~と思ってたら、ブログにテンプルトンの本好きとあり、やっぱりなと思いました。
グリーンブラッドの『株デビューする前に知っておくべき「魔法の公式」』ぜったいおすすめの本ですよ。
低PER高ROAのスクリーニングというと、勉強してるスノーボールさんのようなバリュー投資家は「わかってますがなそんな基本を今更」と思うでしょうが、そこに至る思考がとても整理されていて素晴らしい本です。

リタイアしたときやりたいことはそうですね。
もともと世界を旅したい、外国の島でのんびりしたい、だけだったのですが、より夢を現実味あるものにするために意識して具体的なやりたいことを考えるつもりです。
そのほうが節約や積立も楽しいしやる気出るかなと。


> 靴磨きおじさんさん、こんばんは。
>
> 過大なる評価をありがとうございます(笑)
>
> それにしても、リタイアしたらやりたいことがあるというのは素晴らしいですね。
>
> さて、フラットガラスなのですが、今日のところは1,000株の打診買いにとどめています。もう一段の下げを期待しているのですが、どうなりますやら。
  1. 2017/08/01(火) 02:21:09 |
  2. URL |
  3. 靴磨きおじさん #-
  4. [ 編集 ]

魔法の公式

靴磨きおじさんさん、おすすめ本のご紹介ありがとうございます。機会があれば是非とも読んでみたいと思います。

ただ、私は投資本は極力買わないようにしています。「テンプルトン卿の流儀」さえ、図書館で何度も借りては読み返しているくらいですから(笑)

京都市の図書館で「魔法の公式」を探してみたところ残念ながら見つかりませんでした。その代わりといっては何ですが、「続マーケットの魔術師 トップヘッジファンド マネジャーが明かす成功の極意」を見つけたので予約しました。第7章で取り上げられているようなので。

第7章 ジョエル・グリーンブラット Joel Greenblatt
グレアムとバフェットの徹底研究から「魔法の公式」を編み出し、年複利平均五〇・〇%という驚異のリターンを誇る「バリュー投資のカリスマ」
  1. 2017/08/01(火) 18:54:02 |
  2. URL |
  3. スノーボール #a2OLMLPM
  4. [ 編集 ]

Re: 魔法の公式

投資の本も全てレンタルして極限まで実質の投資維持コストを抑えるのもまた一つの究極の投資実践術かと思います。
グリーンブラッドの方法論について触れられているのは本人の本以外では以下の本です。
・続 マーケットの魔術師
・バリュー投資アイデアマニュアル
この2冊はそれなりに得るものが多いのでもし図書館に在庫があればぜひ・・・

・ダンドー ──低リスク・高リターンのインド式テクニック
・バリュー株トレーディング ――レンジ相場で勝つ
この2冊の著者も米国でかなり著名なバリュー投資家のようです
グリーンブラッドの方法論に触れていますが、そこまで詳しくは書いていませんでした。




> 靴磨きおじさんさん、おすすめ本のご紹介ありがとうございます。機会があれば是非とも読んでみたいと思います。
>
> ただ、私は投資本は極力買わないようにしています。「テンプルトン卿の流儀」さえ、図書館で何度も借りては読み返しているくらいですから(笑)
>
> 京都市の図書館で「魔法の公式」を探してみたところ残念ながら見つかりませんでした。その代わりといっては何ですが、「続マーケットの魔術師 トップヘッジファンド マネジャーが明かす成功の極意」を見つけたので予約しました。第7章で取り上げられているようなので。
>
> 第7章 ジョエル・グリーンブラット Joel Greenblatt
> グレアムとバフェットの徹底研究から「魔法の公式」を編み出し、年複利平均五〇・〇%という驚異のリターンを誇る「バリュー投資のカリスマ」
  1. 2017/08/01(火) 23:49:19 |
  2. URL |
  3. 靴磨きおじさん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する