iシェアーズMSCIロシア・キャップトETF太郎のETF投資

自分は新興国株式をちゃんとドルコスト平均法で拾えているかな?2013年1月からの軌跡

けっこう昨年12月以降、ポートフォリオをころころ変えているので(いったいいくら手数料を払ったんだろう・・・はあ)
ちゃんと一定額を新興国株式に投資していつも値上がり益を拾えていたのか、気になりました。
そこで、手に入る範囲で自分の過去の株式の先進国:新興国のバランスを調べてみました。
なお自社株会は除きます。


date 先進国株(自社株を含まない) 新興国株 VWO価格
2013/1/1 60% 40% 44.56 
2014/1/1 60% 40% 37.67 
2015/1/1 52% 48% 39.94 
2016/1/1 56% 44% 30.83 
2016/11/1 55% 45% 36.22  米国株式投資はじめる直前
2016/12/1 55% 45% 35.78  米国個別株開始(一時新興国を38%まで下げていた可能性あり)
2017/2/1 55% 45% 38.69  この時点では間違いなく新興国保有率45%
2017/4/1 59% 41% 40.34  インデックスをETFにリレー
2017/5/15 52% 48% 41.31  新興国大幅買い増し
2017/6/15 45% 55% 40.62  新興国大幅買い増し(現在のバランスへ)

なるほどなるほど。
こうやってみると、しっかり常に一定額を投入できていますね。
今年前半までは、ほぼ新興国株式を40~45%の比率で保ってきたことがわかります。
下落した時もきちんと割合を保っているのでちゃんとドルコスト平均法で拾えたようです。
しかし、今年5月以降、いろいろと記事を読み、思うところあって、新興国株式が55%になるまで段階的に資金投入を続けました。
もういいかな、と思って投入をとめたところでこの1週間いきなり新興国が5%くらい上がって嬉しかったですね。
(来週10%下がるかもしれないので一喜一憂はよくないですが笑)
基本は米国株:新興国株=50:50くらいがちょうどいいのですが、今は新興国がまだ安いのでオーバーウェイトです。
今後バリュエーションによってまた少し調整したいですね。

昨年後半から売買したりリレーしすぎてよくわかんなくなっていたのですが、これを見る限り
昨年からの新興国の値上がりも、ちゃんと拾えていたようです。
安心しました。

スポンサーサイト
  1. 大事なメモ記事
  2. | コメント:0
<<テンプルトン卿の流儀は良い本だ | ホーム | 新興国インデックスに投資するなら絶対抑えるべき本格派『萩野琢英』 iTrust新興国株式(愛称:働きざかり〜労働人口増加国限定〜)を生み出した男>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する