靴磨きおじさんの米国ETF投資

株デビューする前に知っておくべき「魔法の公式」の2版原書The Little Book That Still Beats the Marketのまとめ⑥

・我々の初版の発行後に、ウォールストリートで非常に多くの期間が、この魔法の公式が米国外で機能するのかどうかを研究した。
あらゆる外国マーケットでこれが働くことが、彼らの研究で実証された。
しかし我々自身は米国外での魔法の公式のバックテストデータは持っていない。

・過去のさまざまな研究から、我々がPERで判断したディスカウントを、PBRやlow price to salesでスクリーニングしても
世界中のマーケットでこの公式は同じように機能するだろう。

・しかし、非常に確かなことがある。
利益に対して平均以下の取得価格で、資本に対して平均以上の利益率を得ている企業、つまり平均より優れた銘柄を買うこの戦略は
先進国でも、新興国でも、あらゆる国で機能する根本的な仕組みだと考えている。



※靴磨きおじさん注釈
これで2版の追記部分のまとめは終わりです。

追記部分を読む情報価値だけでも、10.48USDの本代くらい
その未曾有のチャンスを考えれば安いもの
10.48USDは非常にリーズナブル 良心的金利でございます(ざわ...ざわ...)

冗談はさておき本はいいものです。
本は出費に対してもっともリーズナブルで得るものの多い文化と、いつも思っています。
とくに投資に関しては、本の出費に対していくらリターンを得たか、数字で比較できます。
ぼくは数十冊、今まで投資の本を読みましたが
仮に50冊の1500円の投資の本を読んだとしても、出費はわずか75000円なのです。
しかしすでに投資で400万円の利益が出ました。
こんなに経済的に費用対効果の大きいものは世の中にはそんなに多くないでしょう。
(僕の考えるに英語と大学受験くらいでしょうか、両方苦手ですが。)
しかもそもそも投資の本自体、面白いので、仮に利益がマイナスでも、やっぱり僕は投資の本を毎週読むでしょう。

さて、魔法の公式戦略ですが、ひとつラッキーなことがあります。
それは、日本人である我々は、魔法の公式で選ばれる有象無象がどのくらいヤバいやつらか、ぜんぜん情報が入って来ない点です。
入ってきたが最後、ぜったい欲しくなくなるはずです。
いま僕は、魔法の公式戦略による銘柄をGILD、KORS、INFY、IRMD、TARO、RGR、USNA、そしてロシアETFのERUSと買い集めましたが、もしも本国、米国の投資家が見たら「ファーwww」と言いたくなるラインナップなのでしょう。
しかし運のいいことに僕は米国の会社なんて大して知らないし、グリーンブラッドの言うことが本当なら、かえって各銘柄の内情を知らないほうがいいということになります。
ちなみに現在成績が非常に良い(2ヶ月で20%ずつ上昇した)RGRとUSNAは、有名ピストルメーカーと米国版アムウェイです。
最悪ですね。
一般米国株投資家の方々が、FANGにするか昔ながらのKOやJNJにするかと迷っているところで、こちらは全く別の惑星で天下一武道会を開催しているような心境です。
スポンサーサイト
  1. 『魔法の公式』戦略研究
  2. | コメント:0
<<仕事がうまくいかないで辛いおもいをするほど絶対アーリーリタイアしたいマンになる | ホーム | 株デビューする前に知っておくべき「魔法の公式」の2版原書The Little Book That Still Beats the Marketのまとめ⑤>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する