靴磨きおじさんの米国株・インデックス投資

株デビューする前に知っておくべき「魔法の公式」の2版原書The Little Book That Still Beats the Marketのまとめ③

・ところで作者は20~30銘柄の分散を指定しているが、(初版発行後の)この5年間、非常に多くの人から、なぜ最上位層だけを買わないのか、という指摘を受けた。
たとえば、ヘルスケア改革で被害を受ける製薬株だけを除外する、というアイディアもある。
もしくは次のリセッション時に暴落するであろう消費財株だけを取り除くというのはいかがだろう。
あるいは他にも、いろいろな理由で魅力的じゃなく映る会社を取り除くというのはどうだろうか。
とても良いアイディアだ。
しかし問題は、我々が実際どれが良い成績になり、どれが悪い成績になるかしらないことだ。
これは保険会社の仕組みと同じである。
保険会社は誰が病気になるかを知らない。
しかし何%の確率で、いくらコストがかかるか全体としてのアベレージデータを持っている。
我々もどの銘柄がアウトパフォームするのかは知らない。
しかし20~30銘柄を保有することで、これらの購入価格は銘柄群の利益率に対してディスカウントしているのを知っているだけなのである。
またreturn on capitalが銘柄群の平均として非常に高い。
結果として、ポートフォリオ全体として見ると、アベレージを超えるreturn on capitalをアベレージ未満の価格で買っていることになる。


※靴磨きおじさん注釈
まだ魔法の公式戦略でためしに銘柄を買ってみて2ヶ月ですが、この作者の指摘を実感しています。
というのも、PERとROAから米国市場で最も魅力的なのはそのとき、GILDやKORS、TAROでした。
とうぜんそれらが一番いい成績になると思っていました。
しかしこれらは買ったあとに3~6%下げたのです。
そして上記の自信のある銘柄よりPERも割高で、ROAも低く「仕方なく買った」RGRやUSNAが17~20%も急騰しました。
まったく予想がつかないということです。

もう一つ。
本当は作者の指摘通り、どれが高騰するかわからない、ボラティリティを下げたい、なので20銘柄程度組み込みたいです。
ただ、現在魔法の公式戦略に割り当てている資金は700~800万円程度です。
マネックス証券で米国株を買う場合(というか日本で米国株を買う場合)、売買手数料が高いです。
なので10銘柄にして手数料を押し下げようとしています。
本来手数料を考慮しなければ20銘柄欲しいです。
将来的に1銘柄に100万円以上割り当てるようになってきたら、銘柄数を20銘柄まで増やすかもしれません。
(実際10銘柄でどの程度、急騰銘柄をキャッチできるか、ボラティリティが過酷か、この5年程度で実験予定です)
スポンサーサイト
  1. 『魔法の公式』戦略研究
  2. | コメント:0
<<株デビューする前に知っておくべき「魔法の公式」の2版原書The Little Book That Still Beats the Marketのまとめ④ | ホーム | 株デビューする前に知っておくべき「魔法の公式」の2版原書The Little Book That Still Beats the Marketのまとめ②>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する