靴磨きおじさんの米国株・インデックス投資

''たけぼうの誰でも出来る米国株投資''さんは自分と投資戦略も近く大変おもしろいブログ

今までノーチェックだったのですが
『たけぼうの誰でも出来る米国株投資』さん
http://takeboww.hatenablog.com/
は自分と近い戦略が多く読んでいて大変勉強になっていいブログです。
できればまとめて全部よんで大事なところをメモとりたいんですが、最近仕事で地獄をみてるので時間があるときに・・・
地域別のETF戦略の記事なども大変好きです。
新興国ETFならEEMよりも韓国がほしいならIEMG、韓国不要ならVWOが経費の観点からいいと思います。
それからTSMについても・・・他の投資ブログさんでもそうですが、似た戦略をとる投資家の方は欲しがる銘柄がやはりかぶりますね。
僕の場合はとくに『複利の雪だるま(長期分散投資実践記)』さんとは、めちゃくちゃかぶります。
同じバリュー株戦略でも一般的なシーゲル好き、バフェット好きのブロガーさんと好む銘柄が大きく違うので・・・


それからTSMなんですが、自分も昨年末にどうしても投資したくてしつこくしつこくマネックスさんにお願いしましたが・・・いまだ取扱せずです。
すでに昨年末29ドルだった株価は36ドルになってしまいました。
基本的に株に関して「あのとき買っておけば~」はまったく考えない人間なのですが、証券会社に取扱がなく自分の購入基準からビンゴだったにもかかわらず買えなかったTSMだけは後悔というか残念だった銘柄です。
それでも割安から適正価格になった程度に見えます。
TSMは指標的にはどのスクリーニング方法で見ても常に優良企業に見えます。
昨年末~今年の頭で新興国銘柄でとくにいいなと思ったのはINFYとTSMでしたがTSMはマネックスが取扱なかったので仕方なくINFYだけ買いました。
INFYも適正価格以下で取引されているかぎりは長期ホールドしたい超優良銘柄と思っています。
スポンサーサイト
  1. 大事なメモ記事
  2. | コメント:2
<<S&P500が倒せない | ホーム | 某国出張中に投資に関するデータをすべて保存していたPCを紛失し地獄>>

コメント

Amazon被害届指数

靴磨きおじさんさん、こんにちは。「Amazon被害者指数」という面白い記事があったのでご報告致します。

「空売り残高が最も高い小売業者」という浮動株に対する空売り残高比率(%)でバックルが堂々のランクインです。だからどうというようなこともないのですが、かぶり銘柄のバックル関連記事ということで(笑)

https://zuuonline.com/archives/151898
  1. 2017/06/09(金) 09:09:33 |
  2. URL |
  3. スノーボール #a2OLMLPM
  4. [ 編集 ]

Re: Amazon被害届指数

スノーボールさん
面白い記事をありがとうございます。
バックルはアパレル会社ではなくアパレル小売業者なんですねえ。
たとえばアパレルでも、アマゾンで自社製品を売るブランド価値がついている業者はアマゾンと競合しなさそうな気がします(例、ナイキやマイケル・コース)
バックルは日本でいうユニクロみたいな感じでしょうか?店にいって買うまでもないブランドならアマゾンのノーブランドのやつでいいやとなるのかもしれません。
ちょっとむずかしいですね。

今個別株を買うときに、自分の参考にしている本から、過去数年間の実績PER+ROAを見ているのですが、それプラスの自分オリジナル要素として、EPSも毎年あがっていることを重視しています。
バックルはPERとROAは非常に良いですがEPSが上がってないのが気になります。
稼いだROAを効率よく使えるなら毎年EPSがあがらないと理屈が合わないですから。


> 靴磨きおじさんさん、こんにちは。「Amazon被害者指数」という面白い記事があったのでご報告致します。
>
> 「空売り残高が最も高い小売業者」という浮動株に対する空売り残高比率(%)でバックルが堂々のランクインです。だからどうというようなこともないのですが、かぶり銘柄のバックル関連記事ということで(笑)
>
> https://zuuonline.com/archives/151898
  1. 2017/06/09(金) 10:25:18 |
  2. URL |
  3. 靴磨きおじさん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する