FC2ブログ

ETFを使った株式投資

賢明なる投資家とはなにか

興味深い記事がありました。
自分のことを惨めだと思われなくないみたいな感覚

なぜ興味深いのかといえば、この記事を書いた人がよく自分の内面を見つめているためです。

さてあなたにとって賢明なる投資家とはなんでしょうか。
靴磨きおじさんにとって賢明なる投資家とは以下のような人です。

・長期的なリターンが日本円の現金を上回ると予測される運用方法を採用し、それを長期で実践する
・頻繁な資産の売却を行わず、資産を売却する時はそのコストと資産乗り換えによるリターン上昇の比較が出来る
・自分の資産下落に対する許容量を観察し、各資産クラスの変動特性について深く勉強している

自分がそうであることができるか、注意しています。


そういえば先日、クレジットカードのゴールドカードにしませんかと通知がきました。
たまにゴールドカードにしないかとかプラチナカードにしないかと、勧誘が来るのです。
靴磨きおじさんのクレジットカードは、10代の頃、入学した地方の寂れた小さな大学の生協で勧められて入会した、年会手数料1000円くらいの一番やすいカードを更新してずっと使っています。
もしそのなんちゃらエグゼクティブカードやゴールドやプラチナのキラキラ光る高いカードで何が起こるのかもよくわからなければ、ずっと安いカードを使えばいいと思っています。
もちろんそういう高いカードを使うことは、それで大きな効果を実感している人にとっては悪いことではないと思います。
ただ自分では、その15年来の相棒のクレジットカードを取り出して、どんな高い店で支払う時も恥ずかしいと思ったことは思いません。
むしろ誇らしくすらある。
自分の理解できる商品に自分の妥当と思うお金を払い生活するのもまた、靴磨きおじさんにとっては賢明なる投資家の一要素かもしれません。
スポンサーサイト
  1. 投資雑談
  2. | コメント:0

もう一度James Brownから聴け


投資家は分散されたバランスのよいポートフォリオを構成するべきだ。そして自分の投資判断で頻繁に売り買いを繰り返すべきではない。
短期売買をするということは、毎年何億ドルもの資金を費やして市場で勝負しているわれわれのような機関投資家を相手にポーカーをやるようなものだ。それが個人投資家の戦わなければならない相手なのだ。それは無理だ。そんなことをしてはいけない。
だから個人投資家に勧めるのは、バランスの取れたポートフォリオを構成する方法を学び、そのポートフォリオをただホールドすることだ。

期待リターンが重要だ。ある資産を検討するときには、他の投資対象と比べて期待リターンがどうなのかを検討することになる。
それぞれの資産クラスの期待リターンは、経済全体を象徴している。

株式市場は債券市場より少なくとも二倍リスクが高いということを学ぶ必要がある。そしてゴールドを少しポートフォリオに加えるべきだろう。多くの人はゴールドを加えるということをしない。しかしゴールドはポートフォリオに有用な多様性を与えてくれる。

また、手数料に着目することも必要だ。資産を乗り換える時には、売買手数料を考慮しても尚乗り換える価値があるのかを計算する必要がある。

個人投資家は日々のニュースを気を配るべきではない。どれだけ酷いことが起こり、ニュースになったとしても、市場には常に投資のプロが参加していて、彼らが瞬時にそのニュースを資産価格に反映させてしまう。
だからそのニュースが起こった後に行動しても遅いのだ。個人投資家が犯す最悪の間違いは、ニュースに振り回されることだ。

ニュースに振り回されるだけでも悪いが、最悪なのは市場の反応に振り回されることだ。

最悪の考え方とは、「この資産はこれまで良いパフォーマンスを上げているから、この資産はこれからも良い投資なのだ」と考えることだ。価格がこれまで上がったというのは多分、より割高になったということだ。ある資産が途方もなく割高になり、それを理由にあなたがこれは素晴らしい投資対象だと考えるとすればどうだろう。過去に反応し、未来を考えないこと、それが個人投資家の最大の問題だ。

例えば、株が大きく上がったとしよう。あなたは「株式市場は素晴らしい投資対象だ」と考える。しかし価格が上昇し割高になるということは、将来のリターンが減少したということを意味する。逆に大きく下がった資産があったとすれば、その資産のバリューが上がったことを意味するかもしれない。リターンを計算する方法を学ばなければならないということだ。


引用元
  1. 投資雑談
  2. | コメント:0

就活のヒントになる考え

・バフェット
「仕事選びも投資と同じ。いかなる手間も惜しんではならない。
正しい列車に乗りさえすれば、金と痛みを節約することができる」

「自分の望む仕事を始めるべき潮時が訪れたなら、逃がしてはならない。
好きな仕事に就いていれば、あなたは毎朝うきうきとベッドから起き出せるようになる。
履歴書の見栄えを良くするために、好きでもない仕事を続けるというのは
わたしに言わせれば愚の骨頂である。
たとえるなら、老後に精力を残しておきたいからと、若いころにセックスを我慢するようなものだ」

・ダニエル・カーネマンの研究によると、年収と幸福度の比例は75000ドルで頭打ちになる

・デヴィッド・ブランチフラワーらの研究によると
性生活が活発でない人が、活発な人と同じ幸福感を味わうためには、年50000万ドル余分に稼ぐ必要がある

・ジョブス
「私は17歳のときに「毎日をそれが人生最後の一日だと思って生きれば、その通りになる」
という言葉にどこかで出合ったのです。
それは印象に残る言葉で、その日を境に33年間、私は毎朝、鏡に映る自分に問いかけるようにしているのです。
「もし今日が最後の日だとしても、今からやろうとしていたことをするだろうか」と。
「違う」という答えが何日も続くようなら、ちょっと生き方を見直せということです。

自分はまもなく死ぬという認識が、重大な決断を下すときに一番役立つのです。
なぜなら、永遠の希望やプライド、失敗する不安…
これらはほとんどすべて、死の前には何の意味もなさなくなるからです。
本当に大切なことしか残らない。
自分は死ぬのだと思い出すことが、敗北する不安にとらわれない最良の方法です。
我々はみんな最初から裸です。自分の心に従わない理由はないのです。
(中略)
あなた方の時間は限られています。
だから、本意でない人生を生きて時間を無駄にしないでください。
ドグマにとらわれてはいけない。
それは他人の考えに従って生きることと同じです。
他人の考えに溺れるあまり、あなた方の内なる声がかき消されないように。
そして何より大事なのは、自分の心と直感に従う勇気を持つことです。
あなた方の心や直感は、自分が本当は何をしたいのかもう知っているはず。
ほかのことは二の次で構わないのです。」
  1. 就活
  2. | コメント:0

就活本気出す気になりました

まじで就活本気出す気になりました(5か月くらい遅い)
ふと、ね
  1. 投資雑談
  2. | コメント:0

ツイッターの米国株クラスタによる正式推奨リストが決定

ツイッターの米国株クラスタによるえっち単語の正式推奨リストが決定しました
非常に多くの投票がありそこから選別したものになります
無断で利用していただいて大丈夫です(利用料および利用許可は不要です)


オスプレイ
スタンディングオベーション
マンチカン
まんこう(慢性硬膜下血腫の略)
校内写生
後楽園
ちんすこう
オマン湖
オスマントルコ
多目的ホール
ベローチェ
カストロ議長
ゴールドマンサックス
オマーン
アナコンダ
なめこ汁
秩父高校校門前
生マッコリ
ハメス・ロドリゲス
ニュルンベルク
おさんぽ
チェリーパイ
ストリップス債
スワップ債
アナリスト
ヌメリアヌス
マンコ・カパック
アナクシマンドロス
チンポー湖
死球攻め
成功体験
Back Test(運用PFの過去リターンを調べること)
ファナック
ウルトラマンコスモス
ガラス張り経営
スケベニンゲン(蘭: Scheveningen)
  1. クソ記事
  2. | コメント:0

日本株の天才バリュー投資家かぶ1000氏による長期投資の本質を教示するツイート

相場が悪くなって来るとCPを多く確保した方が安全と思う人も多いと思いますが
私は逆で下がった時こそ株を買うチャンスだと思ってます。
理由は単純で株は基本的にプラスサムだからです。
ただし銘柄の選別は大切で、相場が悪い時は割高株は控え
割安株を買う方が良いと考えてます。

理由は単純で安全域が大きいから、特にその際にはPBRは有効で
相場が悪い時や一時的に業績が悪化した銘柄でも
低PBR銘柄は下落リスクがより小さくなります。
また相場の低迷が長期化すると想定される場合は
自己資本率が高い銘柄を選んだ方がより安全度が増します。

株はいつが高値か安値か予想してもまず当たりません。
だからこそ株は持ち続ける事が大切で
加えて相場の状況によって銘柄を変えて行ければベストです。
私は常時割安株中心ですが、その分大儲けはありませんが、大損もありません。
ただ機会ロスだけは避ける事が出来ます。実はこれで十分なんです。




前にもこのブログでかいたとおもいますが、多くの人に知られた日本株のバリュー投資家で
かぶ1000さんという天才がいます。
過去17年間の年率平均リターンは+38%(算術)となっており
まさに若いころのバフェットやグリーンブラットを彷彿とされるストックピックの天才です。

かぶ1000さんツイッター
かぶ1000さん投資ブログ

毎日の売買もブログで詳しく報告しています。
靴磨きおじさんは日本株の個別株は持っていませんが
もしやるならかぶ1000さんの保有銘柄と売買を全部しらべて、その中から自分に合うものを買うでしょうね。
正しいグレアム・ドッド村で勉強した長期投資家というのは
その信念、持っている銘柄、日々の思考といったものを見てれば知れてしまうものです。
自分が勉強していれば、noteやアドセンスでお金を稼ぎたいだけの偽物と
本物の勉強するに値する先輩長期投資家の差は一目瞭然だと思います。

そのかぶ1000さんが、ツイッターで下落相場とバリュー投資についてツイートしています。
というのも、かぶ1000さんの主戦場の日本の小型株も、新興国株と同じく弱気相場入りして大きく下落したためです。
そんな中で、自分の芯にある考えを述べています。

・株式はプラスサムなので下落相場でキャッシュを増やさず、むしろ株を買うべきだ
・PBRが低く、自己資本比率が高い銘柄は安全域が大きいため、下落リスクが低い
・マーケットの高値と安値を予想して当てることはできない
・上記のことから株式を持たないことは機会損失である

非常に得るものの多いツイートと思います。
もしあなたが日本株の個別株で正しい長期投資を勉強したいと思うなら
かぶ1000さんのブログ、ツイッター、保有銘柄を毎日勉強するのはとても良いことだと思います。


かぶ1000さんのホームページでは持っている銘柄に対して
PER、PBR、配当利回りといったものが毎日管理されて更新されています
馬鹿にされて初心者向け指標といわれるものを、日本の天才バリュー投資家がいかにきっちり管理しているかわかります。

また、ページのトップにはかぶ1000さんの好きな4冊の偉大な投資家による本のリンクが貼られています。
・証券分析(1934年版) ベンジャミン・グレアム
・賢明なる投資家 割安株の見つけ方とバリュー投資を成功させる方法 ベンジャミン・グレアム
・ウォール街で勝つ法則 株式投資で最高の収益を上げるために ジェームズ・P.オショーネシー
・グリーンブラット投資法 M&A、企業分割、倒産、リストラは宝の山  ジョエル・グリーンブラット
  1. 投資雑談
  2. | コメント:0

バリュー投資家の3Q13F

9月末の各投資家のポジションがだいたい出そろってるので少しだけ見たいと思います。

モニッシュパブライ
RACEを売ってFCAUだけになりました。
230Mドル/800Mドルなのであいかわらず30%弱はFCAに賭けたままです。
ここに出ないインドの株式もまだ相当もっているはずですが
それにしてもキャッシュポジションを上げている気がするのは気のせいでしょうか。
何%くらい株式にかけているのか気になるところです。

ガイスピア
FCAUは変わらず17%保有です。
AXPを減らしてSRGを買ったそうです。

マンガーは変更なし。
バフェットはまだ未公開。
ハワードマークスもまだ未公開。

セスクラーマン
FOXAとFOXをさらに買い増し全体の1/4をここに賭けています。
話題のSYFは大きく減らしました。
さて、21世紀フォックスはディズニーに事業の大半を713億ドルで売却し、小さな会社になると報道されています。
現在21世紀フォックスの時価総額は880億ドルです。
単純に事業売却713億ドル+残った会社の価値>880億ドルとクラーマンの中で判定しているのかもしれません。
ちなみに1年前のFOXの時価総額は560億ドルだったそうで、このとき買えば100%株主は得な案件でしたね。

レイダリオ
大きな変化はなく、大体1/3くらいが新興国株のETFです。
ブラジル株を減らしてVWOやIEMGを買ってますが小さな比率です。
ダリオは以前50%~57%まで新興国株の比率を高めましたが
下がり始める前に大きく売却し、そのままになっています。
とはいえ米国側の公開株式ロングポジションの3割が新興国株なので、それなりにベットしています。

ところで景気後退局面が疑われはじめると、キャッシュポジションをあげるという考えについてですが
ダリオはいつも「現金を持つのは最悪の選択だ」と言っていますので
どんな局面にせよ、なにかインフレをヘッジする金融商品をもつべきだそうです。
Billionaire Ray Dalio: Why saving in cash is 'the worst thing you could do'

※クラーマンのFOXについて追記
クラーマンはインタビューに答えませんし、あまりネットでもクラーマンのポジションの説明というのは見かけないですが
やっぱり売却がらみなのではないかという考えがあるそうです。

Seth Klarman Doubles Down on 21st Century Fox

By far, the most substantial addition to the Baupost portfolio during the quarter was Twenty-First Century Fox (NASDAQ:FOXA). Klarman boosted his holding of the stock by 48% during the quarter to 39.4 million shares. This holding is now worth $2 billion, making it the firm's largest position.

The second-largest holding, Synchrony Financial (NYSE:SYF), only accounts for 8.8% of the equity portfolio (compared to 17.6% for Fox), amounting to just under $1 billion.

It looks as if Twenty-First Century is a merger arbitrage trade. The company was being fought over by Disney (NYSE:DIS) and Comcast (NASDAQ:CMCSA) before the latter dropped its bid last month. At this point, it looks like a reasonably risk-free trade for what could be an attractive risk-adjusted return.

コムキャストとディズニーが一生懸命FOXの事業買収争奪戦をして値段を釣り上げたので
それがよいアービトラージとなると考えたクラーマンが大きくベットしたのではとのことです。
どのタイミングでクラーマンはFOXを売るんでしょうかね、もう落札額は決定しましたが。
  1. グローバルマクロ戦略に影響する投資家の発言・ポジション
  2. | コメント:0

10月後半のハワード・マークスのバロンズインタビュー

先月末にハワード・マークスがバロンズのインタビューに答えたのですが
一部面白かったのでメモしておきます。


10月後半のハワード・マークスのインタビュー(一部抜粋)

Q:新著では、積極的な時とディフェンシブな時との調整が極めて重要だと書かれている。現時点で投資家
はどうすべきか?
A:私にとって重要な問いは、攻撃すべきか守るべきかだ。今は守りの時で、100%ではないが守勢に重きを
置くべきだ。機会を逃すことよりも、資金を失う方を心配する(具体的な発言は避けたが、現金を保有する
ことや借り入れを避けること以外にも、下落相場でアウトパフォームしてきたミューチュアルファンドを選
ぶことも今の時期を安全に切り抜ける方法の一つだと述べた)。

Q:サイクル上のどこにいるかを判断する際、留意しておくべき重要な点は何か?
A:2~5 年の期間で考える時、攻勢と守勢の配分を適切に行うことこそ最も重要な決定事項となる。攻勢と
守勢の関係を適切に定めたなら、あとは何を選んでも構わない。米国株式であれ外国株式であれ、グロース
であれバリューであれ、何であれポートフォリオをディフェンシブにするか、あるいはもっと積極的にする
かに関しての調整を間違うと、何をしても助けにならない。

Q:バリュエーションより重要か?
A:銘柄選別よりもかなり重要だと思う。2005 年や 2006 年に慎重になり、2008 年後半から 2009 年前半に
積極的になってさえいれば、他のことはあまり重要ではない。2008 年後半であれば、成功に必要だったのは
投資資金と確信だけだ。その確信の出所は投資環境の理解だろう。私はこれを市場の体温を測ると言ってい
る。例えばニュースの扱い方で、好材料にのみ執着し、悪材料を無視しているとか、その逆だとかというの
もある。買収案件は買い上がっているか、買われ急いでいるかとか、新しいファンドにすぐに資金が集まる
かとか、私がパーティーに呼ばれた場合に私の話を聞きたがるか否かとかいうのも目安になる。

Q:市場のサイクルを本当に査定できる人がいるか?
A:本当のことを言えば、投資は簡単ではない。誰もがもうけたいと思っているのだから、競争が激しい。
しかし、規律を守り、研究し、感情を抑えることができるなら投資はできる。本当に重要なカギの一つは感
情を抑えることだ。全てのことが共謀して判断を誤らせようとしており、何もかも好調で価格が高い時に買
い、事態が悪化して価格が下落している時に売る羽目になりがちだ。本来すべきこととは全く反対のことを
やってしまうのも感情ゆえだ。われわれは抵抗しなければならない。


重要な点があります。
ハワード・マークスは、ある程度、マーケットサイクルを読むべきと主張する投資家です。
つまり大きな流れとしてのタイミング売買によって、アウトパフォームできる、資産の下落を防げるという考えです。
その前提で彼の発言を読む必要があります。

現在をリスクを落とすべきとき、つまり
・株式や高リスク資産の比率を落とす
・キャッシュや同等の資産を持つ
・レバレッジを解消する
・下落相場に過去つよかった投資信託を選好する
といった点を推奨しています。

米国株or米国外株
バリュー株orグロース株
良い銘柄のピック

こういったことよりも、その前段階の、ディフェンスに振るか(そもそも株式を減らすか)
といったこと、大枠でサイクルのどこにいるか、ということのほうが遥かに重要だと言っています。
そして、記者が決定的なことを聞きます。
現在がサイクルのどこか、言い当てることは可能か?
これに対し、研究する・規律を守る・感情を排除する、これにより可能であるとしています。
それが、どのレベルの人物にとって可能と思う、なのか、はかりかねますが・・・
何もかもがうまくいき価格が上がっているときには売り、すべてが悪い状況で価格が下がるときに買えとのことです。

マーケットサイクルへの対峙のしかたにも方法があります。
もっとも安全なのは、どの位置にいても、価格変動が少なる分散されたPFを持ち、変えないことです。
これは一番たしかで地味なやり方です。
テクニックはいりません。
結果の確実性は高い。

靴磨きおじさんが実践するのは、サイクルのどの位置にいても、株式を非常に大きく持つ方法です。
これは、期待されるリターンを、分散する方法より高くします。
また、テクニックはいりません。
しかし価格変動が最も大きくなり、感情をコントロールすることが要求されます。
結果の確実性は20年ほどのスパンで見れば高いですが
1年や2年でお金が1/2や1/3になる恐怖に打ち勝つ必要があります。

最後の方法は、ハワードマークスのいう、マーケットサイクルのなかでどこにいるのかを判断する方法です。
これはもっとも難しく、勉強が必要で、テクニックを要します。
うまくいくかはわかりません。
うまくいけば、ハワード・マークスや多くの有名投資家のように巨万の富を築けます。

個人的には、精神的に負荷を嫌う人は1つ目の方法
負荷を受け入れて、大きな変動とリターン期待値を受け入れる人は2つ目の方法を推奨します。
  1. グローバルマクロ戦略に影響する投資家の発言・ポジション
  2. | コメント:2

クラーマンやバフェットが好む消費者金融Synchrony Financialについてメモ

Warren Buffett And Seth Klarman Agree On One Stock - Synchrony Financial

What Do Buffett and Klarman See in Synchrony?

Why Oracles Buffett and Klarman Like Synchrony Financial

Could Buffett and Klarman Be Wrong on Synchrony?
  1. 投資雑談
  2. | コメント:0

2018年11月更新 これから読みたい本リスト

11月に更新します。
絶版する前になるべく買おうね自分・・・
-------------------------------------------------------------------------------------
最近推奨図書の積読が増えてしまい
ちょっと買ったもの買ってないもの含めて、未読本を整理したくなりました。
これを読んでいるあなたのための推奨ではありません。
自分の忘れないための推奨です。あしからず。



ファスト&スロー(上) あなたの意思はどのように決まるか?
ファスト&スロー(下) あなたの意思はどのように決まるか?
一番有名なような気がしますがアマゾンで人気があります。
たしかブロガーのカーネルさんに教えてもらった本。


残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
ブロガーの小塚さんに、非常に優れた行動経済学の本と教えてもらった本。

賢明なる投資家 - 割安株の見つけ方とバリュー投資を成功させる方法
いわずとしれたバフェットの新約聖書。
好きなページだけとばしとばし読んだ本だけど一回頭からよんで内容をよく理解しよう。

Margin of Safety
英語なのでただでさえ遅い読書が通常の5倍かかりますがこれも頑張りたい。
セス・クラーマン著。

バリュー投資アイデアマニュアル ──得意分野を見極めるための戦略の宝庫
これ数年前に1回アマゾンキンドルアンリミになり読んでるんですが
内容難しすぎだったのでもう一回紙で買って読み直したい。

バフェットからの手紙 第4版
パブライやスピアが大好きな本で、ある意味数少ないバフェットが自分で書いた本。


投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識
PFがすごいディープバリュー銘柄で埋め尽くされたハワード・マークスの本。
PFを見て考え方に興味が湧きました。

大逆張り時代の到来―来るべきこれからの20年の最強戦略
好きな本だけど途中まで飛ばしで目を通しただけのやつ。
ちゃんと通して読まなきゃ。

ウォール街のモメンタムウォーカー
結論だけ読んだやつ(ありがち)
モメンタムを採用する気はないけど語るなら読まないとね・・・

資産運用の常識・非常識
たぶんこのリストの中で一番難しい本。
山崎元さんが好きな本でHIRAさんというブロガーに教えてもらい購入、まじで内容が難しそうなんですが
ものすごいよく見る議題がならんでる。

イェール大学CFOに学ぶ投資哲学
イェール大のデイビッド・スウェンセンの本。

超・株式投資
かつて日本のネット界隈でバリュー投資のグルだったKAPPAさんの本。
これの前の本ではグリーンブラッドの魔法の公式を高く評価していたが
グリーンブラッドやオショーネシーの定量戦略が公表後にエッジ消滅したのではないかという視点で書いている。
オプション取引は興味ないけど前半の株式投資部分だけ読みたい。

行動経済学の逆襲
セイラ―の本を1冊読んでおきたいから。

アニマルスピリット
シラーの本を1冊読んでおきたいから。

史上最強の投資家 バフェットの財務諸表を読む力 大不況でも投資で勝ち抜く58のルール
ブロガーの小塚さんに教えてもらった本。
この本と賢明なる投資家の2冊で簿価の見方と財務諸表の見方を学んだとのことだったので、読もうと思う。


破天荒な経営者たち ──8人の型破りなCEOが実現した桁外れの成功
これもブロガーの小塚さんがバリュー投資のために使える視点の本と紹介してくれたもの。


ディープバリュー投資入門 ――平均回帰が割安銘柄を上昇させる
新刊だがテーマが良い。
バフェットや魔法の公式を現在のノウハウから検討もする。


市場サイクルを極める 勝率を高める王道の投資哲学
レイダリオのマーケットサイクルについての新刊はわからなそうだけどこっちなら理解できそう。


“普通の人"だから勝てる エナフン流株式投資術
日本の個別株やってる人に人気の本で興味あり
  1. 読書感想文
  2. | コメント:0
次のページ