ETFを使ったグローバルマクロ戦略

トルコ!トルコ!トルコ! 買い出動の納得度について自分自身を再確認

先日も書きましたが、現在秋までに追加購入を考えているのは
VPL
新興国株式インデックスファンド(場合によっては+VWO)
FCAU
主にこの3銘柄を考えています。

CAPEとPBRでいえば、トルコがあと10%、20%と下落すれば買い出動ラインに侵入してきます。
自分を納得するために、もう一度納得できる購入条件を整理してみます。
ロシア株式を大きく買ったときに考えたチェックポイントです。

・CAPEが7以下、PBRが1未満の状況まで下がる
・期待リターン公式に当てはめてみる
・実質GDPはプラスか?人口増加率はどうか?
・貿易収支はどうか?何でお金を得ている国か?外貨準備高の量は十分か
・金利は上がりすぎていないか、金利は安定しているか、インフレは暴走していないか
→実質債券金利がプラスか→株式に十分なリスクプレミアム(5以上)がのっているか
・ジム・ロジャーズ、マーク・ファーバー、グランサム、シラー、ガンドラック、モビアス
グローバルに株式バリュエーションをチェックする陣営からポジティブな意見が出ているか



自分のような素人には、最後が重要なのではないかと思いました。
もしとても割安になって、十分に国がお金を稼ぐ能力を有しているにもかかわらず嫌われて株価が低い場合
それを指摘する人物が信頼できるグローバル・マクロ陣営から出てくる可能性が高い。
ロシアのときは、ジム・ロジャーズ、グランサム、ファーバー、シラーなどが
ロシア株式の収益性の強さと、割安感を指摘していました。
そういった買い推奨が全くでないのにバリュエーションが著しく低い場合
素人投資家の自分が何か大きく思い違いか見落としをしている可能性があります。
あくまでもグローバルバリュー投資ですが、プラスぱくり投資の部分の要素を忘れないようにと自分に確認しました。

つまり、わからないものにわからないまま突っ込む悪い癖を出さないように気を付けようという話でした(過去にコモディティやトルコのETFでそういったことがあったので)
スポンサーサイト
  1. 投資雑談
  2. | コメント:0

7月~9月の売買予定

今から7月~9月の売買予定のめどがほぼたっているのでメモしておこうと思います。
戒め:はしゃぐのは良いけど生活防衛資金を投資にホイホイ使って自分の首しめないように

売却 持株会
300万円くらい
時期 なるべく早く7月~8月
実は+200%くらい利益が出てるPFのエースストライカー
売却まで下がらないことを祈る

購入 FCAU
PFの3~10%
時期 7月~9月
某先生の影響で勉強中
売却タイミングはPさんやSさんや某先生が売る時なので簡単

購入 e Maxis slim 新興国
40万円
時期 9月
クレディスイスを信じて9月に底をうつかお試し
今のファンダでSPXはいらない。
VGKやVPLは代用品なし。

購入 VPL
XX万円
時期 7月~9月
持株会の代わりの環太平洋株持ちたいので

--------------------以下状況によっては購入------------------
購入 VWO
新興国株式の比率によっては、バランスで

購入 VGK
ヨーロッパ株式の比率によっては、バランスで(しかしこれを買う金があるならFCAUが欲しい)



なんとなくだけど秋の時点で400万円~450万以上くらいは生活防衛資金残したい
世界的に株式が安くはないので無理して株式を買い付けるタイミングでもない
  1. 投資雑談
  2. | コメント:0

ロシアとトルコ-CAPEの低い国への投資判断をどのように行ったか

高卒非正規が株式投資でアーリーリタイアを目指す

『高卒非正規』さんが運営するブログは、一番知りたいと思うことに触れられる機会も多くよく見ているブログです。
また、高卒非正規さんと靴磨きおじさんは戦略も似通っていて、書かれている考え方もほとんどの場合同じと感じます。


※※※
ところで、米国株ブログ村で、非常に戦略や方針が自分ににているのは
高卒非正規が株式投資でアーリーリタイアを目指す
一方通行投資で気楽に資産形成。
この二人です。
また、ETFではなく個別株ですが、投資とバリューに対する考え方としていつも共感するのは
バリュー株投資 安全域を保つ
このブログです。
共通点としては、どのブログも、現物ロング、レバレッジをかけない、そして現在バリュエーションを観察するところです。
現在バリュエーションを観察するか、無視するかで戦略は大きく変わると思います。
※※※


話を戻します。
そんな高卒非正規さんと靴磨きおじさんですが、ある1点で大きく違う判断をしています。
それはトルコ株を買いとみるか、そうではないとみるかです。
期待リターン=配当利回り+株主資本成長率+バリュエーション変化率
今回はロシアと比較して、そのあたり自分がどう見ているか書いていこうと思います。

まずトルコとロシアのバリュエーションですがこうなっています。
STOCK MARKET VALUATION (SHILLER-CAPE, PE...)
ロシア CAPE6.3 PER7.6 PBR0.9
トルコ CAPE9.4 PER7.9 PBR1.2

CAPEが7未満になった国はその後数年間のリターンが著しく良い傾向であることが調査でわかっています。
また、PBRが1.0未満というのは、すでに純資産の値段で株式が取引されているという意味であり
100円の原価の材料が90円で売られている状態です。
PBRが1未満の株式は下落幅が小さいことが知られています。
しかし、トルコのようにCAPEが10を割った国もまた、基本的にリターンが高くなるとされています。
ヘッジファンドはしばしばロング側でCAPEが10未満の国をバケット買いするそうです。

靴磨きおじさんが最近1年で、買ったあとに、違和感を覚えてすぐに売ってしまった銘柄は
トルコ株式ETFと、コモディティETFです。
トルコ株式ETFについて、もちろんCAPEの数字だけではなく、別の要因で売りました。
それについて書きたいと思います。

とくに経済的に不安定な国に投資する場合、バリュエーション(CAPEやPBRといったもの)の割安感以外に
以下のようなことが参考になるとよく言われます。
・貿易収支
・外貨準備高
・GDP変化
・人口変化
・金利

とくにトルコは貿易収支が悪いといわれています。
トルコの経常収支の推移
過去20年間くらい、慢性的に-4~-8%程度貿易赤字の国です。
ロシアの経常収支の推移
ロシアは常に貿易黒字です。
外国にエネルギーを売って、利益を得ているのです。
このことがトルコのGDP成長と株式市場の成長に悪影響をもたらさないか、というのが一つ目の心配です。

もう一つが金利と為替の心配です。
山崎元先生の名目株式リターンの式をもう一度確認します。
名目株式リターン=株式リスクプレミアム+短期債券名目金利=株式益回り+名目GDP成長率
※この式は、名目GDP成長率と名目企業利益成長率が近似されるという一般的な仮説に基づいています
米国の企業利益成長率と名目GDP成長率の関係

当然この式はインフレを差し引いて表現することもできます。
実質株式リターン=株式リスクプレミアム+(短期債券名目金利-インフレ率)=株式益回り+実質GDP成長率

この式の表すことを観察してみるといくつかわかります。
・株式益回りが高いほど良い(PERが低いほど良い)
・実質GDP成長率が高いほど良い。

もし「実質GDPの成長率が株式のリターンに寄与しない」という意見があったとしたら
一つの仮説として、実質GDP成長率の高い国ほど低い株式益回り(高いPER)に据え置かれた場合は、そうなります。
もしくは上記の山崎元氏の式が間違っている、すなわち
名目GDP成長率と企業の名目利益成長率が近似できるという、山崎氏やボーグルの使う式が間違っているとなります。

さて、ここで実質GDP成長率についてが気になるところです。
実質GDP=名目GDP-インフレですので
インフレが極端に高くまた不安定だと、名目GDPの上昇を侵食してしまうのではないか、ということです。
トルコの経済成長率の推移

そう思ってトルコの実質GDP成長率を見てみたのですが、プラスで安定していました。
すごいね・・・
ということは現地通貨建てのGDP成長率はトルコは毎年爆上がりですが
インフレも爆上がり、為替は毎年爆下がり
→しかし名目GDP成長率-インフレは毎年きちっと爆上がりしている感じでしょうか。

この文章を書き始めたときのストーリーと違い、期待リターン算出式ではトルコは「買い」という結論になってしまいました。
てっきりトルコは1年債券が利回り18パーセントと変な暴走をしていることから、もっと変な結論になるのかと・・・
トルコの債券利回りの部分についても見てみます。
一般に株式リスクプレミアムが5%以上くらい確保されていると健全といわれます。
実質株式リターン=株式リスクプレミアム+(短期債券名目金利-インフレ率)=株式益回り+実質GDP成長率
実質株式リターン=株式リスクプレミアム+(18-11)=12.6+5(仮予測)

実質株式リターン17%
株式リスクプレミアム10%
めちゃくちゃ良い数字が出てしまいました。
どこか間違ってるのかな・・・

貿易赤字が新興国の株式リターンにどう影響するか、しないのか、がもう一つのポイントかと思います。
勉強不足なのでそのうち調べてみます。
自分の高コストETFを使った低CAPE個別国への買い出動はCAPE7.5、あるいは7以下なので
トルコがそこまで落ちてきた場合、再度貿易収支に関して再勉強かな・・・
  1. 投資雑談
  2. | コメント:5

新興国株急落でどのくらい資産が溶けたか、また投資に対する姿勢を改めたい

もう3週間くらい旅をしています。
旅したら自分が見つかったとか新しい啓示が、みたいなのは残念ながらないですが
ある程度頭を整理できたこともあるので記念に書いておこう。
それから、2月から新興国株が急落してますが、靴磨きおじさんがどれくらいヤラれているのか
知りたい人もいると思うので書いておきます。

①新興国急落で溶かしたお金

PFの整理用に算出したところトータル損益が+460万円まで、最大値だった1月の+700万円から240万円は溶けました。
さようならお金さん。
まだ新興国が落ち続けるかもしれません。
そういえばこれから持株会の清算をしますが、利益が200万円くらい乗ってるので
税金支払いでさらにトータル損益が-40万円です。
実際のトータル損益は+420万円まで減ります。
どんどん利益が溶けていく・・・
2年前~1年前に投資信託からETFに資金移動した時も税金を40万円くらい払った気があります。
つまり80万円は国にもっていかれました。
こまかい利益確定を合わせると100万円くらいすでに持ってかれてる気がします。
資産運用の敵は税金ですね。馬鹿馬鹿しいペースでひかれています・・・
ちなみに資産額は3170万円でした。
これから無職をまだまだ楽しみ、海外も行き、持株会の税金も払うので新興国下落と一緒にさらに資金が減っていきそうです。

②目標とするPF

現在の目標とするPFについて。
現金は480万円くらいよけて、これを7月1日から月20万円ペースで使っていきます。
2年無職ができます。
もし月の消費が余ったら投資にまわすかもね。
目標PFは現金を別として
10% コモディティETF
12% ロシア株ETF
38% 新興国株ETF
15% ヨーロッパ株ETF
10% 環太平洋株ETF
15% 米国株ETF
といままでと変わりません。
一応自分なりの考えがあって、新興国と、一緒に動きやすいコモディティを合計60%に抑えています。
新興国・コモディティ固有のリスクで先進国地域が微動だにせずに株価が半減した時にも資産は70%キープできる、という自分なりのバランス感覚です。
なので先進国株を40%維持しています。
もし先進国と新興国が一緒に落ちた場合は関係ないです。
米国の積み立ては止めており(むしろある程度利益確定したので)今後も米国は減り続け、ヨーロッパと環太平洋の比率が上がっていくはずです。

ロシアをだいたい12%というのは、だいたい株式100%PFにとって、国を8分割程度にすると、為替リスクの高い国の固有リスクがほぼ相殺されるという萩野社長の教えを守っています。
本当はロシア株を20%にしても良いくらい好きですが、標準偏差が50くらいある国なので一極集中リスクを下げています。

コモディティはなんとなく10%ですが、もしかしたらこの投資は失敗だったかもしれません。
というのも本来自分のPFは年1回くらい状態をチェックすればいいように作っていましたが
コモディティのみ売却タイミングのために値動きと金利の確認、市場のチャートの確認をしています。
本来の自分のやりかたとあわない買い物だったかもしれない。
けどどうせ買ったのでこれから来る売却タイミングまでは持ってます。

③昨年市場をアウトパフォームして調子に乗っていた

昨年は新興国株式の伸びがよく、うまく市場を出し抜けました。
なので調子に乗って、やはりバリュエーション通り、米国のリターンが悪くなり新興国がよくなるだろう
と、予言者のように断言していました。
世の中には自分とは逆に張って、逆の考えの人もいます。
そういう人は新興国がアウトパフォームしている間は、なんだあいつと思うわけです。
そして米国がアウトパフォームをはじめると、それみたことかと大声で煽りたくなるに決まっているのです。

つまり投資をしているかぎり、あるポジションや手法をとると、その逆のことをやっている人に
常にお前は間違っていると意見表明している状態になるわけです。
必然的に高配当戦略一辺倒の人は無配当銘柄にベットする人を否定する考え方になっています。
それを面白おかしくプロレス化して人気を誇っているのがバフェット太郎さんなわけです。

とはいえ、投資手法はみんな違ってみんないい、という気もありません。
やはりこの手法はよい、すぐれている、と考えてやっている軸があるからです。
どのように接すれば良いのだろうと考えました。

④これから投資にどう接するか

投資スタイルは変えない
投資スタイルは変えないし、今のPFも気に入っているし、今まで通りの戦略を継続するだけです。
長期では政治動向や金利といったものは無視できる。
バリュエーションを学び、5年や10年の期間でみれば、よいリターンが出せるはずだという根本的思想です。
ただ、接し方と気持ちの持ち方については、改善の余地があると思っています。

わざわざ他の手法を否定してディスらないように気を付ける
自分は低CAPEが良いと思う。
レバレッジをかけない、ショートしないのがいいと思う。
これを表明すると、必然的に逆の戦略をよくないと思っていることの表明になりますが
だからと言っていちいち文字にして、高PERはダメだと思うそういう戦略は長期ではうまくいかない
というようなことを意見表明しないようにします。
理由はネットバトルが不毛で無意味だと感じるからです。
たんに、いろいろな考えがあるが、自分は低CAPEの買い持ちがうまくいくと思っている。
これだけでいいはずです。
また、血気盛んな人々のネットバトルも見て見ぬふりをして距離を置けたらと思います。
投資ブログ界隈はこれが好きな人がとても多い。
「お前たちはまた新たな敵を見つけて闘うがいい。俺たちはもう飽きたんだ。」
この言葉がすべてです。
不毛なことをしたくない。
争いの中に飛び込みたくない、意味がないという精神状態はもしかしたらこの旅の影響が少しあるかも。

日々の株価チェックを減らしていきたい
投資についてネットに書く前は、PF自体のチェックは年に数回でした。
チャイナショックのときも落ち着いてナンピンしました。
もし、自分のような戦略をとっていたら毎日の口座の評価額とどう接するべきだろう。
・今のバリュエーションはお買い得なので、買って5~10年まてばリターンが平均をアウトパフォームする可能性が高い。
・今のバリュエーションは高いので、ポジションを落として、また数年後に安くなったら積み立てたい。
・長期的には金利や政治的動向よりも株価に対する利益額がリターンを決める傾向が高い。
このように考えている人間が、毎日、短期的売買を好む人々と一緒に踊る意味はあるでしょうか。
むしろ投資戦略に対して、悪い行動といえる。
見るタイミングは、特定地域が大きく下がる時期さえ見逃さなければいいので、数か月に1回程度でも十分なはず。
また、あそこがあがったよ、さがったよと外野に言われても、無視すればいいはずです。


最近はこんなことを考えていました。
投資に対する態度、距離感の話ですかね。
戦略自体は、考え方が変わっていないのでいつも同じです。
  1. 投資雑談
  2. | コメント:2

ロシア株式ETFのリターンが急落に沈んでいるネットの新興国株クラスタの雑魚俺へ送る言葉

さて、みなさん元気だろうか。
自分はロシア株式が暴落して壁殴っちまったこと以外は元気にしています。
実は今この瞬間も家で終わらない仕事をやっており、早々に退職して転職活動したいと思っているのに
日々に振り回されてなあなあになってしまっているこの1か月である...
そういうわけだからこの記事も15分間で書かなくてはならない。

今日はこのような状況にもかかわらず、かならず更新しなくてはという熱い思いがあった。
それはロシア株式が暴落したからだ。

最近調子くれてる投資ブロガーはリーマン級の暴落があった時も絶対に更新止めないでどんな気分か報告しろよな?

上のタイトルをみてくれ。
そう、人を茶化すときはあらかじめ自分のためにも1発詰めたピストルを用意しておいたほうがフェアだという話。
もちろんこんなことを言ったからには、どんな気分か報告するのが投資家たるもの矜持というものだ。
また、今感じていることを書き出すことは、おそらく自分にとって後から役に立つ。

状況としては詳しく把握していないが13%程度急落したようだ。
つまり金融資産全体の13%をERUSで保有している(ETF全体では18%)靴磨きおじさん
金融資産全体の1.7%の評価額が減
ETF全体の2.3%の評価額が減

というダメージを受けたことになる。
靴磨きおじさんのERUSの買値は31.5だが、31.3ドルまで落ちている。
もしかしたら年初来リターンで勝ってきたS&P500にも成績で抜かれてしまったかもしれない。
それも含め考え、感じたこと、現時点での対応を書き出しておこうと思う。




・割のいいギャンブルだと思うものには資産全体の10%までの掛け金におさえるという考えは急落を体験すると正しい。

・とくに為替の動きの激しい新興国では八か国以上に分散する(一か国あたり12.5%に)という萩野社長の教えは正しい。
せめて株式全体の12.5%くらいまでにおさえるべきだろう。

・20銘柄程度への分散というETFは当たり前だが脆い。
本当はETF1つにつき欲しいのは100銘柄、ベストは500銘柄以上への分散だ。
1銘柄の影響力が大きすぎる。

・引き続きの連日のニュースでロシア株式ETFがさらに落ち続けることは全く不思議じゃない。

・元々ETF全体の18%保有していたERUSをETF全体の15%まで引き下げたいと調整していたが
今回急落でわずかに15%を上回る程度まで比率がおちた。
とはいえ現在買値とほぼ同じ値段まで落ちただけなので、比率をこれ以上引き上げはしない。
比率が15%になるように5月前半の時の状況で判断するのみ。(15%を切るなら買い増す)

・自分の精神状態をよく観察すること。
このような局面でどう思うか。ポジションを適切に感じるか。
今ロシア株式に起きていることが株式全体に起こったらどう感じるか。
50%株式全体が落ちたら今のポートフォリオをどう感じるか。
変更したくなるか、買い増しするか。よい機会だからイメージトレーニングしておくこと。
  1. 投資雑談
  2. | コメント:1
次のページ