ETFを使ったグローバルマクロ戦略

2017年12月ポートフォリオ (祝アッパーマス層到達)

可能な月はポートフォリオを整理してブログに載せます。
投資歴は2013年1月にはじめたので4年と11か月です。

総資産額 30,045,326円
キャッシュ 7,002,120円
リスク資産評価額 23,043,206円
リスク資産元本 17,419,944円
損益通算(2013年1月~) +5,623,262円(リスク資産元本に対して+32.3%)
ただしこの通算損益は証券口座の入金額と現在評価額から割り出しており
各種支払い済み税金、支払済手数料、キャッシュバックキャンペーンなど全て盛り込んだ通算損益です

評価額がついに3000万円、アッパーマス層に到達しました。
生まれてこのかた「その他大勢」だった資産が「上位20%」にシフトします。
しかしまだこのレベルだと株式のメリットが体感できるほどではない。
世間では5000万円程度から運用の入金が無視できない大きさになるといわれるようです。
節目とされる5000万円、リタイアの最低限ボーダーと思う8000万円、億万長者の1億円
まだ意識するマイルストーンは3つあります。
到達がいつになるか知りませんがこれからも長い道を進もう。。。


ポートフォリオは現金が23パーセントまで上がったので現金保有率最大20%と考えるため、今月は110万円分ETFを購入しました。
昨晩買ったのでまだこの表に反映されてないですがIEMGを新規購入、VOO、IJRを買い増し。
このままERUSが15%以下になるまで他クラスを買い増します。
ERUSの保有割合をこれから買い付けで下げていきますので目標バランスが変わりました。
ERUS(サテライト)20%→15%
VWO・IEMG(新興国)40%→40%
VPL(アジア太平洋)10%→10%
VGK(ヨーロッパ)10%→10%
IJR(米国小型)10%→12.5%
VOO(米国大型)10%→12.5%
セルリバランスは年1回12月という方針でしたが今年は行いません。

グラフ2

目標


スポンサーサイト
  1. ポートフォリオ
  2. | コメント:0

2017年11月ポートフォリオ

可能な月はポートフォリオを整理してブログに載せます。
投資歴は2013年1月にはじめたので4年と10か月です。

総資産額 28,672,132円
キャッシュ 5,504,116円
リスク資産評価額 23,168,015円
リスク資産元本 17,415,041円
損益通算(2013年1月~) +5,752,974円(リスク資産元本に対して+33.0%)
ただしこの通算損益は証券口座の入金額と現在評価額から割り出しており
各種支払い済み税金、支払済手数料、キャッシュバックキャンペーンなど全て盛り込んだ通算損益です

引き続き評価額、損益通算共に最高額を更新しています。
日本株が上がりまくっているようで、持ち株会とVPLの日本の比率が高いのでそこで引きあげているのでしょう。
株式が全体で25%急落しても元本に戻るだけです。
はやく暴落こいよ。

ポートフォリオはぴったり目標と合っているので今月は購入なし。
11月は中盤頃にiビリオネアでレイダリオのポジションが更新されるのでそれを見て短期ポートフォリオ目標値に変更を加えるかも。
年内の3000万円到達はもし下落が起きなければ可能かと思います。

11.jpg


ポートフォリオ管理票
銘柄 評価額 米国 パシフィック ヨーロッパ 新興国 サテライト 持株会 キャッシュ
マネックス日本口座 預り金(円) 441,986             441,986
マネックス外国株式 預り金 円 1,861,303             1,861,303
マネックス米国株式 預り金 米ドル 1,669             1,669
ERUS 3,924,620         3924620    
IJR 2,085,664 2085664            
VGK 1,965,552     1965552        
VOO 1,998,391 1,998,391.00            
VPL 2,035,732   2035732          
VWO 8,023,699       8023699      
持株会 3,134,357           3,134,357  
みずほ銀行(円) 2,844,100             2,844,100
みずほ銀行(ドル) 1,138             1,138
BBVA(ペソ) 288,250             288,250
三菱東京UFJ銀行(会社口座) 65,670             65,670
                 
合計 28,672,132 4,084,055 2,035,732 1,965,552 8,023,699 3,924,620 3,134,357 5,504,116
ETF内パーセンテージ 100.0% 20.4% 10.2% 9.8% 40.1% 19.6%    
パーセンテージ 100.0% 14.2% 7.1% 6.9% 28.0% 13.7% 10.9% 19.2%


    現状 短期目標 差分 長期目標
①ETF内ポートフォリオ サテライト 19.6% 20.0% -0.4% 20
  新興国 40.1% 40.0% 0.1% 32
  米国小型 10.4% 10.0% 0.4% 16
  米国大型 10.0% 10.0% 0.0% 16
  アジア太平洋 10.2% 10.0% 0.2% 8
  ヨーロッパ 9.8% 10.0% -0.2% 8
           
②現金比率 現金 19.2% 20.0% -0.8% 10~20

損益管理表
  現在 原価 利益
マネックス日本口座 インデックスファンド 0 0 0
マネックス日本口座 預り金(円) 441,986 -1,500,000 1,941,986
マネックス外国株式 預り金 円 1,861,303 0 1,861,303
マネックス米国株式 預り金 米ドル 1,669 20,100,000 -20,098,331
マネックス米国株式資産評価額(銘柄) 20,033,658 0 20,033,658
持株会 3,134,357 1,120,000 2,014,357
みずほ銀行(円) 2,844,100 2,844,100 0
みずほ銀行(ドル) 1,138 1,138 0
BBVA(ペソ) 288,250 288,250 0
三菱東京UFJ銀行(会社口座) 65,670 65,670 0
   
TOTAL 28,672,132 22,919,158 5,752,974








  1. ポートフォリオ
  2. | コメント:0

2017年10月ポートフォリオ

可能な月はポートフォリオを整理してブログに載せます。
投資歴は2013年1月にはじめたので4年と9か月です。

総資産額 28,026,196円
キャッシュ 5,360,175円
リスク資産評価額 22,671,615円
リスク資産元本 17,399,475円
損益通算(2013年1月~) +5,272,158円(リスク資産元本に対して+30.3%)
ただしこの通算損益は証券口座の入金額と現在評価額から割り出しており
各種支払い済み税金、支払済手数料、キャッシュバックキャンペーンなど全て盛り込んだ通算損益です

先月につづいて評価額、損益通算共に最高額を更新しています。
損益通算が30%を越えたのはとても嬉しい。
最近はじめた人は株価の下落が怖いでしょうが
5年継続した自分は23%の下落でやっと通算損益がスタートに戻る程度です。
精神的に楽になってきます。
評価額は2800万円を越えました。
このまま株価が下がらないで推移すると年内3000万円が可能かどうかという状態です。
現実的には(株価の下落が起こらなければ)来年1月か2月あたりの3000万円達成が濃厚です。

この一ヶ月の失敗はトルコ株。
「原則である、自分のわからないこと、できないことに手を出さない」を破って投資したので一晩で怖くなって売りました。
勉強量として手数料とキャピタルゲイン税合計4万円程度損しました。
良い例はロシア株で、こちらは自分のわかる範囲で勉強してから買いました。
先進国および新興国の平均をアウトパフォーム中です。
(とはいえ成績がいいから成功例、という考え方はよくないかも)

年末に予定していた年1予定のセルリバランスをトルコ売買のついでにやってしまったので
現金比率ほぼ20%、ETF内の新興国比率60%と目標ポートフォリオにほぼアジャストすることができました。

損益管理表
  現在 原価 利益
マネックス日本口座 インデックスファンド 0 0 0 10月11日
マネックス日本口座 預り金(円) 440,657 -1,500,000 1,940,657 10月11日
マネックス外国株式 預り金 円 1,881,316 0 1,881,316 10月11日
マネックス米国株式 預り金 米ドル 4,164 20,100,000 -20,095,836 10月11日
マネックス米国株式資産評価額(銘柄) 19,770,880 0 19,770,880 10月11日
持株会 2,895,140 1,120,000 1,775,140 10月11日
みずほ銀行(円) 2,602,844 2,602,844 0 10月11日
みずほ銀行(ドル) 1,123 1,123 0 10月11日
BBVA(ペソ) 364,401 364,401 0 10月11日
三菱東京UFJ銀行(会社口座) 65,670 65,670 0 2017/7/14時点
   
TOTAL 28,026,196 22,754,038 5,272,158

ポートフォリオ管理票
銘柄 評価額 米国 パシフィック ヨーロッパ 新興国 持株会 キャッシュ
マネックス日本口座 預り金(円) 440,657           440,657
マネックス外国株式 預り金 円 1,881,316           1,881,316
マネックス米国株式 預り金 米ドル 4,164           4,164
ERUS 2,297,125       2297125.2      2017/10/11
IJR 2,086,765 2086764.745            2017/10/11
VGK 1,945,907     1945906.8        2017/10/11
VOO 1,943,279 1,943,279.06            2017/10/11
VPL 1,931,602   1931602.476          2017/10/11
VWO 9,571,797       9571796.8      2017/10/11
持株会 2,895,140         2,895,140    
みずほ銀行(円) 2,602,844           2,602,844
みずほ銀行(ドル) 1,123           1,123
BBVA(ペソ) 364,401           364,401
三菱東京UFJ銀行(会社口座) 65,670           65,670
               
合計 28,031,791 4,030,044 1,931,602 1,945,907 11,868,922 2,895,140 5,360,175
ETF内パーセンテージ 100.0% 20.4% 9.8% 9.8% 60.0%    
パーセンテージ 100.0% 14.4% 6.9% 6.9% 42.3% 10.3% 19.1%


1.jpg




3.jpg

  1. ポートフォリオ
  2. | コメント:0

2017年9月ポートフォリオ

いろいろ環境が整ったのでポートフォリオと総資産チェックできるようになりました。
前回が5月のチェックだったので4ヶ月ぶりになります。

可能な月はポートフォリオを整理してブログに載せます。
投資歴は2013年1月にはじめたので4年と8か月です。

総資産額 27,432,790円
キャッシュ 5,641,545円
リスク資産評価額 21,791,245円
リスク資産元本 17,043,379円
損益通算(2013年1月~) +4,747,866円(リスク資産元本に対して+27.9%)
ただしこの通算損益は証券口座の入金額と現在評価額から割り出しており
各種支払い済み税金、支払済手数料、キャッシュバックキャンペーンなど全て盛り込んだ通算損益です

2017年9月のポートフォリオは5月比で
総資産額で236万円の増加
損益通算で76万円の増加
と、4ヶ月間集計が止まっていたこともあり、非常に資産が増えた期間になりました。
総資産額、損益通算共に過去最高額になりました。
ものすごい悔しいのが、米国個別株で80万円損失を出したことです。
自分で自分をぶん殴りたい、いや、自分を殴るのは痛いから壁をぶん殴りたいです。
しかし80万円分の勉強で今後何十年間の好成績を買ったと思って諦めます。
とくに損益通算は年初の時点では283万円だったので200万円弱の増加となり大躍進です。
すべて新興国株式パワーです。
もっと言えば米国個別株でやらかした80万円の損失がなければ(略
それから今年はインデックスファンドの利益を200万円確定させてその税金も払っているので
その米国個別株のやらかしとインデックスファンドの税金支払を差し引いてこの成績ですから
本当にすごいリターンを新興国株式が出してくれたと思います。
VWOは狙い通りだけどロシアETFまで買って3ヶ月かそこらで10%以上あがるとは正直思わんかった・・・


損益管理表
  現在 原価 利益
マネックス日本口座 インデックスファンド 0 0 0
マネックス日本口座 預り金(円) 440657 -1500000 1940657
マネックス外国株式 預り金 円 0 0 0
マネックス米国株式 預り金 米ドル 2,235,774 20100000 -17,864,226
マネックス米国株式資産評価額(銘柄) 18,943,344 0 18,943,344
持株会 2,847,604 1120000 1727603.651
みずほ銀行(円) 2,281,253 2,281,253 0
みずほ銀行(ドル) 366,422 366,422 0
BBVA(ペソ) 251,769 251,769 0
三菱東京UFJ銀行(会社口座) 65670 65670 0
   
TOTAL 27,432,493 22,685,114 4,747,379


ポートフォリオ管理票
銘柄 評価額 米国 パシフィック ヨーロッパ 新興国 持株会 キャッシュ
マネックス日本口座 預り金(円) 440,657           440,657
マネックス外国株式 預り金 円 0           0
マネックス米国株式 預り金 米ドル 2,235,774           2,235,774
ERUS 2,232,099       2232099.1    
IJR 1,644,424 1644424.32          
VGK 1,625,738     1625737.68      
VOO 1,735,023 1,735,023.38          
VPL 1,600,622   1600621.946        
VWO 10,105,735       10105735    
持株会 2,847,604         2,847,604  
みずほ銀行(円) 2,281,253           2,281,253
みずほ銀行(ドル) 366,422           366,422
BBVA(ペソ) 251,769           251,769
三菱東京UFJ銀行(会社口座) 65,670           65,670
               
合計 27,432,790 3,379,448 1,600,622 1,625,738 12,337,834 2,847,604 5,641,545
ETF内パーセンテージ 100.0% 17.8% 8.4% 8.6% 65.1%    
パーセンテージ 100.0% 12.3% 5.8% 5.9% 45.0% 10.4% 20.6%


キャッシュ比率は10~20%と決めているので、今は割安な地域というのはなくなってきてますが
キャッシュは増やさず上限の20%になるように積立します。
ETF内の新興国比率が目標の60%に対して65%まで増えてしまっているので
ちょっとずつ各先進国ETF(VPL、VGK、IJR、VOO)を買いましてバランスをとっていきたいです。

4ヶ月ぶりにポートフォリオの記録つけたらとても好成績で気分がよかったです。
ドルがちょっと上がったからそれも影響あるかな?(111.23円で計算しました)



  1. ポートフォリオ
  2. | コメント:0

ETFに資産移動後のポートフォリオバランス

米国個別株投資への挑戦に8ヶ月間で敗北し、ETFに資産移動したのですが、現在ポートフォリオがこうなってます。(だいたい)

20% キャッシュ
10% 持株会
42% 新興国株式ETF
14% 米国株式ETF
14% パシフィック・欧州先進国株式ETF

さらにETF内での大まかな内訳はこうなってます。

60% 新興国株式ETF
10% ロシア(ERUS)
50% 新興国全体(VWO)
20% 米国株式ETF
10% 米国大型(VOO)
10% 米国小型(IJR)
20% パシフィック・欧州先進国株式ETF
10% 欧州先進国全体(VGK)
10% パシフィック先進国全体(VPL)

長期的な中立ポジションは個人的な好みで
米国:他先進国:新興国=40:20:40と決めているので(たとえば全ての地域のCAPEがほぼ同じならたぶんこの比率で投資します)
現在新興国オーバーウェイトで60%
米国アンダーウェイト20%
他先進国中立20%
という状態です。
このバランスは主に、PERやCAPE、PBRを調べる以外に、ファイナンシャルポインターを読む(とくにシラー、シーゲル、ガンドラックなどの各国バリュエーション記事)、レイ・ダリオのポジションを確認する、ほかバロンズ拾い読みなどで証券会社のバリュエーション判断記事を読む、それからピクテ動画で現在バリュエーションを確認してトータルで決めています。
証券会社やグローバル・マクロ型の有名投資家は、意外とみんな同意見なので(たとえば今なら新興国割安~普通、欧州普通、米国割高という判断で一緒です)なのでそんなに難しくないです。
4半期ごとくらいにポートフォリオを微調整しますが、売却を伴うリバランスは1年~数年に1回になると思います。

8ヶ月ぶりに純粋なインデックス投資に戻ってきましたが、爽快な気分です。
管理が楽で、値動きが少なくて、一生ホールドしてればよくて、上がっても下がっても「でもどうせ平均とってるだけだし」で諦められる、なんて優れた投資法なんだろうか・・・
維持管理費はタダ同然、一生潰れずに反映し続けるなんていう夢の銘柄です。
とくにシーゲルやバフェットの推奨する株式100%型は良いですね。
債券や他の資産の動きや仕組みすら無視できます。
この方法だと大暴落で資産の60%くらい消滅するという小さな問題点もありますが、情報サイトでも見て各国の株式バリュエーション比較記事だけ読んでればいいだけですから、投資に労力がかからないで頭をほぼからっぽにできるのも好きです。

最近では新興国は5月あたりにインデックスファンドからETFに移動してからすでに利益が10%近くまで出ていて最高です。
(ちなみに今年5月まで一貫して新興国株式に株式全体の40%以上を振っていましたが、今年5月からそれを60%近くまであげて、そのアクションが大成功している状態です)

そのうち8ヶ月間の個別銘柄選定によって米国インデックスを買って寝てるだけの人に負けた額を大まかに計算する負け犬レポートを書くのでお楽しみに。(おそらく30~60万円インデックスに劣後したんじゃないかなと思います)
  1. ポートフォリオ
  2. | コメント:0
次のページ