FC2ブログ

ETFを使ったグローバルマクロ戦略

靴磨きおじさんの国別保有比率は一般的なPFと極端に違う

よんでいるかたはご存知の通り靴磨きおじさんのPFは一般的な国際分散PFと国別の比率が極端に違います。
一般的な比率であるVTと、靴磨きおじさんPFの違いをグラフで張り付けてみます。

無題4


無題3

VTのPFは半分を超える米国がリターンを決めます。
また3%しか入っていない中国や、全体で10%未満の新興国はほぼリターンに寄与しません。
ほぼ0~1%のロシアやインドが上がっても下がっても、ほとんどリターンには関係ありません。
半分以上を米国、リターンの残りを別の先進国(EAFE)が決めるように組まれています。

対して靴磨きおじさんのPFは、各16~17%入っている、ロシア、中国、米国の3か国がリターンを決めます。
また、それ以外では、20%入っているその他先進国より、30%入っているその他新興国がリターンを決めます。
とくにロシア、中国という、本来の浮動株調整後時価総額比率においてはほぼリターンに寄与しない国がリターンを決めています。また米国の影響が小さいです。
とくに中国が為替、株ともに下がり続ける現在ではアンダーパフォームしやすい構成かもしれません。

なぜこのような構成になるのかといえば
主にCAPEとPBRを基準に保有バランスが決定されているためです。
米国のCAPEは30.8
VTのCAPEは21.8
靴磨きおじさんPFのCAPEは16.8となっています。
なるべく国を分散しながら(1国比率を下げながら)CAPEを15以下目指して低く構成する、という基準で見ると
なぜこのようなPFになっているのかわかりやすいかもしれません。
ロシアがバリュエーションでよいからといって、引き上げすぎないように気を付けているということです。
低CAPE国のリターンは5~10年程度で計測すると、高CAPE国をアウトパフォームしやすい傾向があります。
もちろん未来は誰にもわかりません。

また長期のその国のCAPE中央値は平均回帰の面から重要かもしれません。
通貨が不安定で極端に債券金利が高い(通貨が弱い)国でないか、経常黒字国か、等々といったこともチェックしますがここでは割愛。
それはまたの機会に。
現在WTI原油が75ドルまで上げましたが、本来逆相関がセオリーのドルが一緒に上がっているという面白い状況です。
そのため海外かつ原油国のロシアの株価は綱引きしています。
長期平均程度のバリュエーションだと思います。
ドルと原油の、どちらかの矛盾が解消されるかもしれません。
スポンサーサイト
  1. ポートフォリオ
  2. | コメント:0

2018年7月ポートフォリオ

気がむいた月はポートフォリオを整理してブログに載せます。
投資歴は2013年1月にはじめたので5年と7か月です。

総資産額 32,506,695円
キャッシュ 5,203,137円
リスク資産評価額 27,303,558円
リスク資産元本 22,228,632円
損益通算(2013年1月~) +5,074,926円(リスク資産元本に対して+22.8%)
ただしこの通算損益は証券口座の入金額と現在評価額から割り出しており
各種支払い済み税金、支払済手数料、キャッシュバックキャンペーンなど全て盛り込んだ通算損益です

5月資産から比べると
総資産は40万円減、トータル損益は前回から110万円減くらい。
年初来からの増減でもおそらくトータル損益100万円減くらいかと思う。
知れてますね。リスク資産の4%です。
ちょうど昨年夏くらいの損益に戻った感じです。
新興国資産はドル建てで最悪、今の30%下がるかもしれないと思っておいたほうが安全かもしれない。
もしそのような値段で積立できれば、将来リターンは大きくなる。
自分は7月末までは現金入金あるけど、それ以降は無職なので入金できません。

5月にコモディティを買いましたが、気分的に合わないなと思ったので結局新興国株に戻しました。
コモディティ自体は投資する時期としては良いと思うし、今年は良い成績になるかも。

PFの目標値
ERUS(サテライト)12.5%→15%
VWO・IEMG(新興国)37.5%→45%
VGK(ヨーロッパ)15%→15%
IJR(米国小型)7.5%→7.5%
VOO(米国大型)7.5%→7.5%
持株会10%→10%(持株会売却後にVPL環太平洋株にリレー)
コモディティ10%→0%

無題1

現状こんな感じ。
ESOPがこれからVPLに切り替わります。
新興国とロシアに集中投資、米国の比率を下げていることが特徴とわかるかと思います。
とはいえ先進国株を40%程度は保有するつもりです。
  1. ポートフォリオ
  2. | コメント:0

2018年5月ポートフォリオ

気がむいた月はポートフォリオを整理してブログに載せます。
投資歴は2013年1月にはじめたので5年と5か月です。

総資産額 32,923,493円
キャッシュ 4,673,090円
リスク資産評価額 28,250,404円
リスク資産元本 22,114,169円
損益通算(2013年1月~) +6,136,235円(リスク資産元本に対して+27.7%)
ただしこの通算損益は証券口座の入金額と現在評価額から割り出しており
各種支払い済み税金、支払済手数料、キャッシュバックキャンペーンなど全て盛り込んだ通算損益です

前回のPF載せたのが12月で5か月もたってしまいました。
すまん。
前回アッパーマス層突破報告だったので
総資産は300万円弱増加、トータル損益は前回から50万円増加くらいで、5か月のリターンとしてはまあまあぼちぼちという感じ。
今後貧乏になるので今までのようには入金できません。

先週末、PFに大きい変更を加えたのでこれを機に乗せようと思いました。

変更前→変更後目標値
ERUS(サテライト)12.5%→12.5%
VWO・IEMG(新興国)37.5%→37.5%
VPL(アジア太平洋)10%→0%
VGK(ヨーロッパ)10%→15%
IJR(米国小型)10%→7.5%
VOO(米国大型)10%→7.5%
持株会10%→10%
コモディティ0%→10%

大まかでいうと、VPL(環太平洋)を売りました。
そのお金でDBC(コモディティ)を買いました。
来月か7月頃に持株会を売却できそうなのでそのお金でVPLは買い戻します。
持ち株会を売るまで我慢してその金でコモディティ買えよという指摘がありそうですが
おっしゃる通りです。
しかしどうしてもある銘柄が今夜買いたいみたいなことってありますよね?
ぼくはあります。

コモディティについてはとても長くなるので別で書いていけたらなと思ってます。

ccc.jpg

現金以外のPFは現状こんなです。
現金はなるべく日本円で500万円くらい持つようにしてます。

そういえば会社辞めます。
やっぱこういうときに500万円の現金が大きいんだよな。

ブログはどうでもいい短文でも自分で敷居を上げずにちょこちょこ更新していきたい。
いきたいけどできるとは言ってない。

  1. ポートフォリオ
  2. | コメント:1

2017年12月ポートフォリオ (祝アッパーマス層到達)

可能な月はポートフォリオを整理してブログに載せます。
投資歴は2013年1月にはじめたので4年と11か月です。

総資産額 30,045,326円
キャッシュ 7,002,120円
リスク資産評価額 23,043,206円
リスク資産元本 17,419,944円
損益通算(2013年1月~) +5,623,262円(リスク資産元本に対して+32.3%)
ただしこの通算損益は証券口座の入金額と現在評価額から割り出しており
各種支払い済み税金、支払済手数料、キャッシュバックキャンペーンなど全て盛り込んだ通算損益です

評価額がついに3000万円、アッパーマス層に到達しました。
生まれてこのかた「その他大勢」だった資産が「上位20%」にシフトします。
しかしまだこのレベルだと株式のメリットが体感できるほどではない。
世間では5000万円程度から運用の入金が無視できない大きさになるといわれるようです。
節目とされる5000万円、リタイアの最低限ボーダーと思う8000万円、億万長者の1億円
まだ意識するマイルストーンは3つあります。
到達がいつになるか知りませんがこれからも長い道を進もう。。。


ポートフォリオは現金が23パーセントまで上がったので現金保有率最大20%と考えるため、今月は110万円分ETFを購入しました。
昨晩買ったのでまだこの表に反映されてないですがIEMGを新規購入、VOO、IJRを買い増し。
このままERUSが15%以下になるまで他クラスを買い増します。
ERUSの保有割合をこれから買い付けで下げていきますので目標バランスが変わりました。
ERUS(サテライト)20%→15%
VWO・IEMG(新興国)40%→40%
VPL(アジア太平洋)10%→10%
VGK(ヨーロッパ)10%→10%
IJR(米国小型)10%→12.5%
VOO(米国大型)10%→12.5%
セルリバランスは年1回12月という方針でしたが今年は行いません。

グラフ2

目標


  1. ポートフォリオ
  2. | コメント:0

2017年11月ポートフォリオ

可能な月はポートフォリオを整理してブログに載せます。
投資歴は2013年1月にはじめたので4年と10か月です。

総資産額 28,672,132円
キャッシュ 5,504,116円
リスク資産評価額 23,168,015円
リスク資産元本 17,415,041円
損益通算(2013年1月~) +5,752,974円(リスク資産元本に対して+33.0%)
ただしこの通算損益は証券口座の入金額と現在評価額から割り出しており
各種支払い済み税金、支払済手数料、キャッシュバックキャンペーンなど全て盛り込んだ通算損益です

引き続き評価額、損益通算共に最高額を更新しています。
日本株が上がりまくっているようで、持ち株会とVPLの日本の比率が高いのでそこで引きあげているのでしょう。
株式が全体で25%急落しても元本に戻るだけです。
はやく暴落こいよ。

ポートフォリオはぴったり目標と合っているので今月は購入なし。
11月は中盤頃にiビリオネアでレイダリオのポジションが更新されるのでそれを見て短期ポートフォリオ目標値に変更を加えるかも。
年内の3000万円到達はもし下落が起きなければ可能かと思います。

11.jpg


ポートフォリオ管理票
銘柄 評価額 米国 パシフィック ヨーロッパ 新興国 サテライト 持株会 キャッシュ
マネックス日本口座 預り金(円) 441,986             441,986
マネックス外国株式 預り金 円 1,861,303             1,861,303
マネックス米国株式 預り金 米ドル 1,669             1,669
ERUS 3,924,620         3924620    
IJR 2,085,664 2085664            
VGK 1,965,552     1965552        
VOO 1,998,391 1,998,391.00            
VPL 2,035,732   2035732          
VWO 8,023,699       8023699      
持株会 3,134,357           3,134,357  
みずほ銀行(円) 2,844,100             2,844,100
みずほ銀行(ドル) 1,138             1,138
BBVA(ペソ) 288,250             288,250
三菱東京UFJ銀行(会社口座) 65,670             65,670
                 
合計 28,672,132 4,084,055 2,035,732 1,965,552 8,023,699 3,924,620 3,134,357 5,504,116
ETF内パーセンテージ 100.0% 20.4% 10.2% 9.8% 40.1% 19.6%    
パーセンテージ 100.0% 14.2% 7.1% 6.9% 28.0% 13.7% 10.9% 19.2%


    現状 短期目標 差分 長期目標
①ETF内ポートフォリオ サテライト 19.6% 20.0% -0.4% 20
  新興国 40.1% 40.0% 0.1% 32
  米国小型 10.4% 10.0% 0.4% 16
  米国大型 10.0% 10.0% 0.0% 16
  アジア太平洋 10.2% 10.0% 0.2% 8
  ヨーロッパ 9.8% 10.0% -0.2% 8
           
②現金比率 現金 19.2% 20.0% -0.8% 10~20

損益管理表
  現在 原価 利益
マネックス日本口座 インデックスファンド 0 0 0
マネックス日本口座 預り金(円) 441,986 -1,500,000 1,941,986
マネックス外国株式 預り金 円 1,861,303 0 1,861,303
マネックス米国株式 預り金 米ドル 1,669 20,100,000 -20,098,331
マネックス米国株式資産評価額(銘柄) 20,033,658 0 20,033,658
持株会 3,134,357 1,120,000 2,014,357
みずほ銀行(円) 2,844,100 2,844,100 0
みずほ銀行(ドル) 1,138 1,138 0
BBVA(ペソ) 288,250 288,250 0
三菱東京UFJ銀行(会社口座) 65,670 65,670 0
   
TOTAL 28,672,132 22,919,158 5,752,974








  1. ポートフォリオ
  2. | コメント:0
次のページ