FC2ブログ

記事一覧

新興国株式への投資基準に関する広瀬氏の良き記事

グローバルに株式インデックス分散する場合CAPEを参照にCAPE下位国をイコールウェイトでバケット買いするような手法は自分は非常に好みますが、もし各国の状況をある程度数字から評価したい場合はどうでしょうか。それについて先月広瀬隆雄氏がSBI証券に書いた記事が非常にシンプルでいて一番きっちり的を射ていると思ったので、ここにメモ書きしておきます。新興国ETFへ投資する際の視点①新興国ETFに投資するタイミング1.米国が利...

続きを読む

現在のPBRとCAPEから地域別リターンを想定する

現在のCAPEとPBRを確認します。CAPEPBR米国大型(VOO)CAPE 29.0PBR 3.31EAFE(VEA)CAPE 15.5PBR 1.50新興国(VWO)CAPE 12.5PBR 1.66下のグラフを参照に今後10年-15年程度の実質リターンを米国大型株 CAPEから+2%米国大型株 PBRから+1%EAFE株 CAPEから+8%EAFE株 PBRから+8%EAFE株が過去のようによいリターンを出せるか不明ですが過去には今のようなバリュエーションの場合の実質リターンが非常に高かったようです。...

続きを読む

ロシア株式/低CAPE・低PBR新興国株式へのバリュー投資/通貨下落リスクへの対抗策

低CAPE国別分散投資の有効性当サイトは低CAPE、低PBRの地域へのオーバーウェイトをしています。今年の前半以降はS&P500をアンダーパフォームしていますが、長期的にはこの手法が有効であるという考えは全く変わりません。短期的にはドルや米国金利、貿易摩擦によってさまざまな影響がありますが、長期的にはバリュエーションが重要であると考えています。低CAPE戦略において、主要44か国中、CAPEの低い11か国へ分散すると...

続きを読む

新興国株式をPERではなくCAPEで見るとリーマンショックで別の風景が見える③ ~未来の見える水晶を使って米国・先進国・新興国の今後10年リターンを予言する~

新興国株式をPERではなくCAPEで見るとリーマンショックで別の風景が見える①新興国株式をPERではなくCAPEで見るとリーマンショックで別の風景が見える②1990年以降の傾向から現在CAPE15の新興国の今後10年リターンが実質8%、9%になる可能性が高いという記事を書きました。ほかの国はどうでしょうか。高卒非正規さんの使ったサイトから、現在の各地域CAPEを確認します。CAPE ratio米国大型 30.8(中央値16.2)新興国 14.6(中央値...

続きを読む

新興国株式をPERではなくCAPEで見るとリーマンショックで別の風景が見える②

新興国株式をPERではなくCAPEで見るとリーマンショックで別の風景が見える①続きだよ。さて、CAPEで新興国株式のリーマン時の暴落が予測できたという話をしました。2011年頃からこの図のように米国のCAPEと新興国のCAPEの差に剥離がはじまりました。二つを重ねると剥離で三角形ができています。新興国CAPEが下がるとその後のリターンはどうなるのかは、かなりわかりやすい傾向があります。これが新興国のCAPEとそこから10年間のリタ...

続きを読む

プロフィール

靴磨きおじさん

Author:靴磨きおじさん
1984年うまれ
2011年に就職して2013年から投資をはじめる

2013年1月〜2018年9月通算成績
総資産額 33,037,683円
キャッシュ 4,580,307円
リスク資産評価額(IDECO・積立NISAを含む)
 28,457,376円
リスク資産元本 23,184,276円
損益通算(2013年1月~) +5,273,100円

リスク資産運用成績(円建て手数料税金差引後)
2013年 20.7%
2014年 25.5%
2015年 0.2%
2016年 -0.9%
2017年 15.0%
平均年率リターン 12.1%

FC2カウンター

参加ランキング

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ