FC2ブログ

ETFを使った株式投資

バフェット太郎氏の投資の妥当性と彼がブロガーの大部分に長期成績で勝つのではないかと思う理由

実はバフェット太郎氏の投資法は悪くない。
最近バフェット太郎氏の投資法が揶揄されていることを見ることが多くなった。
人気者の宿命だろうか。
突っ込みどころは主に、市場へのアンダーパフォームや大型高配当銘柄への是非というものだ。
自分は何かが悪く言われるとそっち側につきたくなる。
そこで今回バフェット太郎氏の投資法の良い点をいくつか羅列しよう。
(文章が長くなってしまうのでなるべく簡素に書きたいけど・・・長くなりそう・・・)


まず彼は売却しない。
その時点で投資ブロガーの9割に勝っている。
まず客観的に考えて少なくとも9割以上のブロガーに長期で市場平均をアウトパフォームするほどの銘柄・ETF選定能力はないだろう。
(もちろんぼくもない)
ほとんどの人が長期で税金や売買手数料を考慮しなければ市場平均前後に収まると思われる。
みんながドングリの背比べと考えると売却が少ない順に成績は良くなるだろう。
自分自身のリターンを市場平均から劣後させている要因をいろいろ観察してみると、ぼくの場合も完全に原因は売却だ。
その点で彼は売却しない精神力を持っているので圧倒的に強い。
彼が真価を問われるのは次の暴落時期だがそこで入金ペースを維持できれば勝利するだろう。


次に先日ブログでも触れていたが等価荷重を使用しているのが強い。
等価加重はグリーンブラッドの分析によると長期で2%程度市場をアウトパフォームするとされている。
なぜなら値下がりしたものを自動的に買い足すので定量的なバリュー戦略になるためだ。
(構造はドルコスト平均法に似てますね)
ただ新興国等価荷重ETFが新興国時価総額荷重ETFに劣後しているデータから確証のあるものではないが・・・
しかし10銘柄程度の等価荷重は1銘柄が奈落の底まで落ち続けたときにそのナンピンとともに沈んでいくリスクをもっている。
そこで1銘柄への投入上限をサーキットブレーカーとして設けたほうがいいかもしれない。


次に彼の増配銘柄戦略だが、現在これらは市場平均より弱い。
もちろん一般人は市場平均より短期で強い銘柄に飛びつくのでみんながFAANGとやらに飛び乗って彼を馬鹿にするだろう。
しかしリターン差が開くほどバリュエーション差も開き、低PERを維持する増配銘柄はお買い得になっていく。
つまり彼は今、刻一刻と安くなっていく銘柄に資金を毎月投入し続けている。
つまりぼくはそもそも安い国をあさるタイプなので戦略が違うが
米国株内で見れば彼のほうがバーゲンハントを実施しているようにみえる
次々と人が離れる銘柄群に積立を続ける彼は長期で報われるかもしれない。
少なくともPERが長期平均の16を切ってもこれらの銘柄に積み立て続ければ長期ではよい結果になるだろう。
一点気になるのはその銘柄数だ。
10銘柄は少ない。
少ない銘柄数はリターン爆発銘柄を取りこぼす可能性があり、今年のS&P500のFAANGやダウのボーイングのように
非常に一部の爆発銘柄がその年の指数の大部分を稼ぐことでインデックスは構成されるため
彼のリターンはリターンの平均値ではなく中央値に近づきすぎる恐れがある。
これはなんの話かというと、あるところに10人の集団がいて、9人は年収200万円で、1人だけ年収2200万円だ。
この集団は平均年収400万円だが年収中央値は200万円になる。
ぶっちゃけ少数銘柄を保有した場合、リターンにもこれと同じことがおきると研究でわかっており
この2200万円のサラリーマンを確実に取り込む銘柄数でないと指数に劣後する可能性が高い。
ではどのくらいの銘柄がよいかというと、歴史的にダウがS&P500と似たり寄ったりなことから30銘柄くらいはあったほうがいいと思う。


またこのような上昇局面でグロースに資金を投入せず、アンダーパフォームするバリュー銘柄に資金を置く彼は愚かだという意見も読んだことがある。
個人的にはそうは思わない。
なぜならバリュエーションが高値にあるときは来る下落・調整で下に引っ張られないようにベータが1より小さい銘柄のほうが良いだろうし、バリュエーションが低値にあるときは上昇で平均より大きくあげるためにベータの高い景気に連動する銘柄が良いと考えるからだ。
とすると彼の銘柄選択も合理的に見える。
はやく熱狂する人々の群れから離脱しただけという話だ。


最後に彼のその狂気じみた一貫性を強さにあげたい。
他人の言うことを聞かず、主張はまったくぶれずに一貫し、ほかの投資法を愚かだと考え
まったく手法を変えない頑固者。
もしこんな人物がいたら投資家としては最高だ。
最悪なのは人の言うことを聞き入れて右へ左へふらふら銘柄を変えたり売却したり
モメンタムだバリューだチャートだと目移りするものだ。
自分自身、つきつめると
・資金のなるべく多くを株式で保有する
・売却を極限まで減らして経費率を下げる
・地域分散はするがPERとCAPEとPBRの安いものから優先で買っていく
ここをいかに突き詰めるかだと思うし投資をはじめた5年前からあまり方針が変わっていない。
自分の場合、結局さまざまな本を読んで様々な理屈を見ても単純に安いものを買ってホールドしていればよいだろうという根本の単純な戦略は変わらない。
どのくらい頑固になれるかが投資家の強さだと思う。
(ちなみに僕や彼の話をするわけじゃないけど性格の良さと投資家の適正は全く比例しません)
スポンサーサイト
  1. 未分類
  2. | コメント:0

アッパーマス層まであと6201円となった

何の気なしに資産をチェックしたら念願のアッパーマス層まであと6201円になった。
つまり29,993,799円に到達した。
これも実は力強いブラック企業型入金パワーのたまものか
はたまたロシアの大きなアウトパフォーム等、バリュー戦略が功をなして市場に打ち勝ってリターンを稼げたのか。
実は同年代のアラサー付近でアッパーマス層付近のブロガーの人は割と多く
ぶっちゃけみなさんを相当意識してるし、良きライバルだと思ってる。
もちろん負けたくないし、全員10年後か15年後には億ってればよい。
アッパーマス層は日本の下位80%からの脱出を意味して、先は長いが一握りの富裕層への第一歩だと思う。
正直3000万円だと投資によるリターンを体感できるほどではない
(今年のように10%も20%も株式があがればわかるが・・・例年ならせいぜい5%、微々たるパーセンテージだ)
5000万円に到達すると配当や株式のリターンが大きく感じるらしいがいかがなものか。
今年はまだ110万円程度の入金が予定されているので(しかしそのうちいくつかの入金は1月かもしれない)
年末には3000万円は超える可能性が高そうだ。
  1. 未分類
  2. | コメント:0

韓国に投資すべきではないというコメントをいただいたので、それに対する捻くれた投資家の返答

猫父さんという方から以下のような興味深いコメントをいただきました。
これに対するコメントが、一般的な個人投資家と自分でかなり違うと自覚しているので
おそらく猫父さんも興味深く読めると思うので回答したいと思います。


こんばんは。
最近ブログ拝見して面白く読ませていただいます。

アジア太平洋を検討されてるとのことでしたので、株式は初心者でひよっこですが、国際政治情勢の観点から少し考えるところがありましたので意見を失礼します。

というのも北朝鮮を引き金に紛争に発展する可能性が否定できない状況だと思いますので、韓国は避けた方が良いような気がしています。もし平和裏に南北統合されるようなことがあれば別かもしれませんが…。
有事の際に東南アジアの経済はどうなるのか?日本が当事国になった場合は?大戦の可能性もある?と、もちろん可能性の低いたらればの話ですがなにせ隣国が弾薬庫のため、そこになけなしの資産を投じることにはリスクを感じています。

一方でプーチン大統領にとってはロシアの悲願たる経済復興こそが国家の安全保障になる1番の眼目ですし、それに協力できる数少ない国日本のトップが安倍総理の今こそ日露が協力した未来を開ける可能性があること、米トランプ大統領が親露かつナショナリストと、プーチンのロシアにとり奇跡的な好環境のように思えます。政治的に下げられた原油価格も底の可能性もあります。
こちらのブログを拝見するまでロシアに投資する概念自体がなかったのですが、改めて考えるとロシアに掛ける価値はあるのではないかと感じていますので、ポートフォリオに5%~15%ほど入れようか思案中です。


まずはいつも読んでくださってありがとうございます。
かなりひねくれており投資先を決める判断が一般的なETFや米国株投資ブログとずれているのを感じているかもしれません。
そういう脳みその自分が猫父さんと韓国投資について議論するときどういうポイントを見ているのか考えを書きたいと思います。

>北朝鮮を引き金に紛争に発展する可能性が否定できない状況だと思いますので、
>韓国は避けた方が良いような気がしています。
>もし平和裏に南北統合されるようなことがあれば別かもしれませんが…。
>有事の際に東南アジアの経済はどうなるのか?
>日本が当事国になった場合は?大戦の可能性もある?
>と、もちろん可能性の低いたらればの話ですがなにせ隣国が弾薬庫のため、

まず第1の問題として、根本的に、戦争当事国になった場合、株価は下がりますでしょうか?
ぼくは過去のデータを見る限り、たぶん一時的に大きく変動しますがさがらないと思います。
下がるとしたら国が物質的人的損失を受けてがたがたに破壊されるときです。
しかし北朝鮮と韓国が戦争当事国になった場合、当然民主主義陣営の米国+韓国側による制圧かと思います。
韓国は儲かると思います。

つぎに、現在の韓国のバリュエーションについてです。
PBR、PER、CAPEともにリーズナブル(妥当)な値段をつけておりこれは現在の世界的株高の中で珍しい。
ぼくなどは本来構成で韓国を含まず地域分散が効いたVWOのほうが、韓国を含み東アジア投資に集中してしまっているIEMGより好きですが、韓国がバリュエーションを引き下げるので今ならIEMGのほうが欲しいかもしれないと思っているくらいです。
もし韓国が安い原因が戦争の不安を盛り込んだものだとしたら、戦争が韓国の利益率を押し下げないと思うのでお買い得でしょう。

>そこになけなしの資産を投じることにはリスクを感じています。

韓国の株式がとくに安定しているという印象はないので分散の一環として、よほど自信のあるひとでも全資産の10~15%の資金割り振りが正しいと思います。

>一方でプーチン大統領にとってはロシアの悲願たる経済復興こそが国家の安全保障になる1番の眼目ですし、
>それに協力できる数少ない国日本のトップが安倍総理の今こそ日露が協力した未来を開ける可能性があること、
>米トランプ大統領が親露かつナショナリストと、プーチンのロシアにとり奇跡的な好環境のように思えます。
>政治的に下げられた原油価格も底の可能性もあります。
>こちらのブログを拝見するまでロシアに投資する概念自体がなかったのですが、
>改めて考えるとロシアに掛ける価値はあるのではないかと感じていますので、
>ポートフォリオに5%~15%ほど入れようか思案中です。

ロシアは最も価格変動リスクが大きい市場の一つと言われており、個別に投入しても10%以下がよいかと思います。
自分は14パーセント資金投入しましたがすこし入れすぎましたね・・・
猫父さんと違って、自分はプーチンや韓国大統領や安倍総理や、全くニュース見ずに、政治情勢もぜんぜんわかりません・・・
当然しっていたほうが投資に有利と思いますが自分はあまり知りません。
まず第1にバリュエーション、ロシアに関しては次に石油価格の公的機関の今後長期予想、次が人口増加率やGDPの改善、インフレ改善、そういったことは観察しています。
それぞれ見方はあると思うのですが、自分の考えで、この国の株価は稼ぎ出す利益に対して安く評価されていると思えば投資すればいいかと思います。
  1. 未分類
  2. | コメント:4

株価が急落するのは人が株を売るから

2017120115495876f.png

S&P500と個人投資家の現金比率のグラフを見てください。
完全に逆に動きます。
あたりまえです。
なぜなら人が株を売るから値段が下がるのです。
また値段が下がるから人が株を売るのです。
そもそももし株価が下落しても人が株を売らなかったら株価が下がりません。
何言ってんだこいつと思うかもしれんがそうなのです
なぜなら人が株を売らないと株価は下がらないからです。


さて、ところでこのグラフを見てわかるように株価の最高値で投資家の現金比率は最低になります。
株価の底値で投資家の現金比率は最高値になります。
なぜなら何回も繰り返しますが、人が株を売るから株価が下がるのであって、これはアノマリーとかじゃなく「事実」です。
この事実は構造的に絶対になくならない事実です。
よって有名な優れた投資家が、たとえばバフェットがしばしば最高値付近で現金比率を高めて底値付近で全力投入を繰り返しますが、大衆は100%これとは逆の行動を取ります。
なぜならそういう傾向があるとかじゃなくて、大衆が売ってるから(現金比率を上げているから)株価が下がるというのが起こっていることだからです。
しつこくすみません。
なので株価指数が大きく下がったときに買い増して現金比率を下げて人と違うことをするとかならず安値買いになって、それは有名なバリュー投資家と同じ行動を取っていることになります。
30%、50%と下がったときは、世界に分散された株価指数を、特に大きく下げた国を重点的に購入したいものです。



  1. 未分類
  2. | コメント:0

ERUSの保有割合をノーセルリバランスで少しだけ減らしたい VPLを買い増すなら日本のCAPEが気になる ETFの割安判断におすすめのサイト紹介

ERUS太郎なのにERUSの保有割合を下げることにしました。
それだと何太郎やねんという感じですが・・・

具体的にはロシア株式の比率を今のETF内での20%→15%程度に下げようと考えています。
ただ時間をかけて、ほかのクラスの買い増しで減らします。
5%分増やすのを新興国(VWO)にするか、アジア太平洋(VPL)にするかは考え中・・・
分散してアンダーウェイトして持ちつつも、なるべく割高に感じる米国とヨーロッパ(VOO・IJR・VGK)をアンダーウェイトしたいので
買うならVWOかVPLですが・・・

VPLと日本のバリュエーションに思うこと
VPLに関してはメインをしめる日本株式のPEとPBが十分に低いにもかかわらずCAPEが27とべらぼうに高い点を
どう見るかで非常に迷いますね。
つまり過去10年の日本企業の利益がクソだった(今はとてもいい)ということなのですが
CAPEというのは過去10年を使うことで景気循環の影響をなくした今のPEを見るという考えの数字ですから
CAPEが指し示す日本は「今は利益がとても高くPEが下がっているが景気の悪い時期も含めると現在割高である」
という数字になるかと思います。
日本がもし今後も今のような企業利益を継続できるなら、今はPE15以下なので十分リーズナブル、となるし・・・
判断が難しい。
またVPLはほかの主要国がオーストラリアと韓国ですが
オーストラリアは歴史的なアベレージのバリュエーション近辺(ほんの少しだけ高い)、韓国は安い。
なのでVPL自体はCAPEが高くなる以外は、PEもPBもリーズナブルな値を付けています。
VPLの日本比率が60%なのですが、せめてこれを40%以下程度まで落としてくれれば
分散の意味からも買いやすいのに・・・という悩ましいところ。

ロシアの保有割合と標準偏差に思うこと
もともとロシアを当てているサテライト戦略の部分は最大でETF全体の20%、と決めていました。
この20%は一国の地政学リスクや価格変動リスクを受け入れすぎない、また経費率を上げすぎないのが目的です。
そしてロシア以外に良いと思える基準のもの(CAPEとPEが7.5未満でPB1未満というERUS太郎特有の基〇外ライン)ですが
今はロシア以外で見つからないので、ロシアを20%の上限いっぱいまで買い足しました。

はなしそれますがETFのバリュエーション判断でおすすめはここです。
PEでみたお買い得ランキング
もちろんERUSも3位にランクイン。
そして各銘柄はこれを見ます。
YcahrtのERUSのページ
このURLのティッカー(今はERUSになってます)を自分の見たいティッカーに変えると見れます。
僕がみるのは現在のPEとPB、予測PE、ROA(ROEより好き)くらいですね。
ROAが適切な高さで将来PEとPBが激安ならピンときます。訳ありワゴンセール品です。

さて話を戻します。
いざその比率で持ってみると、ロシアはそれをするにはちょっと価格変動が大きすぎるかな・・・
としっくりこなかったので、ゆっくりほかの資産の買い増しで、ロシアを15%くらいまで下げることにしました。
自分にとってはロシアの価格変動は、ETF全体の15%、資産全体の10%くらいの保有が、気にせず保有できる(体感の)量に感じるという話です。

ロシアの価格変動リスクとはこれです。

RTS指数

みての通りロシアは3年間で500ドル→2500ドルと5倍になったり、それが1年間で2500ドル→500ドルと1/5になったり
主要国の中でもっとも標準偏差が大きい動きをする株価指数と言われています。
理由は国そのものの信用のなさと完全にエネルギーに依存した産業構造からです。
それはもちろん知ってて投資していますが、実際自分で持ってみて、もう少し少な目の比率のほうがしっくりくるなと思ったので少し減らすことにしました。
こういった指数を持つときは、少なすぎず、多すぎず、絶妙なペースでのリバランスが大事になるかと思います。
大きく値上がりしたところで利確して、大きく下がったところで買い増すことが大事ですが
リバランスをハイペースにしすぎると無限ナンピンで資金が延々と溶けることになりますね。
ロシアの上がり下がりのテンポが1年~3年くらいに見えますから、1年程度が適切ではないでしょうか。
ナンピンで延々と資金が溶けるのに恐怖を感じるなら3年1度程度のセルリバランスが良いでしょう。(もちろんこの場合は高値利確・安値買い増しの効果は1年1回より大きく下がります)


いずれにせよとくに価格変動リスク(標準偏差)の大きい指数を持つときほど、1つの指数を大きく持ちすぎず分散すること、リバランスを(頻繁にしすぎずに)定期で行うのがポイントになるかと思います。
たとえぼくのように新興国に大きなポジションを持っていても、十分に国を分散していれば
新興国60:先進国40というポートフォリオでも標準偏差は22程度なのです。
(意外と先進国100%の標準偏差19と大差なしと思いませんか?)
標準偏差22ですと
2σ(期待リターンに対して円で44%の下落)が起こる確率が下振れ側に2.3%
3σ(期待リターンに対して円で66%の下落)が起こる確率が下振れ側に0.13%
わずかこれだけです。
計算上はねw
意外と知れてると思いませんか?
自分自身は数年〜10年単位では2σを、死ぬまでに1回くらいは3σを食らうんじゃないかな程度にみてます。
こういったときに、いくらロシアがお買い得で好きといっても
ロシアは標準偏差で40だか50だか知りませんがとんでもなく高いでしょうから
一定以上は持たないようにして株式全体の標準偏差を上げすぎないように(なるべく20付近まで下げられるように)と考えてます。


※シーゲル二郎さん
記事での紹介ありがとうございました。
こんなに人からこのブログプッシュされたのはじめてです。
しかしこれからもブログ村の米国株ランキング100位くらいに定住することでしょう。
  1. 未分類
  2. | コメント:2